1
/
5

上司の活躍を間近で感じ、自己成長につなげた武内製薬でのインターン【インターン生座談会後編】

座談会レポ前半では、インターン生それぞれの業務内容やその中で得た学びなどについて話してもらいました。
座談会前編はこちらから→https://www.wantedly.com/companies/company_632671/post_articles/388537
今回の後編ではインターン生から見た武内製薬の様子や就活に関しても話してもらいました。

ーインターン生の働きやすさ

司会
皆さん、武内製薬以外でインターンとかバイトとかの経験はありますか?

J.A
あります。

S.K
バイトだったらあります。

司会
そうですか。それと比べてでも良いし、この会社単体の話でもいいんですけど、武内製薬はどういう雰囲気の会社だったかなみたいな。
インターン生の働きやすさ的にはどうだったかな?みたいなところを伺えたら嬉しいです。

Y.K
僕が前働いてたのは、もうバチバチの営業インターンするところでインターン生を奴隷みたいに使うのよ。もう朝から晩までずっとテレアポみたいな感じだから、ここ入った時に休憩取っていいし、プロテインは福利厚生で自由に飲んでいいし、社員の人がみんな優しいし、神だと思った。本当に。

S.K
雰囲気はみんな優しかったかな。
まあ年齢が近いっていうのもあるけど皆さんフレンドリーで。自分が分からなかったら助けてくれるし、教えてくれるっていう面からみたら、0からでも非常に働きやすい職場だったと思います。
プラスで、いろんな仕事を任せてくれるので結構自分の裁量が、大きいことが多かったかな。
その分大変なこともあったけど笑

R.S
そうですね。まあ、同じく優しいっていうのはベースとしてあったんですけど。
スピードが速すぎるなって思って。まあ社長とか利佳さんとか市川さんの頭の回転が速すぎて、全然追いつけないなかった。
話もそうですけど、なんか事業の展開のスピードがめちゃくちゃ速いから、置いてかれる。
スピード感がすごいです。

司会
なるほど。ありがとうございます。
J.Aさんは、営業部の雰囲気はどうでしたか?

J.A
営業部の雰囲気はすごく明るくて、みんなうるさいぐらい。
それがもう本当に自分は居心地が良いっていうか、すごく自分を出していける環境だったので、みんな結構個性が本当に強いメンバーで、そのうえでみんなすごく優しいし、良くしてくれて、まあ本当に意味分かんない仕事も結構降ってきたりしたけど、みんな優しいんで、楽しくできました。

司会
ちなみに意味わかんない仕事ってどんな仕事ですか?

J.A
なんか急に鼻毛ワックスやれって言われたりとか。
これやらないといけないんですか?って聞いたら「いや、これ仕事だから。」 って言われたり。

司会
楽しそう。

J.A
楽しかったよ笑

Y.K
僕も、入って2日目ぐらいに足出してって言われて、ワックスシートべって貼られて、ビッてやられた。
除毛もしたし、鼻毛も抜いたし。

司会
楽しそうですね。皆さん。

Y.K
楽しかった。



ーインターン生同士の関わり


司会
話が飛ぶんですけど。
インターン生同士で業務上の関わりってありましたか?

J.A
僕はみんなと違ってOEM営業部だからな…。営業部の後輩とはよくコミュニケーションをとって一緒に仕事してるけど、他の部の人はあんまりなかったかな、正直。
でもそれぞれ一回ぐらいは仕事を一緒にしたことあるかな。プロテインの試飲会だったり、詰め替え作業だったり。関りがないことはなかったかな。

