1
/
5

社内オンラインイベントって、、、もうオワコン!?

正直もうオンラインイベントを企画するのに疲れた...

オンラインイベントの進行って思った以上に準備いるじゃん...

とゆうかオンライン飲み会ってそんなに楽しい??


幹事や企画をしているの皆様、いつもお疲れさまです。

今回はこんな悩みを払拭し、マンネリ気味なイベントから脱却できるオンラインツール、

Lounge(ラウンジ)を紹介していきます!

目次
①Loungeとは?
②筆者おすすめコンテンツ
③使い方
④最後に

①Lounge(ラウンジ)とは?

アプリもログインもいらない!WEB上でゲームやクイズ、アンケートなど多種多様のコンテンツを楽しむことができるオンラインツールです。このオンラインイベントツールを使えば2〜3人の少人数飲み会から、30人近くの大規模なものまで楽しめること間違いなし。参加時にはまるでテレビ番組の様に楽しめます!

しかも兎に角サクサク動いてサイトもシンプルでわかりやすいため、初めて使う方でもノンストレスで始められちゃいます!
ZoomやGoogle Meet 、Microsoft Teamsなどいろんなオンライン会議ツールでも一緒に使うことができるので、環境に左右されることもありません。

②おすすめコンテンツ3選

予め用意されているコンテンツは10個以上。その中で筆者個人的に盛り上がるなと思うものを3つご紹介します!

1.手書きパネルクイズ

予めランダムに用意された問題に対して、リアルタイムで手書きで回答していくゲーム。オリジナル問題はその数なんと約1000問!しかも効果音尽きなので、臨場感はテレビ番組そのもの!30人まで解答者として参加ができ、大人数のイベントでももってこいです!(※31人目以降は閲覧者となります。)


2.一致するまで終われまテン!!

こちらはタイトル通り、お題に対しての答えが参加者全員一致するまで追われないというゲームです!上記の画像だと「日本を代表する企業といえば?」ですね!どうでしょう?確かに人によって答えが変わりそうですね!

ん~筆者は任天堂ですかね...!


3.押したのだぁ~れ?(←筆者イチオシ

普段ではなかなか聞くことのできないキワドイ質問を匿名で投稿ができるゲームです。参加者も匿名でYES/NOの2択で回答ができるので、回答結果は「YES:●人」での発表になるため、誰がYESを押したのか全員で探りあったりとその後のトークがものすごく盛り上がります!

また、これは流石にいないだろうといった質問もできるので、たまたまいた1人に景品を贈呈することもできます!笑っていいともの「100分の1アンケート」に近い感じですね!

③Loungeの使い方

超簡単!4つのステップ

① Lounge(https://loungegame.site/)にアクセス
②「今すぐ開始!」をタップ
③ 部屋のURLが発行されるので、参加者へ共有
④「入室」をタップしてニックネームを入れる

あとは参加ボタンを押して、参加者全員が準備できたらOK。部屋内にあるゲームやクイズを選択していくだけです!(※参加する方は、同じゲームやクイズを選択している必要があるのでそこだけ注意ですね!)

④最後に

新型コロナウイルスの影響により、様々なものがオンライン化していきました。今回取り上げたオンラインイベントがまさしくその1つです。
自制・自粛がまだまだ続く中で、少しでもオンラインコミュニケーションが活発になっていき、このコロナ禍を全員で乗り切れればなと思います。

以上!広報部の見澤がお送りいたしました!
※画像掲載元 https://loungegame.site/panelquiz

LULLでは社員のエンゲージメントを高めるため、毎月オンラインイベントを開催しています。ワークショップやキックオフイベント、ウェビナーやオンライン飲み会など多種多様に行っています。

同時に、もう1つのオンラインコミュニケーションツールとして社内報も活発なんですよ~!
社内報についてはこちらをご覧ください ↓

株式会社LULL's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more