1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

スタートは4月じゃない! 21卒内定者の「フライング」を大公開!

こんにちは、採用広報です!

大学3年生の皆さんは、インターンを始めた頃でしょうか?

GrowingWayには、内定者が入社後すぐに活躍できるよう、入社前から動き出す「フライング文化」というものがあります。

着手のスピードを早めて、始まる前からそのことに取り組む姿勢を「フライング」と呼んでいます。

特にGrowingWayの社員は、「この会社に入れば成長できる」という受動的な成長ではなく、自ら成長しにいく自主性を持ったメンバーが多く在籍しています。
早くから成果を出して活躍するために、「フライング」を心掛けています。

それは来年入社予定の21卒メンバーも同じです。
インターンとして入社する前から、読書習慣やマインドセットを身につけたり、積極的に社員とTwitterで話したり「フライング」をしていました。

今回は、採用広報チームの水野と、21卒内定者で「フライング」を体現している3名とで対談いたしましたので、その様子をお伝えいたします!


なりたい姿を教えてください

水野
事前に聞いた「なりたい」で、すごく興味を持ったのは加藤くん。
GrowingWayのミッション「熱量や自主性を持って働く人を増やし、活気に満ち溢れた社会に」と、すごく近いですよね。
「多くの人が熱量持って働けるように行動し続ける人」なりたいと思ったきっかけを教えてください。

加藤 
就活中に高校の同期とご飯に行ったんです。
そこで同期の「やりたいことを仕事にしたい、熱量持って働きたい」っていう相談に乗った時に、「こういう人を増やしたい」と思ったのがきっかけです。

もちろん、自分自身も熱量持って働きたい気持ちが強いです。

水野
末武さんは「お父さんに認められる社会人になる」って言ってましたが、お父さんすごく厳しい人ですか?

末武 
お父さんは昭和っぽい人だから、厳しいです。笑
今は学生でお世話になっている状態だけど、社会人になれば同じ立場で話せるかなと思っていて。

元気なうちにお酒飲みながら話したいのでお父さんが70歳になる10年以内には、認められる社会人になりたいです!

水野
その10年大事ですね。
フジカワさんは「編集長」。

フジカワ 
ずっと「編集長」って言ってますよね。
雑誌が好きなので、最終的には紙媒体で書きたいです。
雑誌を通じて自己表現して見たいと思ったのがきっかけでした。

でも最近は、WEBメディアもいいなって思ってます。

末武 
みんな、すごいですよね。
内定決める前に2人のTwitterを見てたんですよ。
こんな同期いるのすごいなって思って、内定を決めるきっかけにもなったので2人に尊敬しかなかったです。

フジカワ 
末武や他の21卒のインターン生も最近ずっと褒められてて、21卒が褒められるのは嬉しいです。

加藤
末武は、この前の全社会のプレゼンめっちゃ良かったらしいね。

水野 
末武さんのすごさは、プレゼンを3分ぴったりで終わらせたことで証明されましたね。

末武 
それは奇跡です。笑

会社選びの軸はなんですか

水野 
フジカワさんの「people」
これもずっと言ってるよね。具体的にどんな人と働きたいと思っていたんですか?

フジカワ
うーん……
この人と一緒に働いたら、自分の未来が明るくなったり、刺激をもらえると思える人。
でも「一緒に働いたら楽しいだろうなぁ」って感じたのは大きいと思います。

永山さん(弊社代表)に会って、「一緒に働きたい」って思いました。

水野 
加藤くんの「採用に関する事業を行っている」っていうのは、なりたいにつながっているんですか?

加藤 
熱量持って働く人を増やすっていうのは、キャリアコンサルタントが想像しやすいですよね。

でも実際に働くことを考えたら、採用課題から関わっているところの方が将来に生かせると思って入社したいと思いました。

水野 
末武さんも会社選びの軸に「働くは楽しいを実現できる」って入れてるよね。

末武
就活イベントで、自分をプレゼンした時のスライドにこれを入れていたんです。
GrowingWayを知らないのに、永山さんにプレゼンしてました。

弘前から東京に出た時に、初めていったベンチャー企業の就活イベントで「働くを楽しいと実現できている人は6%しかいない」って聞いて、わたし「その6%に絶対なる」って思いました!