Y.K
細かいこと言うと、ぼくがコピー機の前とかで困っているとJ.A君がどうしたのって声かけてくれた。

S.K、R.S
あー。

司会
みんな助けてもらっているんですね。

Y.K
部の垣根を越えて困ったときに助け合うって感じかな。

J.A
社員さんに聞くのはちょっと忙しそうだから、インターン生のほうが聞きやすいかなっていうのはあるかもしれないお互い。

Y.K
あとは業務中とかにもボディランゲージでコミュニケーションを取ったりもしてたかな。

司会
仲良しですね笑

ー就活に向けて役に立ったこと


司会
次に、インターンを考えている人は就活を意識してる人も多いと思うので、就活で役に立ったことを教えていただきたいです。

J.A
僕は就活が終わってから武内製薬に入ったから、就活に関して自分になにが役に立ったっていうコメントはできないけど、でもなにかしら就活で話せるんじゃないかなと思って。それこそやっぱガクチカとかも。
本当にいろんな業務が振られている中で、どうにかしなきゃいけないこともたくさんあったし。
最近だと、OEM営業部でインタビュー記事を自社サイトに載せるプロジェクトがあって、それをインターン生がメインでやっていて。そういうプロジェクトを0から自分で形にするみたいなことはすごく経験になるし、なんか面接とかで話したらウケそうなことをやってるなーっていうのを見てて思ったかな。

司会
ありがとうございます。じゃあY.Kさんお願いします。

Y.K
はい、僕は多分ここでの経験がめちゃめちゃ生きていて、まず就職先がBtoCメーカーで、その中でも配属される部署がEC戦略部っていうデジタルマーケティング系のことをする部署なんです。
内定をもらった理由も、ここで競合調査とかLP作成とかした経験があるからで。「僕が就職するBtoCメーカーはそういうデジタル系が弱いので、僕が就職すれば必ず成果を出すことができます」って言ったら、内定もらえたからやっぱりそういうところが大きかったかなって思います。

司会
すごい活かしてますね。

Y.K
どうしてもメーカーに行きたかったので。

司会
そうなんですね。ありがとうございます。
ではS.Kさんお願いします。

S.K
僕はコンサルに進むんだけど、武内製薬に入ってからはWantedlyを担当している期間が長かったから、直接コンサルに生きるのかなーとは思っていたな。
でもまあ、最初の方に競合調査とか原価計算とかを任されたという事実をすごい金箔ぐらいまで引き伸ばして使っていたかもしれない。

まあ今だったら長くやってるからそれなりに使える話もできたかな。
だからインターンを始めるなら早めに動いた方がいいかなと思います。

司会
じゃあ早めに入っても、就活が終わってから入っても皆さん身についたことがあるんですね。

J.A、S.K
あると思います。



ー適材適所の人員配置

R.S
そういえば、僕は4月からの職種がシステムエンジニアだから、なんかそういうところも加味して仕事を振ってくれたのかなっていう感じがあったかな。自分の適性とか性格を見て仕事を振ってくれて、振るときも市川さんが良く聞いてくるのが「本当にこの仕事大丈夫?」みたいな。

S.K
確かにやりたい仕事をよく聞いてくれる。

J.A
あー、でもそれはあるかも。まあ僕は何でもいいし、社員さん達からも秋山は振っておけばやるだろうと思われてるけど、後輩は結構デザインとかアーティスティックな部分が好きっていうか、本当はデザイン系をやりたいみたいなのがあるから、デザイナーさんとかとホームページのデザインを詰めたり、みたいなことやってる。何かやりたいみたいなのがあれば、大多和さん(OEM営業部副部長)とかが考えて仕事をやってくれたりするから、そういうところも武内製薬はいい会社だなと思った。

