This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

教育格差に関わるIT技術とマネジメントスキルを学びたい。【インターンシップ体験記vol.1】

こんにちは、すららネット新卒採用担当の坪田です。弊社では昨年より学生向け夏のインターンシッププログラムを開催しており、ただいま、インターンシップ2期生としてジョインいただく、2021年に大学・大学院を卒業される予定の学生様を募集中です!9月にインターンシッププログラムの説明会を2回開催しますので、弊社の募集よりお気軽にお申し込みください!

さて、本日から2回シリーズで、昨夏のインターンシップに参加され、その後2020年卒の新卒入社を決めた学生のお二人に、インタビュー形式でインターンシップに応募したきっかけや、プログラムのなかでの学びをお伺いしていきたいと思います。今夏のインターンシップのご応募を迷われている方は、ぜひご覧ください!

インターンシップ体験記vol.1 R.Iさん(女性):慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科修士課程

Q. インターンシップに応募されたきっかけを教えていただけますか? 

ーインターンシップに参加したきっかけは、すららネットとつながりのあった大学の先生の紹介です。もともと世界の教育格差に興味があり、その解決には、ITの活用と優れたマネジメントが重要だと考えていました。IT技術は、人間の身体では実現できないことができ、優れたマネジメントは、ステークホルダーのメリットを結び付け製品の持続性と拡散力を高めます。そして、すららネットは、その両方に強みがあると先生からの情報で知りました。そこで、教育格差に関わる技術とマネジメントスキルの一端が学べると考え、インターンシップへ参加しました。

Q. インターンシップで、印象に残っていることは?

ー個性の強いインターシップメンバーが、それぞれの得意分野を活かしあったときのことが印象に残っています。例えば、同期には難しい暗算を一瞬で答えるメンバー、お金の計算をスムーズに組み立てるメンバー、英語教育の深い知識を持つアカデミックに強いメンバーがいました。Skype英会話×「すらら」のコースの販促ツールを作った際には、英会話コースの必要性を訴えるパートの作成、収益を計算して価格設定するパートの作成など、それぞれの強みを活かして一つの販促ツールを創り上げました。メンバーはそれぞれ尖った強みがあり安心して仕事を分担できましたが、その反面、自分の尖った強みと役割は何かを追及する必要がありました。レベルの高いメンバーに囲まれる経験は、質の高い成果物を作るだけでなく、スキル向上や得意分野に気づくことに役立ちました。

Q. インターンシップで学んだことは、ずばりどんなこと?

ー少数精鋭の企業でいるための仕事の仕方です。特に、「自分の提案に対してレビューを受ける前に、まず自分でレビューしてみる。その際、経営者やレビュアーの目線に立ってレビューする」というアドバイスは大きな学びになりました。これを意識することで、こまめに人にレビューを頼むことなく、自分だけで生産性の高い仕事ができるようになります。これ以外にもインターンシップ中は、活躍されている社員の方々から頻繁にレビューをいただけるため、生産性の高い仕事の秘訣を学べる機会が多かったです。

Q. インターンシッププログラムに参加しようか迷っている後輩へのメッセージをお願いします!

ー迷っているときは、私は「やってみないとわからない」という気持ちでとりあえずチャレンジすることを意識しています。私の場合、実際に経験してみてよかったと思っています。教育に強い関心を持つ多様でレベルの高いメンバーが集まり、活躍されている社員の方からこまめなレビューをしていただける環境に身を置くことができ、自分の力だけではできない成果物を作ることができました。生産性の高い仕事のプロセスを学べたことは、現在の活動のプロセスを考える際も参考にしています。みなさんも、ぜひ挑戦してみてください!

すららネットのインターンシップでは、インターンシップ用に作られたプログラムではなく、実際の仕事の一部を担っていただくため、実践的な体験ができます。一方でインターンシップの題材とする仕事は社内で「ゼロから何かを創り上げる仕事かどうか」「マーケティング、商品開発など、多様な視点が身に着く内容か」といった観点から検討を重ねています。せっかく時間を割いてきていただく以上、インターンシップという名のもとに雑務をしていただくのではなく、最大限の学びを持ち帰れるテーマで活動してほしいと願っているからです。また、社員も一切手抜きせず、成果物に対してはもちろん、ディスカッションや制作のプロセスまでしっかり見て、フィードバックいたします。

テーマ・フィードバックする社員の体制を準備して、「最高に密度の濃い」時間を過ごしていただけるプログラムとして、2021年卒の皆様(インターンシップ2期生)をお迎えしたいと思っています!あなたのチャレンジを待っています!!

株式会社すららネット's job postings
教育格差に関わるIT技術とマネジメントスキルを学びたい。【インターンシップ体験記vol.1】
Miho Tsubota
株式会社すららネット / コンテンツ開発・新卒採用
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more