1
/
5

代表の堀口が「Forbes 30 Under 30 Asia 2021(アジアを代表する30歳未満の30人)」に選出

この度Forbes 誌が発表した、アジアを代表する30歳未満の30人 「30 UNDER 30 ASIA 2021」にて、代表の堀口が選出されました。

これを受けて今回のストーリーでは、受賞の背景や今後の展望について、堀口の声を紹介いたします!

(※上記画像は以下公式ページから引用):https://www.forbes.com/30-under-30/2021/asia/enterprise-technology

【概要・受賞理由】

堀口は東京大学在学中の2015年、当時史上最年少の21歳で司法試験に合格し、2年後に米国法律事務所ホワイト&ケースの東京拠点に入社。2018年に、人工知能を使用して法的文書、契約書、その他の書類の作成、編集、修正、管理を支援する日本法務システム研究所を設立。同社がクラウド上で提供するサービスは、過去文書をもとに関連する提案をAIがリアルタイムに提供する。9月には、第一法規、新日本法規出版、鈴与、AIinsideなどから3億円の資金を調達している。(原文和訳・補記)


(オフィスにて。いつもメンバーの近くで一緒に頑張っています。)


【受賞インタビュー】

Q.受賞をどう思いますか?

堀口:「まさか、アジアの30人に選ばれるとは夢にも思っていなかったので、驚きました。でも、いままでがんばってきたことが世界から評価されて、社員一同光栄に思っております」

Q.何が受賞につながったと思いますか?

堀口:「私たちの開発しているシステムで、世界中の人々の働き方にイノベーションを起こせる。そう感じてもらえたならば、とても嬉しいです。私たちのシステムは、ビジネスの核である『文章を書くこと』を進化させるべく生まれました。私自身、これまでたくさんのビジネス文章を書いてきて気づいたんです。過去の資料を探すこと、文章の体裁を揃えること、それにものすごい時間を使っていることを。それ、もしかしたらAIでできてしまうのではないか、という空想からスタートしたのがLAWGUEです。作業系のことはAIにまかせられるので、仕事の速度が2倍になったという声も聞いています。」

Q.今年での受賞をどう思いますか?

堀口:「世界的なコロナ不況の中、『人員は増やせないけど、生産性は上げなければいけない』『テレワークでも効率的に、仕事をしたい』という需要に対して、ひとつのこたえを出せたなら嬉しいです」

Q.今後の展望を教えてください。

堀口:「今後はあらゆる『書く体験』を進化させていきたいと考えています。弊社で独自開発しているAIは、むしろ人間より、作業が丁寧です。人の手でやらなければならないと思われていた、細やかな修正作業が、10分の1の時間でできるようになった実績もあります。そうやって人々の働き方をAIの技術によって豊かにすることが使命だと思っています。さらには、日本発のITサービスが、世界で通用することを証明していきたいです」


「Forbes 30 UNDER 30 Asia 2021」とは?

「Forbes 30 Under 30 Asia」は、毎年アジア太平洋地域の国と地域を対象に、様々な分野で活躍する30歳未満の人材を選出するForbes誌の企画です。過去には、テニス選手の大坂なおみ氏、ゴルフ選手の松山英樹氏が選出されており、国際的にも非常に名誉ある賞です。2021年は、新型コロナに始まる世界的に不明瞭な時代の中、粘り強く成功した聡明で革新的なミレニアム世代やZ世代を取り上げています。堀口が受賞した「Enterprise Technology」は、機械知能で世界にイノベーションをもたらす人に焦点を当てたカテゴリーとなっています。

「Forbes 30 Under 30 Asia 2021」
https://www.forbes.com/30-under-30/2021/asia/enterprise-technology


「Forbes 30 UNDER 30 2021」を受賞した堀口が開発したLAWGUEとは?

LAWGUEは、過去文書を資産化し、条項単位で検索・再利用できる AI 搭載のオンラインエディタ です。組織内のナレッジ共有を実現すると共に、契約書や規程類等の構造化文書作成に携わるビジネスパーソンを、雛形や過去文書の検索、Wordファイルの履歴参照、ファイル添付メールの往復といった非効率業務から解放します。リーガルテックの枠を越え、現在は知財分野やIR分野等、多くの領域で活用が進んでいます。

(公式HP: https://lawgue.com/

当社では新しい仲間を募集しています!!ご興味をもっていただけましたら是非お気軽にご連絡ください!

株式会社日本法務システム研究所's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more