1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

勉強したい人ができる世の中を目指して、教育現場の課題を解決したい!【2021年入社内定者紹介vol.1】

2021年4月にすららネットに入社する内定者メンバーは、ただいま内定者研修真っ最中です。今回は、入社内定者で上智大学法学部在籍中のY.Kさんの入社理由や内定者研修で学んでいること、学生時代の活動、そして将来の夢を伺っていきたいと思います!

教育×コンサルティング、希望にぴったりはまった会社

すららネットに入社した理由は様々ありますが、ここではその中でも大きな2つを紹介します。まずは、私が家庭教師のアルバイトで担当している教え子に「すらら」を勧めたいと思ったからです。数あるe-Learning教材の中で、触れてすぐに「楽しい!今すぐに教え子たちに勧めたい!」と衝撃を受けたのが「すらら」でした。そしていつしか、自分が教え子に勧めたいと思った教材、それを世界の人々にも体験して欲しいと願うようになっていました。

もう一つの理由は、すららネットの、塾や学校の課題を解決・解消することに重点を置くという方針が自分の理想とマッチしていたからです。私は過去のある経験から教育現場に問題意識を抱えていたのですが、なかなか自分に合った教育系の企業を見つけられませんでした。そこで方向転換をし、幼い頃から「なぜ」を追求することが好きだった私は、心にしこりを残しながらもコンサル業界を志望していました。

そんなある日、教材への興味をきっかけにすららネットで面談を受けました。そこで、「すららネットは教材を塾や学校に提供するだけではなく、現場の課題を一緒に解消・解決することを目的としている」という話を聞きました。教育課題の解消を目指し、それを達成するためにコンサルティングをするという内容があまりにも自分の理想とマッチしていて、面談の後にすぐ「ここだ!」とエントリーの意思を固めることになりました。

課題解決のため「仮説を立てる」ことの重要性

 内定者研修では、課題の解決・解消を目指す過程で「仮説を立てる」ことの重要性を学んだことが印象に残っています。 私は入社後、塾や学校の課題を解決・解消する仕事ができることを心待ちにしている反面、このような疑問を抱えていました。「1つの塾や学校の課題を解決するのには膨大な時間がかかるはずなのに、なぜ少人数で会社を運営できているんだろう?」この疑問を解く鍵がまさに「仮説を立てる」ことだったのです。

例えば、「生徒数の減少」に頭を抱えている塾があるとします。その課題を特定する方法として、関係のありそうなありとあらゆるデータを集め、その中から課題だと思われるものを探し出すという方法と、まず仮説を立ててその立証に必要なデータから優先的に検証するという方法があります。

前者は一見正しいように思えますが、時間がかかりすぎる上に、多すぎるデータに惑わされ、正確な課題認識ができなくなる危険性をはらんでいます。このやり方では課題を考えているうちに塾の経営状態はますます悪化してしまうでしょう。それに対して後者は、仮説を立てる段階であらかじめ必要なデータの取捨選択が可能であり、重要なデータを優先的に検証できます。そのため、スピーディーに、そして正確に課題を特定することが可能になります。


内定者研修の様子

家庭教師経験で気付いた、学力に大きな影響を与えるさまざまな要因

 学生時代、私は家庭教師のアルバイトに力を入れました。大半の方は家庭教師というと「生徒の隣に座って勉強を教える」というイメージを思い浮かべるのではないでしょうか? かくいう私も、実際にアルバイトを始めるまではそのようなイメージを抱いていました。しかし実際にふたを開けてみると、家庭教師の仕事は私が想像していたほど単純で甘いものではありませんでした。数学や英語といった教科を教えることはもちろんのこと、生徒の気分転換のために一緒にバスケをしたり、先生と喧嘩して半べそで帰ってきた生徒の相談にのったり、勉強のことでもめている生徒と保護者の仲裁をしたり、こんなことも家庭教師の仕事の一部だったのです。

 「生徒の学力を向上させる」という家庭教師本来の目的からすると、一見「えっ、それって家庭教師の仕事じゃないでしょ」と思いますよね。しかしながら、「生徒の学力」は生徒の気分、生徒のメンタル、生徒と保護者の関係性に大きく左右されます。要するに、これらの問題を放置したままでは「生徒の学力を向上させる」ことは難しいということです。この事実に気づいてから、私は教科を教えるだけでなく上記で挙げたような「一見無関係に見えるが実は学力不振に影響を与えている問題」に積極的に取り組みました。その結果、本来の目的である生徒の学力向上を達成することができました。この経験を通して、私は隠れた根本的な問題を発見する力と、それを解決する手段を考える力を身につけられたと感じています。

勉強したい人が、勉強できる環境をつくること

将来の夢は、「全ての人々が”勉学”を選択できる世の中にする」ことです。私は勉強が全てだとは一切考えていません。だから、勉強をしないという選択も尊重されるべきだと思っています。しかし、そもそもその選択の余地すらない人々がいます。その中には「勉強をしたいけど環境のせいでできない」と思っている人もいるでしょう。今は、このような人々に、勉強を選択できる環境を提供することが、私の夢を現実に近づけるための第一歩だと考えています。

すららネットでは。2022年4月入社の新卒採用も実施予定です!イベント等は決まり次第告知いたしますので、新卒採用ホームページからメールマガジン登録、SNSフォローなどをしてお待ちいただければと思います。 すららネット新卒採用サイト:https://surala.jp/fresh/

株式会社すららネット's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more