1
/
5

トライトで働いて思うこと

ご自身のこれまでのご経歴を教えてください。

2019年4月に新卒でWebデザイナーとして入社しました。

写真はロビーでそれっぽいものを撮っていただいただけで、いつもはデスクで仕事をしています。

学生時代は芸術大学で美術を学び、油絵や現代美術などの制作に注力していました。とはいえ作家として生きていくにも厳しい世界ですので、Webデザインの業界に飛び込んだ...という経歴になります。

入社後、約2年はWebデザイナーを経験し、現在は同じマーケティング部門内にある別チームで、フロントエンドエンジニアとして仕事をしています。

ちなみに上のカバー画像は学生時代の作品で、作品名は『Colorful × Karafuru』です。

すべて着色した卵の殻でできており、つまりカラフル降るということです。

こういった作品をたくさん作っていました(本人は至って真面目です)。

現在の仕事内容は何ですか?

1~2年目はWebデザイナーでしたが、3年目からは希望してフロントエンドエンジニアとして業務にあたっています。

当社グループは、医療福祉や、保育、建設など、さまざまな職種のお仕事をご紹介する事業を行っており、職種に応じたお仕事のご紹介や、働き方に関する情報を提供する「介護ワーカー」などのサービスサイトを複数展開しています。

お仕事を探していらっしゃる方にとって、より使いやすいサイトであるような、UI・UXを実現することや、より多くの方がサービスサイトに訪れてくれるような仕組みづくりを担当しています。

また、意識するのはユーザー側だけでなく、社内の業務効率やサイトパフォーマンスの改善といったことも業務内容に含まれます。

やりがい・仕事の面白さは何ですか?

Webデザイナーとしての経験を生かして、フロント、バック、ディレクター、デザイナーという多様な役割の架け橋になれていると実感することが少しずつ増えてきていて、そういう瞬間はとてもやりがいを感じます。

またフロントエンドは業務範囲が広く、ユーザー側にも開発側にも見える形での影響が大きいので、難しくもその両方に関われたり改善することができるところに、やりがいやおもしろさが詰まっていると思います。

トライトを選んだ理由は何ですか?

ひとえに、人柄や社内の雰囲気で決めました。

Webデザイナーを志望しておりましたが大学では美術を学んでいたため、お世辞にも即戦力とはいえない状態での就職活動でした。

それでも面談の中で、私の作品の制作コンセプトや意図などに真摯に耳を傾けてくれたことが決め手のひとつとなりました(冒頭のような作品でもしっかり聞いてくれました)。

「この会社でこう働きたい」という具体的なものよりも「ここで学んで働いてみたい」と思っていたのが正直なところです。

入社してからもその気持ちが裏切られることはありませんでしたし、私自身もこの雰囲気を保ったまま組織として成長していければいいなと考えています。

トライトに入社して成長を感じるのはどのような時ですか?

昔と比べ、能動的になれているなと感じたり、単純にできること・任されることが増えていくことに成長を感じます。

最初の頃は、自分の意見をなかなか出せず、後悔する時期もありました。経験が浅いこともあって、気が引けていた部分があったんだと思います。しかし経験のあるなしに関わらず人の視点はさまざまで、Web開発ではその多様な角度で物事を見ていくことが大切だということに気づきました。今は積極的に自分の意見を発するよう意識しています。

インハウス体制ということもあり、開発して終わりではなく運用保守、パフォーマンス改善なども見据えていかなかければなりません。そのため、自らが動いて現状の課題を見つけたり、改善策を調査する必要があるという環境も「能動的に」「積極的に意見を」という部分を意識するきっかけとなっています。

トライトはどのような雰囲気(社風)の会社ですか?

若いメンバーが多いため、意見を伝えやすいと感じることが多いです。距離感もほどよく、個人と個人がお互いに尊重し合っているように思います。

誰とでも気持ちよく仕事のやりとりができますし、仲の良い人とも仕事の中では真剣な議論などが行えているなと感じます。

また議論の場などでは否定的な言葉はなく、どんな声でもいったん拾い上げるようなところも、メンバーそれぞれが発言しやすい雰囲気につながっていると思います。

休日やプライベートはどのように過ごしていますか?

基本的に早起きをして午前中に家事を済ませます。そのあとはお昼までWeb関連の勉強をしていることが多いです。

午後は引き続き勉強をしたり、映画をみたり、あとはお菓子やパンを作っています。とにかく家から出ることが少ないです。

画像は実際に作ったパンたちです。食パンはオーブンの温度が高くて上だけすごく焼けてしまいました。

勉強したことを仕事で活かせたり、逆に仕事で学んだことを個人の制作に応用したり、それなりに楽しく過ごせているなぁと思う日々です。(パン作りが仕事で活きたことはないです)

株式会社トライト's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more