1
/
5

【内定者インタビュー】「脱・優等生宣言」刺激的な環境で成長を目指す越智さんの話

今回は来年4月から入社予定の越智さんにインタビュー。越智さんが掲げる「脱・優等生宣言」とは?入社までの経緯や今後の目標についてお話しいただきます。


【プロフィール】

こんにちは、越智晃弘(おちあきひろ)です!慶應義塾志木高校から慶應義塾大学法学部政治学科に進学し、幅広い学問に触れてきました。

埼玉県出身で小学生の頃から野球を始め、現在も地元の草野球チームに所属しています。大学ではバレーボールとゴルフを始めました。

面白そうなことにはなんでも挑戦していくタイプです!本日はよろしくお願いします!

大手よりも刺激のある環境で勝負したい



ー 早速ですが、ヘルスベイシスを知ったきっかけは何ですか?

越智:キミスカでオファーを頂いたことがきっかけです。

ー ヘルスベイシスの何に惹かれて入社を決意しましたか?

越智:一言で言うなら、COOの「座間さん」の存在です。話してみて「こんなに頭の切れる人がいるんだ」と驚愕しました。

もう一つは、「自分の成果が会社全体に大きく影響するところ」です。1万人のうちの1人ではなく、十数人のうちの1人として働くことには、相応の責任が発生すると思っています。

そういった責任感のある環境では大きな成長が期待できると考え、「大手ではなくここで勝負するんだ」と入社を決意しました。

ー 一緒に働く人の存在や環境は大切なポイントですよね。
それでは、担当予定の業務について教えてください。

越智:新規の企業開拓やエンジニアさんとの面談、各企業との人材マッチングを行います。

面談で顧客の要望に寄り添い、時には隠れた需要を発掘するための幅広い業界知識や考え方を身に付けていきたいと思います。

「脱・優等生宣言」。誰かの「夢」を支えられる存在へ





ー ヘルスベイシスではどんなことを叶えていきたいですか?

越智:挑戦する人と企業の両者を「繋ぎ」、全ての人の「夢」を支えられるようになりたいです!

そのためには「指示を待つだけの優等生」ではなく、自分から積極的にアクションを起こせるような存在を目指して頑張ります。

ー 最後に、ヘルスベイシスにはどんな人が向いていると思いますか?

越智:一言で言えば「癖が強い人」だと思います。

働いている方や内定者を見ても、全員が何かしら譲れないものを内に秘めているなと感じます。大学でも出会わなかったようなメンバーが揃っているため、刺激を受けたい人にはぴったりではないでしょうか。

ただし、そんな曲者揃いの環境なので、自分から行動できる人でないと周囲に埋もれてしまったり、伸び悩んだりと大変かもしれません。自分の中にブレない軸があり、積極的に動ける人には向いている会社だと思います。

◎現在、ヘルスベイシスでは以下のポジションを募集しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セールス詳しい募集枠はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【役割】

  • ITを駆使し、企業様の業務効率化をサポートする

【業務内容】

  • 取引先企業・パートナー企業との商談(平均で1日3件ほど)
  • エンジニアへの案件オファー&就業後のフォロー
  • エンジニアの就業時間の管理

【求める人物像・能力】

  • 自己価値の向上や、組織を大きくすることに魅力を感じる人
  • ベンチャーで活躍したいと思っている人
  • ホスピタリティを持ち、困難な状況でも活路を見出せる人
  • マルチタスク能力、論理的思考能力
  • PDCAを回して成果につなげる力、および成果を維持する力

【歓迎スキル・経験】

  • 法人への人材コンサルタント、無形商材を取り扱った経験
  • 自身によるスキーム作成の経験
  • チームビルディング、マネジメントの経験

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社ヘルスベイシス's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more