1
/
5

【Minelead 社員インタビューVol.6 :営業職の経験を活かして、労務・総務を得意分野に「時代に即した働きやすい会社づくり」に貢献したい!】

自己紹介も兼ねてこれまでの経歴を教えてください。

私は新卒で機械系商社に入社後、約2年半、大手電力メーカーの代理店営業に従事致しました。

発電の現場は常に緊張感を帯びており、異常事態発生の際に、関係会社と迅速な連携を取り対処に当たった経験や、日々培ってきた臨機応変さは、今後に生かせる強みです。

短い営業経験ではありましたが、社内外本当に多くの人に支えて頂きながら、自発的に考え行動する事の基礎を育てて頂いたので、これからも周囲への感謝と積極性を忘れずにいたいです。

営業職から事務職への転身理由は?

新卒時から、総務職希望で就職活動をしていました。

しかし、就職面接の時に、面接官より営業も経験してほしいという提案により、総務以外の職種を検討する機会ができました。社会人のしの字も知らず、例えばメールの打ち方や社内外の方との関わり方を全く知らないところから、社内に入っても動ける気がせず、社会人としての常識が経験できる営業は、将来的に総務の仕事をする上で、非常に役立ってくると思い営業職にチャレンジする事を決めました。

営業活動を通じて、設計技術職・営業職・現場管理職など本当に沢山の部門の方と関わり、幾度も助けて頂いた貴重な経験ができた一方で、日々の業務量が多く、体力的にも精神的にも辛い事もありました。その際に、労働環境の改善は、会社側も何かしら力になれる事はあるのでないかと考えるようになり、多くの社員の力になれるような仕事をしたいという思いから、事務職への思いがますます強くなり転身を決意しました。その為には、知識が必要不可欠となり、1年前から猛勉強をしており、社会保険労務士の資格を取得しようと志しています。

現在は、労務・総務を得意分野に「時代に即した働きやすい会社づくり」に貢献したいと強く考えております。

再就職先にマインリードを選んだ理由は?

転職活動の軸として、自身の成長を会社の成長に繋げることができる企業風土である事を重視しておりました。

マインリードでは、現状維持よりも日々成長を目標とするという基本思想があった事、また面接時の社員・社長の雰囲気に惹かれた事が、就職を決めた大きな理由です。

大前提として、企業側の募集内容と自分のやりたい仕事がマッチしているかどうかも、企業選びのポイントでありましたが、面接時に業務にかかる詳しい説明を受けたことで、実際の業務のイメージができた事が良かったと思います。労務部門を専門的に関わりたいと願っていた私と、その分野を強化して働きやすい労働環境を作っていきたいというマインリードと意見が一致し、仕事への意欲が増した事も決め手でした。

マインリードではどのような業務を主に担当されていますか?

現在は総務・労務関連事務を主に担当しております。まだまだ引継いでいくべき事も多い状況ではありますが、早速就業規則の変更や、労使協定の更新などの業務を任せて頂いており、少しでも早く戦力となれるよう、尽力したく思っております。

実際入社されてマインリードの一員になりましたが、具体的にどのような事にチャレンジしていきたいですか?

会社内の諸制度・業務内容の整備や、資格取得に積極的に取り組んでいきたいと考えます。

いずれにしても目的は「会社の存続と成長に貢献する事」です。確かな知識とその応用で、社員と会社の双方の利益を意識し、社長の意向や現場社員の実態に沿った施策の実施や、業務マニュアルの作成・見直しなどの各種改善活動にも力を入れたく思います。

マインリードの理念はKeep Changingですが、どのように変化し続け成長していきたいですか?

ありきたりかもしれませんが、時代の変化に合わせて会社経営や社員の働きやすさを考えていけるよう、柔軟な視点をもち、常に現状打破する力を身に着けていたいと思います。

その上で、挑戦する心を忘れず、会社や社員の疑問に答え、迅速かつ公正な解決への窓口として機能できるよう、堅実に課題解決力を向上させていきたいです。

株式会社マインリード's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings