1
/
5

人事の本音【履歴書マナー編】


どうも、LULL広報部の見澤です!

今回は人事部の宗村さん杉本さんのおふたりにオンラインだからこそ気をつけてほしい就活におけるマナーをお聞きしました。
採用担当者が実際に感じたGOODな一例やNGな一例を踏まえながらお答えいただきましたので、これから就活に挑むみなさんはぜひチェックしてくださいね!

▼第一弾「メッセージマナー編」はコチラ

履歴書は手書き?それとも印刷?

見澤:まずは長年論争になっている、履歴書は手書き印刷か?おふたりはどちらが良いと思いますか?

宗村:どっちでも良いんじゃかなと思いますね。手書きで自分の意欲や想いを伝えたいという方もやはり一定数いらっしゃいますし、LULLはWEBデザイナー採用も行なっているからなのか、WEBで作成した履歴書とポートフォリオを用意される方も多くいます。

杉本:私は字に自信がある方はぜひ手書きで!と思いますね。ある意味1つの見せ場でもあるんで。

宗村:確かに、それも1つの強みであり個性ですもんね。ごく稀にですが、解読できないくらい字が汚い方もいらっしゃるので…(汗)企業側が困ってしまうくらいであれば印刷で作成する方が無難ですね。

ただ、印刷で気を付けた方が良いことが、日付や志望動機。うっかり記入日を1ヶ月前のままにしてしまっていたり、志望動機があからさまに別の企業向けに書いたような内容もたまに見かけます。こういったものは人事からすると「志望度はそこまで高くないんだな」という印象。気を付けましょう。

杉本:企業理念が違うとかもあるよね。

見澤:こんな事業うちはやっていないよ!とかですかね(笑)

宗村:そうですね(笑)すぐに気付いてしまいますので、印刷の場合は特に日付と志望動機には注意ですね。

履歴書のテンプレートについて

見澤:たまに履歴書のテンプレートがユニークな方を見かけませんか?

杉本:オリジナリティ溢れた感じの履歴書は何回か見たことありますね。

宗村:いらっしゃいますね~。小洒落た感じの(笑)

見澤:実際選考に影響ありますか?

宗村:影響はしませんが、どこでそのテンプレート見つけたの?って気にはなるかな(笑)ITベンチャー企業だから敢えてそれを選んだのか、大企業へも同じ履歴書を出すのかは少し聞きたい点ではありますね。あくまでも企業に提出する書類になるので。

杉本:履歴書は一般的なテンプレートを使用して、個性はポートフォリオ等でアピールした方が良いですね。


履歴書の写真について

見澤:他人との差別化を図るためのアピールは履歴書ではなく、別のところでアピールした方が良いんですね。では、履歴書に貼る写真はどういったものが適切でしょうか?

宗村:当たり前ですがきちんとした身だしなみで証明写真機等で撮影したものがベスト。私服であったり、スーツでもネクタイがヨレヨレな身だしなみが出来てない写真は論外です。
また、加工アプリで修正した写真や自宅で自撮りしたような写真はすぐに気付きます。
履歴書は、企業に提出する書類だということ1番に考えて作成していただきたいです。

杉本:写真を貼らずに履歴書を持ってくる方もいますが、それももちろんNGです。お互い貴重な時間を使っているからこそ、最低限マナーを守ることはマストですね。

学歴や職歴について

見澤:学歴はどれくらい前のものから書くことが適切ですか?

宗村:一般的に転職においては高校卒業からと言われていますが、中学校卒業から書いていただいても問題はありません。

杉本:むしろ進学を機に上京した経験がある方は、尚更詳しく書いても良いんじゃないかな。そこから話が広がっていくこともあるので。

見澤:もしかすると面接官と同じ出身地で、お互い盛り上がって普段より良いアピールができるかもしれないですしね!


志望動機について

見澤:志望動機はどんなことが書いてあると良いですか?

宗村:企業理念への共感と事業への理解を踏まえた上での自分自身の考えですかね。
特に中途採用の面接では「私を採用するとこんな成果を期待できます!」ということを面接官に伝えないといけません。志望動機は1番のアピールポイントになるからこそしっかりと書いてほしいですね。

逆に志望動機がほぼないとか、どこの企業でも言えそう…と伝わってしまうようなことは避けた方が良いと思います。それが印刷による履歴書だとさらに「この履歴書は所詮コピーなのかな」と悲しくなりますね。

履歴書の渡し方について

見澤:対面面接の際、その場で履歴書を渡すこともあるかと思いますが、履歴書は小さく折っても良いんでしょうか?

宗村:ん~それで選考が左右されることはありませんが、見づらいかもしれませんね

杉本:無理して封筒に入れるのではなく、透明なクリアファイルに入れて当日手渡ししてくださった方が何回も折り目がつくよりかは良いなと思います。

宗村:八つ折りとかね。

見澤:流石にそれは(笑)

杉本:私は折り目よりも履歴書にシミが付いていたり、シャーペンの下書きが残っているようなものは…う~ん。

宗村:それで言うと、フリクションもNGですね。そういった書類は社会において通用しません。温めたろか!って思いますね(笑)

最後に

見澤:履歴書マナーについて具体的にお聞かせいただきありがとうございました!最後に、これから就活を行う方へメッセージをお願いします!

宗村:やはり履歴書は企業に提出する大事な書類。書く前に履歴書のマナーをきちんと把握した上で書いていただきたいですし、企業をよく調べた上で面接を受けていただきたい。これでもかっていうくらい調べることをおすすめします!

杉本:履歴書1枚で面接官への印象値は大きく変わります。履歴書を書くことは楽な作業ではありませんが、大事な就活ですしご自身の魅力を最大限にアピールできる1つのツールです。みなさんしっかりと書きましょうね!

宗村さん、杉本さんありがとうございました!

📢次回は【面接マナー編(オンライン・オフライン)】を予定しております!!!

株式会社LULL's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more