Y.K
僕は「これちょっときついかもしれないです…」って言っても「まあ成長っしょ」って言われてた。

司会
それも本人の適正に合わせてなのかな。

Y.K
なんかメーカーっていうのもあるかもしれない。就職先が。
これはできておいた方がいいよみたいな。
ありがたい。本当にいっぱい成長させてもらったわ。

ーそれぞれお世話になった上司のいいところを上げてみる


司会
せっかくだから上司のいいところとか言っておきますか。

J.A
なんか大多和さん(OEM営業部副部長)はとにかく穏やかでちょっとしたトラブルとかがあった時にも、お客さんとか外注先とか僕らに対しても「まあまあまあ一回落ち着こう」みたいな感じで。すごい物事を穏便に終わらせる。
僕は結構、役所の人とかと電話してて、イライラしちゃう時もあって、明らかに声に出ちゃうから「A君だめだよ。役所の人と仲良くしな。」とかって言ってくれたりとかして、本人も実際すごい穏やかに物事を進めてる。大多和さんの優しさとか、そういうところを結構尊敬というか、なんか吸収しないとなって思ったかな。そういうところもためになったかも。

Y.K
市川さん(企画部長、製造部長、インターンチームリーダー)のすごいなと思うところは、110%の力がないと終わらないぐらいのタスクを出してくるところ。
ちょっと頑張れば終わるなっていう量を出してくる。
だからちょっとずつ毎日成長してると思う。毎回1.1倍ずつ。

S.K
利佳さん(EC事業部長)は顧客視点がすごいよね。もの凄いね。うん。消費者の目線に立ったアドバイスをくれるんだな。
利佳さんはもともと楽天でECを担当していたからこそそういうのが養われたんだろうなっていうところはある。それはすごい尊敬できる。

市川さんは人間的にすごい上司だなって思う。
すごい褒めてくれるんだよ。俺が褒めてもらうのが嬉しいとかじゃなくて、褒められたら多少タスク振り過ぎとか思っても「仕事やらなきゃ」っていう気持ちになるからさ。きついと思う時もなくはなかったけど、それでもやっぱりいい人、いい上司だなっていうのが染みついてるからやらないとなってなっていました。
だからそういうところは今後自分に部下ができた時に見習うべきところだなって思う。上司像を考えるきっかけになったかな。市川さんの存在が。

R.S
市川さんは何人ものインターン生の状況とかを把握して進捗管理してるんで、すごいな。

一同
たしかに。

R.S
自分の仕事があるのに、何人もの部下を見れるっていう力が。 なんでできるのかなっていう。すごいと思ってます。

J.A
あと冷静に考えれば、けっこう役員の直接の指示の下で働くって結構贅沢というか。普通は社員の方を挟んでとかだと思うけど、武内製薬は役員が直接指示を出してくれるから。

S.K、Y.K、R.S
うんうんうんうん。

Y.K
J.A君なんて社長だもんね。

J.A
そうそう。社長がいきなり仕事振ってくれたりとかもするから。そこは贅沢だよね。

Y.K
僕たちもたまにあるよね。
確かに贅沢だよね。

ー最後に社長のいいところも


司会
せっかくなので最後に社長の良いところも聞きたいです。

Y.K
頭が良すぎる。

司会
どこでそう思いましたか?

Y.K
話し方とか。
会議のときとかが一番顕著に現れるね。スピードがね。あの人は自分で喋ってて、自分でその解決策を見つけたりとかするから、この人はすごいなあと思いながら議事録を必死に取ってる。

J.A
スピードはすごいよね。いろいろな判断とか、そういうスピードがすごくて。「早っ」っていうときがある。

Y.K
圧倒されちゃうよね。

J.A
あとは優しい。

S.K
事業に対する情熱っていうのはすごく感じるな。前話したときに「休みの日も仕事のこと考えてるし、夢の中でも仕事してるよ」って実際見たことあるんだろうねそういう夢を。
それだけ情熱をもって仕事をしているのはすごい。
いい会社だったな。

J.A、Y.K、R.S
いい会社だったね。



司会
皆さん武内製薬のことが好きなんですね。
本日はお時間いただきありがとうございました!
新生活での皆さんのご活躍もお祈りしています!

全2回の座談会をご覧いただきありがとうございました。
この記事を通して会社の雰囲気やインターン生の業務内容などをお伝えできていれば幸いです。
武内製薬に興味がわいた方は是非話を聞きに来てくださいね。

武内製薬株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings