1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

遊び心と哲学を大事にするクリエイティブチームが、HR techのUI/UXを全面改修してみた

皆さま、こんにちは!広報・採用を担当している大曽根です。

今回は「SYNCA」の開発に携わるクリエイティブチームのお二人に、WARCでデザイナーとして働く理由やプロダクトのデザインコンセプトにかける想い、について語っていただきました。ぜひご覧ください。

#プロフィール

高山 慶一 HR tech事業部
Webやモバイルアプリ、リアル空間など媒体を問わず、事業やサービスの立ち上げから改善フェーズをスタートアップ、大手企業で多数経験。100万人に使われるサービスも手がける。 クラウドクレジットにてUXデザイン事業部長/CXOを担当後、2019年当社入社。HR tech事業部にてサービスデザイナーとして従事。


小林 理恵 HR tech事業部
2006年、株式会社ネクスト(現LIFULL)に入社。コーポレートコミュニケーション部門で様々なプロジェクトに従事した後、事業部にてサービスデザイン業務全般を担当。不動産業界に特化した学習プラットフォーム「LIFULL HOME’S アカデミー」立ち上げに参画。2020年当社入社。

▼目次
1.スタートアップを経験したデザイナーにとってのWARCの魅力
2.「SYNCA」は求職サイトの「使いやすさ」を追求した
3.遊び心と哲学が両立したクリエイティブチームをつくりたい

スタートアップを経験したデザイナーにとってのWARCの魅力

ー はじめに、WARCにジョインした経緯から聞かせてください。

高山:私は、WARCにサービスデザイナーとして入社しました。主に情報設計やUI設計・リサーチを得意としていて、これまではスタートアップから大手企業まで幅広く経験する中で、様々なプロダクトの立ち上げやグロースに関わってきました。

小林:高山さんはもともと副業でWARCの仕事に関わっていましたよね?

高山:そうですね。まだ前職に在職していた頃から、副業でWARCの仕事を請け負っていました。仕事をする中で、代表の山本さんとお話する機会があり、山本さんが語るWARCのビジョンやビジネスモデルの可能性に共感し、2019年3月に正式にWARCに入社したという経緯です。

ー これまで何社も経験してきた中で、高山さんが会社を選ぶ時に重視していたポイントは何ですか?

高山:その企業のビジネス的な可能性や市場ニーズを重視しました。

例えば、WARCのビジネスモデルである「スタートアップ・ベンチャー企業のコーポレート部門の支援」については、私が関わりがあった様々な会社に共通する課題点として実感していました。

採用面や資金調達・バックオフィスのフロー改善によって、スタートアップ・ベンチャー企業が加速度的にブーストできる可能性を感じていましたし、それを支援する会社が少ないという現状も実感していました。

だからこそWARCが描いているビジネスモデルに、ビジネス的な可能性や市場ニーズがあると思いました。

ー 小林さんはいかがでしょうか

小林:WARCに入社する前は、不動産・住宅情報サイトを運営する企業でデザイナーをしていました。前職に入社した当初は、今のWARCと同じくらいのスタートアップでしたが、そこから事業も組織も拡大し、東証一部上場を果たしました。私はその会社に16年間在籍していたので、ある意味高山さんとは対称的かもしれません(笑)。

会社のデザインに関する仕事をほぼ網羅し、サービスのデザインからIRを始めとしたコーポレートブランディングまで、幅広く関わってきました。デザイナーとして、会社とサービスのグロースに貢献できたのは、とても良い経験だったと思います。

ー 小林さんが転職を考えるようになったきっかけは何ですか?

小林:一言で表すと「デザイナーとして新しいチャレンジをしてみたかった」に尽きます。会社が大きく成長しサービスも成熟してくると、デザインが果たす役割や影響力も大きくなっていきます。

例えば、運用中のサービスデザインの変更など一つとっても、たくさんの仕様検討やA/Bテスト・検証を重ねながらリリースしていく必要があります。

多くのユーザーに利用される大規模サービスだからこそ必要なプロセスで、それを経てリリースする事で得られるフィードバックやKPI達成に、やりがいも感じていました。

その一方で、前職に入った当初のような少人数のスタートアップ・ベンチャー企業で、ゼロベースからのプロダクトデザインにチャレンジしてみたいとも思い始め、転職を考えました。

WARCのことは、スカウトメッセージをもらい、スタートアップ・ベンチャー企業を支援している会社だと知りました。HR techという新しい事業ドメインに対して「SYNCA」という新プロダクトでチャレンジをしている事に興味をもちました。