水野 
「チームでの経験を通して自分の視野を広げることができる」っているのは、大学の探検部の経験が強かったりするんですか?

末武
それもあるんですけど……
私、もともとは1人でなんでもやっちゃうタイプでした。

でも独りよがりで爆発力ではないなと、高校生の時に感じたんです。

他の人の意見を取り入れるのは苦手だったんですけど、周りの声も聴きながら、でも自分の意見もしっかり言っていくのが最終的な成果として1番大きくなるなって思ったんですよね。

これは大学の探検部の経験もあります。けれどそれ以上にチームで動くことが苦手って思っているので、GrowingWayでチームの動き方を経験するべきだなって思いました。

水野
GrowingWayはチームだもんね。
リモートだけどインサイドセールスのチームに溶け込めてる?

末武
それはもう!
家族みたいに思ってます!

フジカワ
末武は妹だよね。笑

水野
フジカワさんもチームで働きたいって思いはありましたか?

フジカワ
チームで働きたいとは思っていなかったです。
自分にはフリーランスが向いていると思っていました。

私も、なんでも1人でできると思っていたし、チームで働く楽しさとか実感したことなかったですね。
でも、GrowingWayに入ってから気づきました。

カスタマーサクセスチームは、協業力というか、助け合いが多いのでチームワークの良さを強く感じています。

水野
加藤くんは?

加藤
僕はずっとサッカーなんで、チーム以外ありえないですね。

末武
さすが!

水野
内定承諾する時に迷いはありましたか?

加藤
ないです!
ダントツでGrowingWayですね。

他とは比べ物にならなかったです。
会社選びで、ミッションへの共感も重視していました。
他の会社は「わかるわかる」ぐらいなんですけど、GrowingWayのミッションを知って「ここしかない」と思い決めました!

フジカワ
私は、インターン探しているときは、たくさん迷っていました。
でも、GrowingWayを知ってから決めるのは早かったです。

インターン始める前は、会社に対して何ができるか不安でした。

カスタマーサクセスは立ち上げ段階だから、何するかも決まってなくて、何ができるのかわからないまま入って……

入社後すぐに亘さんのMVP発表を聞いて、刺激を受けて「負けたくない」と思ってからどんどん仕事もできるようになりました。

末武
さすが!
わたしはリモートでインターンだから、メンバーの1人として認識してもらえるか不安だったので、積極的に自分から絡むようにしてました。笑

学業との両立もできるか不安だったんですが、全然うまくいかないです!
部活・インターン・就活支援団体・卒論の4つのバランスが難しいです。

今は6月よりマシになった感じです。笑

加藤
確かに!
部活がコロナの影響でスケジュールが決まらなくて……

決まったと思ったらインターンとまるかぶりになっていました。

社会人になったら、プレーヤーとしてサッカーに関わろうとは思ってないので、学生のうちに思いっきりしたいと思いました。

末武
え!サッカーしないの?

フジカワ
したらいいのに

水野
みんな誘ったら飛んでくると思うよ?

加藤
じゃあ、やっちゃいますか!笑

社会人のスタートラインはいつですか


水野
「GrowingWayに入るぞ」って思った、スタートラインっていつですか?

加藤
内定承諾した日。

末武
内定承諾の次の日。

フジカワ
最初はフライングしてる意識はなかったなぁ。

周りの友達が就活しはじめて、自分が会社に勤めてるって意識しはじめてからだから、4月ぐらいかもしれない……

フライングって「#flyingway」ができてから、聞くようになった気がします。
21卒内定者のLINEグループができたのいつだっけ?
あー!3月29日だ!

末武
その前から加藤とフジカワが、Twitterで話してなかった?

