1
/
5

施工管理スタッフが企業理念浸透プロジェクトを担当!?プロジェクトリーダーが語るFINDのカルチャー

日本には様々な住宅メーカー、設計事務所、リフォーム、リノベーション会社がありますが、それぞれが空間づくりに対する強みや理念を持っていることと思います。今回のストーリーは、リノベーション業界におけるFINDの強みとは何か、という点を企業理念浸透プロジェクトのリーダーを務める社員にインタビューしてみました。


ープロフィール

竹原 聡汰 
株式会社FIND ビルディング部 施工管理チーム
2014年新卒FINDへ入社し、ビルディング部の施工管理職に就く。以降8年間、実務をとおして建築、施工のノウハウを学び、現在では住宅の大規模フルリノベーション、オフィス・店舗リノベーション、施設リノベーションなど、多様な空間のリノベーション工事を監督、管理している。
また企業理念浸透プロジェクトである「HEARTプロジェクト」のリーダーを務め、プロジェクトの骨組みをつくるブレインの一人として、プロジェクトの運営、司会進行、取りまとめを務める。


ーまずは、これまでの仕事について教えてください。

私は2014年に新卒で入社、未経験で施工管理の部門に配属しました。最初は上司や先輩の受け持つ案件に同行させてもらって、現場が進捗していく様子や職人さんとのやり取りを学んできました。その後、小規模工事から自分の担当案件として任せてもらえるようになりました。最近は、会社全体的に大型工事の案件が増えているので、現在は私もそういった案件をメインで担当しています。FINDの現場は、住宅だけではなく店舗や施設など様々な空間の工事を取り扱っているので、施工管理として幅広い知識や技術を日々勉強しています。


ー「HEART プロジェクト」のリーダーをされているとのことですが、このプロジェクトはどういうものなのですか?

FINDには”FINDスピリッツ”という行動指針があるのですが、HEARTプロジェクトはこの”FINDスピリッツ”について考えを深める、自分の行動を振り返り評価することで、社員全員の人間力の向上を図ることを目的としています。
このプロジェクトは2013年から続いているプロジェクトで、私は今年の1月からリーダーに任命していただきました。また今年、FINDのスタッフがより人間力にフォーカスして業務に取り組めるよう、「いいすまいは、いいヒトがつくる。」というキャッチコピーが生まれたのですが、このプロジェクト内でもこの言葉についての、社員それぞれの考えや行動を共有する場としています。


ー「FINDスピリッツ」について詳しく教えてください。

お客様の利益創出に最善を尽くす」という当社の理念を果たすために必要なものが、行動指針であるFINDスピリッツです。具体的にはこの10項目を掲げています。

この10項目、一見簡単に見えるのですが、実際に意識してみるとなかなか難しいんです。FINDスピリッツをすべて体現できる人が企業理念を果たせる人だと思いますし、キャッチコピーで掲げている「いいすまいは、いいヒトがつくる」の"いいヒト"なんだと考えています。
個人的に働きながら感じることをお話しますと、FINDのスタッフは、お客様に対する気持ちが人一倍強いなと思っています。お客様がどう思うか、目の前のお客様に満足してもらうにはどうしたらよいのかということを考えながら、日々業務に取り組んでいます。こういった仕事ができているというのは、やはりFINDスピリッツがあるからだと思います。
FINDは様々な種類のリノベーションを行っているので、お客様は当然、それぞれ違ったご要望をお持ちです。それをまず理解し、応えていくことが一番大事だと考えています。



ー「いいすまいは、いいヒトがつくる。」というキャッチコピーをどのように考えていますか?

そうですね、リフォーム、リノベーション業界が飽和している中で、デザインや技術力ってもちろん大切なことなんですが、これだけだと数ある競合会社の中で付加価値を付けるのは難しいと感じています。こういった状況の中で、"いいヒト"、人間力の高い人が多い会社が、この先もずっと残っていく会社になると考えています。その中で、社員全員がこのキャッチコピーを意識し仕事に取り組むことはとても重要なことだと思います。先ほどお話した、HEARTプロジェクトの中でも、このキャッチコピーを意識して進めています。


ーHEART プロジェクトの、具体的な活動を教えてください。

月に1回、社員全員でのミーティングを設けています。大きく2パートで進行していて、一つはその月に指名された社員1~2人に、FINDスピリッツに関する想いや事例を発表してもらっています。FINDスピリッツに関しては自己完結するものではなく、仲間と共有することでその効果を発揮するものだと考えています。他のスタッフの意見や考え、想いを聞くことで自分自身の新たな気づきにもなりますし。スタッフそれぞれのいい発想が埋もれないようにしたいので、このように発表の場を設けています。
もう一つは、各自行動を振り返る時間です。FINDスピリッツを意識することが大切だとわかっていても、どうしても日々の業務で忘れがちになってしまうので、この会議の時間内に振り返る時間を設けています。4~5人のチームに分かれて振り返った内容を共有し、お互いにアドバイスをし合う場を設けています。
この時間は上司部下の分け隔てなく、色々な意見を交わせる機会で、FINDの文化といえますね。



ーFINDのスタッフってどんな人達ですか?

「お客様に対して人一倍考えて動く人たち」、「いいものを作るために、いいことをしたいという想いの強い人たち」だと思います。また施工管理として思うのが、FINDのスタッフだけじゃなく、現場を納めてくれる協力業者さん方もそういう想いがとても強い。会社やスタッフの想いが、関わる業者さんにも浸透していってると感じます。あとは、上司と部下が分け隔てなく意見を交わせる風通しのよい環境だということも、FINDスタッフの特徴だと思います。


ー今後のHEARTプロジェクトの活動は、どのように進めていきますか?

このプロジェクトにはゴールはないと思っています。今後会社が成長し、新しいスタッフを迎えいれて、ヒトも会社も成長していく過程の中で、会社がどのフェーズに入ろうとFINDスピリッツは形を変えず、会社の行動指針として残り続けるものです。ですので、このプロジェクトではFINDスピリッツの浸透を継続的に行っていきます。FINDが今の組織の何倍も成長した会社になったとしても、今いるメンバーの、今持っている想いが変わらないことが大切だと考えています。そのためにこのプロジェクトが存在しているので。



ー最後に求職者に対するメッセージをお願いします!

FINDの求人に興味を持っていただいている方は、建築業界を目指している方が多いと思うのですが、「何をするかよりも、どんな人と働くか」についても会社選びの基準に入れていただくといいのかなと思います。私は「やりたいことと、一緒にやる人」この二つにこだわってFINDを選びました。もし、人とのつながりや、働く仲間にこだわる人はぜひFINDで共に仕事力も人間力も高めていきましょう!



ーありがとうございました!


FINDの文化でもある、FINDスピリッツ。そしてそれを継続的に意識し行動するための、HEARTプロジェクト。FINDには仕事力のみでなく、スタッフ全員の人間力向上を図る取り組みがあり、それが継続的に行われることにより「いいすまいは、いいヒトがつくる」というキャッチコピーのとおりのサービスをお客様へお届けしています。ご興味を持っていただいた方は是非ご連絡ください!

株式会社FIND's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more