面接の過程で代表の山本さんを始めとした経営陣の話を聞き、WARCのビジョンに共感した事を覚えています。

デザイナーもまた、ビジネス課題をデザインで解決できるかを考える職業です。WARCが目指す「スタートアップ・ベンチャー企業を支援する」というビジョンに、デザインの面で貢献できたらと思い、入社を決めました。

私が入社したのは2020年10月。ちょうど「SYNCA」のリリース直後の時期でした。

※ 2021年1月に正式リリースした「SYNCA」。デザインを大幅刷新しました。

「SYNCA」は求職サイトの「使いやすさ」を追求した

ー 「SYNCA」の正式リリースにあわせて、デザインを大幅刷新しました。UI/UXの基盤となるデザインコンセプトについて聞かせてください。

高山:求職サイトにとって最適なユーザビリティやアクセシビリティは何かを、この3人でとことん議論しましたね。特に「使いやすさ」を追求したのが印象的でした。

デザインと聞くと、ついスタイリッシュさやトレンドを追求しがちですが、「SYNCA」は登録のしやすさや視認性の良さを大切にし、求職サイトによくありがちな情報過多によるストレスフリーを目指しました。

小林:「使いやすさ」の定義や要素を、高山さんがロジカルに詰めていったのも印象的でしたね。

高山:ありがとうございます。そうですね、例えば配色。最近は、淡色の組み合わせがトレンド傾向です。その一方、人の目は年齢を重ねる事で光の視認性に変化が起き、コントラスト感度が低下すると言われます。

「SYNCA」は求職者をターゲットにしたサービスで、コントラスト感度に変化が起き始める40代以上の世代もユーザー層に含まれます。新しくできたサービスなので、目新しさや目を引くデザインを重視しがちですが、まずは人の認知に沿ったコンテキストやユーザビリティを大事にしました。

ー 「SYNCA」のリニューアルで注目ポイントは何ですか?

高山:画面の見やすさですよね。ここは小林さんが画面遷移や画面内の情報設計を抜本的に改善してくれました。

小林:求職サイトはコンテンツ内の情報が多めなので、ファーストビューでの情報過多にならないよう、画面設計を考慮しました。UXフレームワークであるカスタマージャーニーマップやユーザーシナリオを導入し「SYNCA」の想定ユーザーをイメージしながら画面設計しました。

例えば、電車で移動中にスマホでさっと見れる情報の配置だったり、タクシーの中などスマホが揺れている時でも視認できるようなフォントのサイズなど。β版リリース後のユーザー動向やログ情報も参考にしました。

※ スマホでのアクセシビリティを考慮した情報設計

高山:特に登録画面は、小林さんが最も力を入れて改善してくれましたよね。

小林:そうですね。登録画面は正式リリースに合わせて大幅に刷新しました。求職サイトのユーザー情報入力フォームって、とにかく項目が多くて挫折しがちですよね(笑)。

カスタマージャーニーマップをもとにβ版の入力項目を見直してみると、やはりたくさんの個人情報を入力するのは心理的ハードルが高い事がわかりました。そのため、1つの画面では1つの質問とし、その問いに答えていくうちに、自分のキャリアや市場価値が形になっていくような画面設計を心掛けました。

今回のリニューアルでは、登録導線をキャリアカウンセリングをイメージできるように設計し、登録時の心理的ハードルを下げる事を工夫しています。

コンセプトとしては、ユーザー情報を埋めていくというよりも「あなたの話を聞かせてほしい」といった温度感で、簡単な問いに答えていく導線イメージです。

※ 1画面に簡単な質問が1つ。それに答えていくうちに登録が完了する導線。

ー 小林さんの転職の動機は「デザインでチャレンジしたい」でしたが、今回のプロジェクトでチャレンジできていますか?

小林:そうですね、チャレンジできていると思います。β版と比べると別サービスと見間違われるほどUI/UXとビジュアルを大きく刷新しました。様々な事例や文献を研究し、品質を担保しながらデザイン的なチャレンジもできたのが、すごくワクワクし楽しかったです。

また、HR techプロダクトとしてしっかりとした世界観と、インタラクティブな画面設計を実現できたことも嬉しかったです。

遊び心と哲学が両立したクリエイティブチームをつくりたい

ー 今後、WARCでどんなチームを作っていきたいですか?

