This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

インターン歴2ヶ月の学生が、Wantedly28000位の企業を注目度ランキング1位にできた理由

こんにちは!

インターン生の遠藤です。

なんと、Wantedlyに28111社が登録している中で、Leanerが今週の注目度ランキング1位を獲得いたしました!!

本当に多くの方々からご支援・ご協力をいただいて、興味を持っていただけて、1位を獲ることができました。皆様に心より御礼申し上げます。

そこで、今回は、インターン歴2ヶ月の私が、Wantedlyで28111位だった創業3か月の企業を1位にするまでについてお話しします!



始めに、少し自己紹介をさせていただきます。

私は現在慶應義塾大学の2年生で、今年の3月からLeanerでインターンを始め、Customer Successとして日々活動しています!

Leanerは、4月から事業拡大にあたり、仲間集めに本腰を入れることにし、今まで登録をしていただけのWantedlyを本格的に運用することに決め、私が運用を担当することになりました。

多くの方に仲間になりたい!と思っていただくには、まずより多くの方にLeanerの存在を知っていただかなければなりません。そのため、注目度ランキング1位獲得を目標に定め、「1位を獲ることは決して簡単なことではないが、どうにかして絶対に1位を獲る!」という気持ちを持ってきました。

Wantedlyのランキングは、主に記事の閲覧数を元に算出されます。

そこで、私が1位を獲得するために行ったことは主に2つあります。

1つ目は、コンテンツの工夫です。

「この文言、キャッチフレーズで、ターゲットに刺さるのか?」、「Leanerらしさは出せているか?」「ベンチャーで働きたいのはどんな人か?」「どうすればわかりやすく事業内容を伝えることが出来るのか?」を考え、社内でも、社外でも記事を見ていただきフィードバックをもらいながら、会社・社員情報の記入、募集記事を作成しました。

Leanerのメンバーは、フィードバックを踏まえて内容を変えるたびに、「色々やってみよう!何が刺さるか分からないから!」と、応援してくれました。

また、応募する側からの視点では、その会社の人達の顔が見えていたほうが安心だと考え、人物の写真を多く使用するようにしたり、社長が考えていることや、どのように起業に至り、創業メンバーが集まったのか、がわかると、Leanerに興味を持っていただいている方の参考になる思い、「Leaner創業ストーリー」のフィードも作成しました。

今回の記事は、他にもフィードを書こうと企画していた時に、「遠藤がWantedlyで1位を取ったら、そのことを記事にしなよ!」と提案していただいたことがきっかけです。

コンテンツを充実させる中で、Leanerチームの良さを感じるエピソードもありました。

個人プロフィールページの「スキル・特徴」の箇所で、チームメンバー同士でその人の長所だと思うところを推薦し合うことをして、Leanerはお互いの長所や良いところをたくさん知っているチームだな、と改めて感じました。

5月に入って、初めてWantedlyで応募が来た時には、「遠藤さすが!リクルーティングの鬼!やったね!」と一緒に喜んでくれました。

2つめは、PV獲得のための計画立てです。

ランキングを見ながら、目安として、大体5000PVを獲得すれば首位に立てるだろう、と具体的な数字で目標が出来ましたが、当時のLeanerのPV数は100前後。「PVを50倍に!?本当にとれるのだろうか・・・」と不安になりましたが、チームメンバーの「やらないで後悔するなら、やって失敗しよう!」という言葉に支えられ、やれることは全部やろう、と思いました。

より多くの方にLeanerの存在を知っていただいて、募集記事を見ていただくために、インターン生を含むメンバー全員でFacebookでWantedlyの募集記事をシェアし、社外の方々にも「応援」の協力を依頼し、拡散していただきました。

拡散の際には、Leaner全体が文化祭当日のようなお祭り騒ぎで、「Wantedlyで1位を獲る」という目標に向けてメンバー全員が楽しみながらワイワイしていました。

具体的にタスク消化をして、翌日からWantedlyのランキングに順位が反映される、というタイミングでは、楽しみで、気になって仕方なくて、ソワソワしており、特に代表の大平は、「明日のWantedlyの順位が気になって眠れない・・・」とずっと言っていました(笑)

Wantedlyで1位を狙い、動き始めて1日目は、7位。

思った通りに1位が取れず、チームメンバーが追ってのシェア依頼や、Facebook広告を出稿してくれるなど、圧倒的に協力してくれたものの、今のままでは1位は無理で、「もう1位を目指すことをやめよう」という話にもなりました。その時は、悔しくて、1位を諦めたくなくて、自分の運用が甘かったことを深く反省しつつ、たとえ気休め程度でも何か変わるかも、と思い、募集記事タイトルを変更するなどの小さなことも行い、翌日からのPV数増加に期待しました。

翌日、2日目で3位、3日目で2位まで上がり、メンバー全員で「明日はいける!明日こそいける!」と言いながら、4日目の5月25日土曜日、ついに、6714 PVで1位になりました!



やっと、念願の1位になった時は、朝から大盛り上がり!!

「待望の1位獲得記事を書きましょう!」、「地道にやってきて、結果が出てよかった。おめでとう!」などのありがたいお言葉をいただきました。

地道にやって来たことが実を結んで、「遠藤がWantedlyで1位を獲ったら記事にする」と言っていたことが実現して本当に嬉しいです!今回の体験を活かして、これからも目標をブラさずに、やらないで後悔するよりやって失敗するほうがいい、と考えて、様々なことに挑戦し、色々なことを試して、目標を一つ一つ実現し、確実に前に進んでいきたいと思います!

最後に、チームメンバーの協力や、社外の方々の熱い応援があったからこそ、1位を実現できたと考えています。このたび、ご支援・ご協力いただいた方々、Leanerに興味を持っていただいた方々に、重ね重ね厚く御礼申し上げます。

Leanerには、やりたいことを周りが応援、協力してくれて、結果を一緒になって喜んでくれる環境があります!

そんなLeanerは、まだまだ新しい仲間を募集しています!!

株式会社Leaner Technologies's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more