1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

介護が必要な方と介護士のマッチングプラットフォーム「イチロウ」
介護保険では利用できない介護を「イチロウ」が提供します。
オーダーメイドの介護サービス「イチロウ」を運営しています。 「イチロウ」公式サイト https://ichirou.co.jp/ ◉詳細 介護が必要になった場合、介護保険適用の介護サービスを利用することになります。しかし、介護保険適用の介護サービスには、サービス内容の制限やサービス利用までに時間がかかるなどの負の一面があります。 「イチロウ」では、介護保険ではカバーできない介護をオンラインで気軽に介護士へ依頼することができます。 高齢化が進む日本において、介護保険適用外の本命サービスとして、介護のインフラサービスを目指しています。 介護保険外サービスについて、下記の記事で詳細を確認することができます↓ https://note.com/yukimizuno/n/nb7535bc3572c

Why we do

介護の新しい世界を作るため、たくさんの方の知恵やサポートをいただきながら事業を成長させています。
チームメンバー全員の意見を大切にしています。
株式会社LINKは、日本の介護の課題を解決するソーシャルベンチャーです。 代表の水野は、10年以上老人ホームでの介護業務やマネジメント業務に従事してきました。 老人ホームでどんなに良い介護サービスを提供しても、「最期は家で迎えたい」という言葉をたくさん聞いてきました。 「老人ホームは、高齢者にとって最期を迎える場所にふさわしくない」という思いで、「イチロウ」を作りました。 「イチロウ」では、日本の高齢者が住み慣れた家で最期を迎えるため、且つ介護する家族への負担を軽減するために、プライベートヘルパーをご自宅へ派遣しています。 一方、「イチロウ」は介護を受ける人のためだけでなく、介護を提供する介護士の賃金改善も行なっています。 今、介護業界では、介護士の低賃金問題により介護士不足が深刻になっています。このままでは介護崩壊を起こしてしまう危険もあります。 私たちは、アナログな介護サービスとテクノロジーを融合させることで、介護士の平均賃金の1.6倍の賃金を支払っています。「イチロウ」で介護士の低賃金を改善し、介護は稼げる・介護は魅力的な仕事であることを証明していきます。 介護士の低賃金問題について、下記の記事で詳細を確認することができます↓ https://note.com/yukimizuno/n/n2f97e6b47b25 この大きな2つのミッションを達成し、介護する人も受ける人も幸せな社会を実現していきます。

How we do

名古屋オフィス。爽やかでオープンな環境で働いています。
様々なバックボーンを持ったメンバーが働いています。
私たちのチームでは「楽しいは最強」という言葉を大切にしています。楽しむ心を忘れなければ、辛いことや悲しいことも超えていけると信じて、どんなことも楽しくする為の工夫をしています。 現在オフィスは東京と名古屋の2拠点。 距離があっても気持ちよくコミュニケーションが取れるように、定期的にオンラインランチ会を開いたり、slackの雑談チャンネルで気兼ねなく会話ができるようにしています。 ちなみに名古屋オフィスには、スペースの3割を占めるであろう卓球台があります(大半のメンバーからは邪魔だと言われています…)。 東京オフィスは昨年OPENしたばかりで、現在はシェアオフィスの一画に事務所を構えています。 チームメンバーは20代から30代中心のメンバー構成になっていて、個性豊かです。介護・医療業界の経験者をはじめ、様々なバックボーンを持ったメンバーが、自分の特技を活かして仕事をしています。 とてもフラットでアットホームな雰囲気ですよ! 【使用ツール】 ・slack(社内コミュニケーション) ・oVice(社内コミュニケーション) ・google drive(文書作成、カレンダー、メール) ・wrike(タスク管理) ・ジョブカン(勤怠管理) ・DocBase(社内イントラ) ・zoom(オンラインMTG) ・smartHR(労務管理)