高山:それぞれの価値観や多様性を尊重しつつ、デザイナーとしての遊び心があるチームになったらいいなと思っています。

WARCに入社して一番感動したことが、所属や事業部をまたいで仕事の成果や達成したことについて、おめでとうと声をかけあったりSlackでコメントを寄せる文化です。本当に素敵な人たちが集まっているなぁ…と心を打たれました(笑)。

それから、自分なりの哲学を大事にしながら、チームで活発に議論しあえる関係性でありたいと思っています。

自分なりの哲学と聞くと自己主張が強い印象になりがちですが、むしろ自分の考えや主張は多様な考え方の1つにしか過ぎず、他の人もまたそれぞれの価値観に沿って考えているのが世の中です。人の数だけ意見や価値観があるからこそ、他人の価値観を受け入れる事が大切だと思っています。

それぞれが哲学をもったチームであれば、議論やブレインストーミングは建設的になりますし、そこから人の心の琴線に触れるデザインや、ユーザーに寄り添ったサービスの体験が生まれると思います。

小林:私は、WARCのカルチャーが好きなので、職種にとらわれずお互いの仕事を認め、称賛し合うことが好きな人と一緒に働きたいと思っています。

私は16年間同じ会社にいたので、会社の雰囲気に馴染めるか少し心配していましたが、お互いを認め合い称賛するカルチャーがWARCにはあるので、すっと溶け込めました。

高山:「SYNCA」の開発は、エンジニアやディレクターを交えて全員でプロダクトレビューしますよね。開発に関してはアジャイルを導入していますが、企画もエンジニアリングもデザインも、短期的なスプリントを設定して、常に確認し合いながら進めています。

HR techで開発するプロダクトは「キャリア」という求職者の人生を左右するライフイベントに関わります。「転職を成功させたい」と願う求職者の気持ちに真摯に寄り添うことが大切で、そのためのUI/UXやデザインでありたいと思っています。

「他者の価値観や考え方を受け入れる多様性」や「お互いの立場や仕事を尊重して称え合う」という企業カルチャーは、HR tech事業を推進するためにも欠かせない考え方だと思います。

そういった価値観を共有できる人と一緒に働きたいですね。

\WARCは事業拡大中のため採用を強化しております/

現在、事業拡大中につき正社員・業務委託・フリーランスなど雇用形態を問わず新しい仲間を募集中です。弊社にご興味のある方は、お気軽にエントリー・お問い合わせをお待ちしております!

▶︎まずはカジュアルにお話ししませんか?
UIデザイナー
グロース中の事業会社で自社プロダクトに挑戦したいUIデザイナーを募集中!
株式会社WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」等、成長企業の経営管理支援を目的としたサービスを提供しています。 <各事業・サービスの詳細> ■経営管理部門のハンズオン支援 成長企業の経理財務・資金調達等、経営管理にまつわる課題に対し、事業理解の深いプロフェッショナルによる徹底したハンズオン支援を展開しています。 ■M&Aアドバイザリー 成長企業のM&A業務を代行。M&A戦略立案・ロングリスト作成・アプローチからクロージングまで、ベンチャー・スタートアップ業界のネットワークを活かして実行支援します。 ■ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」 経営管理部門のハイクラス人材に特化した人材紹介サービス。成長企業のCFO、管理部長、常勤監査役などの求人と、ハイクラス人材のマッチングをご支援します。 ■経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」 経営管理部門特化の転職サービス。候補者・企業が互いに「よく分かる」ことを目指し、デジタルプロダクト×専門コンシェルジュの力で、エビデンスのある転職を実現します。 ■WARC LIGHT税理士法人 創業期のスタートアップへの記帳代行(経理支援)・税務顧問から、上場企業のM&A・組織再編に係る税務ストラクチャーの構築まで、幅広い会計税務サービスを提供しています。
株式会社WARC
カスタマーサクセス・事業企画
経験不問!カスタマーサクセスを軸に事業企画にも挑戦したい方Wanted‼︎
株式会社WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」等、成長企業の経営管理支援を目的としたサービスを提供しています。 <各事業・サービスの詳細> ■経営管理部門のハンズオン支援 成長企業の経理財務・資金調達等、経営管理にまつわる課題に対し、事業理解の深いプロフェッショナルによる徹底したハンズオン支援を展開しています。 ■M&Aアドバイザリー 成長企業のM&A業務を代行。M&A戦略立案・ロングリスト作成・アプローチからクロージングまで、ベンチャー・スタートアップ業界のネットワークを活かして実行支援します。 ■ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」 経営管理部門のハイクラス人材に特化した人材紹介サービス。成長企業のCFO、管理部長、常勤監査役などの求人と、ハイクラス人材のマッチングをご支援します。 ■経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」 経営管理部門特化の転職サービス。候補者・企業が互いに「よく分かる」ことを目指し、デジタルプロダクト×専門コンシェルジュの力で、エビデンスのある転職を実現します。 ■WARC LIGHT税理士法人 創業期のスタートアップへの記帳代行(経理支援)・税務顧問から、上場企業のM&A・組織再編に係る税務ストラクチャーの構築まで、幅広い会計税務サービスを提供しています。
株式会社WARC
株式会社WARC's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings