1
/
5

フリーランスになるとは考えていなかった男がなぜヴァンテージポイントに所属したのか

これまで営業職で経験を積み、広告代理店ではマネージャーとしても活躍。現在は独立しヴァンテージポイントでフリーランス営業として活躍されている宮本さん。

「実は、独立することは人生設計にはなかったんです。」
そう語る宮本さんが、ヴァンテージポイントに所属しフリーランスとして活動し始めたのにはどのような理由があったのでしょうか。「これからも営業職として走り続けたい」と話す宮本さんのお話しをお伺いしました。

早速ですが、宮本さんの今までの経歴をお願いします。

はい。直近ですと、広告代理店で営業マネージャーとして勤め、グループ会社での勤務も含めると同じところで5年ほど働いていました。チームで営業をするのですが、マネージャーとしてチームメンバーのマネジメントや教育をしなければならない中で、自身も営業し数字を追っていくような仕事をしていました。

宮本さんの考える理想の営業スタイルはどういったものですか。

そうですね、まず営業という仕事は、“信用”が第一だと考えています。なので、私自身、単発の受注より、相手から信用してもらうことが大切なリピートでの受注を意識して行動しています。受注した後も、定期的にお客様の悩みを聞きだし改善策を考えるなど、お客様に寄り添うことで信用に繋がり、その結果リピートにも繋がっていくと思っています。

宮本さんがこれまで感じた営業の問題点をお伺いできたらと思います。

以前は、「利益を上げてなんぼ」という考え方だったので、受注獲得後のアフターケアよりも受注獲得にしか注力できていませんでした。決まった商材の営業をしていたので、“お客様のため”は二の次で、とにかく成果につながる行動しか取れていなかったように思います。そういった所には問題を感じていました。

なぜそのような問題点が起きると思われますか。

会社に所属することで、自分で考えて行動することが難しくなるのが大きい理由かと思います。企業に属した場合、上層部から売り上げ目標を指示されるのが基本なんですね。売り上げ目標を出されると、目標に対してKPIに従って行動することがほとんどです。

ヴァンテージポイントでは、全て自分で考え行動できますし、頑張った分だけ自分の報酬になります。目標を自分で決められるので、報酬アップを目標にするのか、お客様に貢献することを目指すのか、自分で判断ができます。今は以前に比べると、お客様に対して受注後もどうやったら喜ぶかを考えられるようになりました。ヴァンテージポイントに所属したことで、広告以外の商材からヒントを得て、今まではできなかった新しいアドバイスもできるようになっています。これからは、これまでの経験を生かして経営目線から見た会社全体の採用コンサルを新しい事業の一環として活動して行く話を進めています。



宮本さんがヴァンテージポイントを知ったきっかけを教えてください。

ある食事会で村松さんとお会いした際にヴァンテージポイントを知りました。
「勢いがある方だな」というのが初めてお会いしたときの第一印象です。村松さんと話をする中で、非常に論理的で営業の立場に立って物事を考えている方だということがわかりました。私の営業の考えを、同じ目線に立って聞いてくれましたことが特に印象に残っています。

ヴァンテージポイントにはどんな印象をもちましたか?

村松さんから、ヴァンテージポイントの事業や理念をお伺いした際に、ここなら自分らしく働けるのではないかなと思いました。実際に、会社員時代には経験できなかった会社全体の採用コンサルの業務も営業と並行してチャレンジすることができていますし、自分の決めたスケジュール通りに活動できています。以前と比べると自分らしく働いていると実感できるようになりました。

以前だと、書類の作成や部下の育成など営業以外の業務を仕事の中に組み込まないといけなかったのですが、現在は無駄な仕事が省かれて、営業に集中できています。その分、責任は自分で担うことになるので、きついところもあるかもしれませんが、自分で考えて自分で動けるので、基本的にはとてもやりがいを感じています。

ヴァンテージポイントに所属した理由をお伺いしたいです。

はい。村松さんの考える、「ヴァンテージポイントとして営業はこうあるべきだ」というビジョンに共感をもったことが大きな理由です。そのビジョンとは、利益を一番に考えるわけではなく、あくまでもお客様目線に立ち、自分で行動することに責任を持つというものでした。
この村松さんの考えにとても共感しました。

ヴァンテージポイントに所属したことで働きやすくなったポイントはありますか?

今、進めているコンサル事業に関しての打ち合わせも、時間を取って内容の濃い打ち合わせができるようになりました。会社に属していた頃は時間も限られていましたし、自分から事業にチャレンジしたくても叶えることは凄く難しかったんです。時間ができた分、お客様の悩みや課題に寄り添い、お客様が求めていることを提案できているので、「嬉しい」という言葉をいただくことも多くなりました。

宮本さんがフリーランス営業という働き方を選ばれた経緯をお伺いしたいです。

はい、理由は二つあります。
一つは、村松さんが考えるビジョンや今後の展開をお伺いした時に凄く魅力的に感じたことです。その時にいつかお力添えできたらと思い、今に至ります。

二つめは、自分のやりたいことを叶えられると思ったことです。
前職が求人広告の代理店でしたので、あくまで求人広告のみを提供して利益を出さなければなりませんでした。なので、採用についてのアドバイスをするなど、お客様へのアフターケアができていない状態に対して、歯がゆい思いもしていました。そういった自分のやりたいことが村松さんの元では、できるということだったのでヴァンテージポイントに所属してフリーランス営業で頑張ってみたいと思いました。

実際にヴァンテージポイントで働いてみての印象はどうですか?

私としては、とても働きやすいと感じています。
それは、“マスト”を自分で作ることができるということです。会社に属していた時のような、与えられる“マスト”ではなく、自分で“マスト”を作るのでモチベーションが上がりますし、やりがいを強く感じられます。自分で責任を持って動くことができるので、完全に裁量権を持った個人の活動がヴァンテージの組織に対して利益をもたらしているのも良いところですね。

実は、村松さんに会うまではフリーランスになることは全く考えていませんでした。村松さんの話を聞いて自分の考えが一変したんですね。松さんの考えに共感して、ヴァンテージポイントの一員になったので、働く前と後のギャップも良い意味でありません。それくらいやりがいを持って働けているのでよかったなと思っています。

ヴァンテージポイントでの今後の目標をお聞かせてください。

はい。2019年10月にヴァンテージポイントに所属してから広告代理店の事業部を担当させていただいているのですが、経験者が私を入れて5人程しかいません。なので、他の経験者と協力して、事業部という単位で指揮を取りみんなが働きやすい体制にすることが直近の目標です。これからは、各々得意な分野を伸ばしたい方がヴァンテージポイントに増えて、事業を拡大していけたらいいなと思っています。

最後ですが、宮本さんの今後の目標を教えてください。

今は、自分の事業を成功させるために全力を注ぐことが目標です。事業を成功させることが今後の具体的な将来の夢に繋がると思って、今は走り続けていきたいと思っています。

ヴァンテージポイント株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings