1
/
5

第1回『エイブル』散歩。~Company Map~

こんにちは。
エイブル人材開発部 中途採用担当です。

突然ですが、皆さんは弊社エイブルについて、どんなイメージでしょうか。

多くの方は、自分の住む街で見かける、もしくはお部屋を借りる際に足を運んだ『営業店』をイメージされるのではないでしょうか。

イメージ頂いているとおり、エイブルとは『賃貸仲介業』を主軸としている会社です。
日本全国・海外店舗も含め、814店舗(20201年2月末現在:直営432店舗、FC368店舗、海外14店舗)を出店させて頂いています。

事業としては賃貸仲介業以外にも、幅広く展開しています。
また、営業店以外にも様々な部門があり、それぞれが重要な機能を担っています。

今回から数回に分けて『エイブル』という会社を、様々な角度から皆様にご紹介したいと思います。

第1回はCompany Map【エイブル社の各事業機能とMISSION】についてです。

肩ひじ張らず。等身大のエイブルを紹介できればと思いますので、
皆さんも近所を散歩するくらいの気持ちで、どうぞエイブルを覗いてみてください。 


エイブルの4つの『柱』と7つの『部門』

まずは、エイブルには大きく分類した際に、4つの本部が『柱』となっています。

■営業統括
■管理・関連統括
■NW(ネットワーク)統括
■経営統括


次に、その4つの『柱』に、計7つの部門(6事業)が紐づいています。

■営業統括
∟賃貸仲介事業
 ∟企画開発事業

■管理・関連事業
 ∟管理事業
 ∟関連事業

■NW(ネットワーク)統括
 ∟NW事業
 ∟海外事業

■経営統括
 ∟コーポレート部門


ここまでが、まずエイブル社の全体図です。
本当はもう少し細分化できるんですが、ざっくりとした説明で進みます。

次は各事業(部門)の機能とMISSIONを紹介します。


■仲介事業

MISSION:1人でも多くのお客様の部屋探しに貢献する


まずはエイブルといえば、真っ先にイメージが浮かぶと思います。
「営業店」でお部屋探しをお手伝いする【賃貸仲介事業】です。

ここでは全国(直営店432店舗)のエイブル店舗で、反響頂いたお客様にお部屋を提案する【営業】を通じ、1人でも多くのお客様の部屋探しに貢献することをMISSIONとしています。

お客様にお伺いした、条件にあった『お部屋を紹介する』だけではありません。
お客様の家族構成、生活スタイルを把握し、違った視点から見えてくる最適な『暮らしを提供する』ことが仕事です。

「仲介」という言葉通り、部屋を探している『お客様』と、部屋を貸したい『オーナー様』の双方を繋ぐことが仕事です。オーナー様からご相談頂くことも多く、『部屋』というものを通じて、ヒトとヒトを繋いでいる仕事とも言えるでしょう。

他にも、お店を開きたい事業者向けのテナント仲介を担当するチームも存在します。

エイブルの従業員:約3500名(2020年10月末時点)のうち、75%以上の人員が「営業店」でお客様のために日々奮闘しています。それだけ、会社としてお客様・オーナー様との接点を大切にするスタンスが現れており、最前線でその機会を担って頂く『花形』職種です。


■企画開発事業

MISSION:お客様に届ける『優良物件』を準備する。


企画開発事業とは、お客様にご紹介する商品、つまり『物件』を仕入れる部門です。
よりお客様のニーズを満たすことができる物件を仕入れるプロフェッショナル集団です。

お客様の目に見える仕事ではありません。しかしながら『エイブルの仕事は、仕入れから』と言われるほど、重要な機能であり、責任あるMISSIONを担っている部門です。

オーナー様の資産をお預かりする仕事であるため、物件の相談は勿論、中長期での資産計画を含めた相談を承る仕事。不動産の知識・経験は勿論、ファイナンシャルプランニングなど、様々な分野の知見を求められる部隊。

お客様・オーナー様、双方に対して価値を提供する『エイブル』の入り口を担っています。


■管理事業

MISSION:建物と入居者様の暮らしを、『良好な状態を長く維持する』


管理事業とは、エイブルに物件をお任せ頂いているオーナー様に対する課題解決を行なう部門です。
オーナー様が抱える課題には、「部屋が長く空室になってしまっている」「入居者の方がトラブルを起こしてしまった」という【ヒトに関する悩み】と、「建物が老朽化してきている」「設備交換や整備が追い付かない」といった【建物に関する悩み】という大きく2種類の悩みを抱えています。

建物と入居者様の暮らしを、『良好な状態を長く維持する』ことが管理事業のMISSIONです。

管理事業の中にも、実際に物件やオーナー様のもとへ足を運び、課題を発見・解決に努めるチームもあれば、日々変化する空室情報の精査や、入居者への諸手続き、家賃に関する管理をするサポートチームなど様々な役割があります。

仲介営業と比較すると、長いスパンでのお付き合いとなります。オーナー様からの信頼も必要です。
オーナー様の課題解決を通じて、入居者が快適な『暮らし』を実現できることで、双方に価値を届けられる仕事になります。

これから更に体制を強化し、『エイブルといえば管理力』と言われるような未来を目指していきます。


■関連事業

MISSION:入居者の『暮らし』を、より充実したものにする。


関連事業とは、ご入居者様向けに販売している関連商材の企画や販売促進を行う部門です。
具体的な商材はお部屋に繋ぐインターネットや入居時に加入する各種保険、退去時のリフォームや
ルームケアなどに関するサービスなどになります。

このような既存サービスの推進・強化はもちろん、新しいサービスの企画から落とし込みまでを
考案し、入居者の『暮らし』を、より充実したものにすることが関連事業のMISSIONです。

関連事業の中には企画や販売促進を行っているチーム・物件を所有するオーナー様に対して、
入居者が退去した際に行うリフォームにかかる商材の管理や販売促進を行っているチームなど
様々な役割があります。

今後更に部門としての機能を強化し、入居者様の『入居後の生活』にも深く入り込む事業を展開していきます。


■NW(ネットワーク)事業

MISSION:全国に『エイブル』のサービスを、変わらぬ品質で提供する。


NW事業とは、いわゆるFC(フランチャイズ)による出店を担う部門です。
エイブルでは、直営店のほか、全国各地で加盟店を募りFC事業を展開しています。
エイブルのブランド力や独自のシステム、ネットワークを評価いただき、現在では異業種からも多くの企業様がNW店として加盟しています。

加盟頂いた企業様の課題に対し、リソースやノウハウの提供・直営店と変わらない店舗運営を支援することで全国各地で、エイブルのサービス品質を届けることをMISSIONとしています。

加盟店に対しては、研修を通じ、エイブルが大切にする「お客様視点」を伝えます。
併せて独自の研修テキストを使用し、新入社員の基本研修から営業職、マネジメント、管理など、職階や業務に合わせたプログラムを提供。出店に伴いシステムの導入など、様々な角度から支援をしています。

NW事業の中でも、加盟頂ける企業様を増やす営業チームや、加盟頂いた企業様への支援を企画・運営するチームなど様々な役割があります。

地域によっては直営店の出店が難しい場所もあります。そういった地域にも『エイブル』のサービスを届けるために、NW事業は重要な役割を担っています。


■海外事業

MISSION:日本国内だけでなく海外でも、安心できる『暮らし』を提供する


海外事業は『エイブル』のサービスを、世界に向けて推進していく部門です。
エイブルでは現在、ニューヨーク・ボストン・ロンドン、香港・台湾・ソウルの6店舗を直営店として海外展開しております。加えて、天津・北京・上海・深圳・広州・ハノイ・マニラ・シンガポールの8店舗をNW加盟店とした計12の国と地域にサービスを展開しております。

日本から海外へ赴任されるお客様や、現地でお部屋を探されているお客様にも、日本と変わらないサービスを提供し、安心して部屋探しを行なっていただけるようサポートすることがMISSONになります。

海外店舗での仲介営業だけでなく、事業パートナーとなる企業様や投資家の方々への提案、海外への事業進出の支援、現地スタッフの支援(販促や環境整備)など、幅広い業務を担っています。

海外における『エイブル』の認知度はまだまだ課題を抱えています。
だからこそ、これからのエイブルを担っていく事業として今まで以上に挑戦をしていきます。


■コーポレート部門

MISSION:会社の「環境」を整え、経営を健全に機能させる。


『経営』を支えるにあたり、様々な領域の専門知識を有する部門です。
人事、法務、財務、総務といった部門や経営企画・業務改善推進などの部門があります。
会社が健全に機能できるよう企画・運営管理を通じて、会社が健全に機能できるように『環境』を整えることがMISSIONです。

直接的な『利益創出』が難しい部門だからこそ、専門性を磨き続けることが求められる部門です。


以上が弊社『エイブル』という会社を支える柱と、それを構成している部門になります。
どの部門もエイブルには欠かすことのできない、重要な役割を担っています。

事業ごとにMISSIONがあり、実現にむけて一歩一歩進んでいます。



ぜひ、これを機にエイブルという会社を知り、興味を持って頂けると幸いです。
もちろん今すぐでなくても大丈夫です。

散歩中に通り過ぎたお店が「あ、あそこ美味しそうだったな…」と思い出すように。
いつか「そういえば、エイブルって色んなことやっているし、色々できるんだよな…」と。

そういうご縁があれば、嬉しいです。

それでは今回の『エイブル』散歩はここまで。お付き合い、ありがとうございました。

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more