This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Leanerにかける思い

巳友です!!

今回はキャリアハックにとりあげられた記事について紹介したいと思います。

コンサル時代に抱いた”違和感”

どうして大平はA.T.カーニーをやめ、起業し、プロダクトを作るという発想に至ったのか?

『Leaner』誕生の裏側には、彼が「コスト削減」に対して抱いたコンサルティングの限界、そして「あらゆる企業の”ムダ”と戦う」という使命感にも似た決意があった。

その決意は彼のコンサル時代の”ある疑問”に由来する。

日本の企業は99パーセントが中小企業なのに、自分がコンサルを担当するのは大手企業ばかりだった。

しかし本当にコスト削減を求めているのは、むしろ資金の少ない企業なのではないか?

このまま本当に日本のトップ層だけの課題を解決し続けていいのか?

こうした疑問に突き動かされて立ち上げたのがLeaner Technologiesだ。




現場で感じた”もどかしさ”

コンサルの現場ではコスト削減を担う総務や調達の方と接する機会が非常に多かった。

そういった現場の中で、総務の人々の理不尽な環境に直面した。

経営者に命じられて総務が一生懸命コスト削減をしても、削減できた金額が大きいほど「今まで何してたんだ」と指摘されてしまう。

備品を低価格なものに替えれば、現場から「使いづらい」と文句を言われる。

”コスト管理”という一般的に地味で光の当たらない作業を通して、一生懸命企業のために尽くしても、適切な評価をもらえない不遇な人々に出会い考えが変わった。

血の滲むような努力をして、成果も出ている。なのに、評価されないなんておかしいじゃないですか。総務が評価されない、そういう組織風土を変えなければ、本当のコスト削減はできない。



大平の抱く信念とは

まずは、日本の全ての企業の間接費が適正化される仕組みを作ることを最優先課題とし、その為にはLeanerを通して日本中の企業の経費を見える化し、最適な調達・コスト削減を行なえる状態をつくる。

次にこうした変化を起こすことに前向きになれる経営者を増やす。

最終的には、「総務が花形」と言われるような社会を実現する。

日々の仕事がちゃんと評価されるようになって、総務の方のモチベーションが上がっていく。

総務をやりたいと思う人が増える。

自分たちの行動が働く人の「仕事の価値」を見える化することにつながると信じている。

株式会社Leaner Technologies's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more