加藤
「21卒の内定者で集まりたい」ってツイートしたら、そこにフジカワが反応してきたから……

フジカワ
でも、末武も反応してるよ

末武
本当だ笑

インターンとして入社前にしていたこと

水野
加藤くんと末武さんはインターン始める前からすごい本読んでますよね。
読書習慣は身につけたいと思ったんですか?

末武
わたし、本読む習慣はなかったんです。

でもGrowingWayのみんな本読んでますよね!
わたしも、まずは形から入ろうと思って、内定の次の日に本を買いました。

加藤もたくさん読んでるよね。

加藤
二十歳の誕生日に先輩から本をもらってから「本っていいな」と思って、読むようになりました。

末武
加藤はインスタで読書記録つけてるんだけど、読み方うまいよね。

内容の吸収の仕方がすごいと思う!

水野
フジカワさんは結構読む?

フジカワ
ビジネス本は、全然興味なかったです。
でもGrowingWayに入ってから、面白いと思えるようになりました。

水野
加藤くんはインターン始まる前から、壁にマインドセット書き出してたよね?

加藤
今も貼ってます!
マインドセットの装着ってすごく大事だなと思って

「遠慮不要・生意気歓迎」とか大事にしてます。
質問していいか躊躇しちゃう気持ちって本当にいらないと実感しました。

考え方は確実に自分ですぐに変えられるので、今の段階でもマインドセットが大事だと思いました。

末武
わたしも、今もここに貼ってますよ!

フジカワ
私も貼ろうかな。笑


水野
インターンを通して、働くことは楽しいと思えましたか?

加藤
「働くこと」っていうとアバウトだけど、できることが増えると「嬉しいな」と思えるようになりました。

ただ6月の1番最後までアポ取れなくて、数字は怖かったです。

末武
6月は正直、辛いことが多かったです。

でも、それを乗り越えられたのはメンバーと関わることを増やしたりだとか、フィードバックを増やして1人で悩んでもどうにもならないと思えました。

どうにもならないことを伝えたり、わからないことをSlackで全て聞くようにしました。振り返ってみるとインターンして良かったなって思います

フジカワ
楽しいしかないです!

好きなことに夢中になっちゃう性格なので、いろんなことをマルチにやるのは苦手なんです。

今、やってみたいことがたくさんある中で、働くってことに夢中になれているので楽しいんじゃないかと思います。

末武
みんなすごいよ!
入ってから毎日20回ぐらいすごいって思ってる。

どのメンバーも関われば関わるほどすごいと思うし、もっと知りたいです。


水野
加藤くんは6月でGrowinWayのインターンをやめたけど、インターン続けるかは迷ったりしましたか?

加藤
すごく迷いました。
できればインターン続けたかったんですけど、学生のうちはサッカーを優先したかったので、両立は無理でした。

末武
何が1番か決めるの難しいよね。

水野
GrowingWayは、それぞれの選択を尊重してくれるのいいよね。

加藤
本当にそれ感じました。

これからどんなことしたいですか?


水野
フジカワさんと末武さんは、今後はできることを増やしたいって言ってたよね。
どんなことをしてみたいんですか?

フジカワ
お客さんの「こうしたい」って思いを形にしてあげることが、できるといいなと思っています。

プログラミングとかやってみたい!
今はクリエイティブ面を評価してもらえているので、クリエイティブスキルをさらに強化していきたいです。

末武
わたし、オールラウンダーになりたいんです。
今は「できないこと」をできるようにしたいって思いが強い。

新事業を作る取り組みで、チームでゼロから企画して実現に選ばれる企画がGrowingWayに入ってから1番楽しかったです。

スライドは作るのはもともと得意だったけど、発表は得意じゃなかったんですよ。

でも、発表したらみんなに褒めてもらえて、自分が苦手と思っていることでもやってみたら案外できることかもしれない。

できることも幅広くしたいし、できないことはなくしていくことに越したことはないです。

自分に向いてることも、向いてないことも全部やってみたい。そこに関しては貪欲です!

水野
加藤くんは「人事とコンサル」と言ってたけど、具体的にどんなことなんですか?

加藤
インサイドセールスがどうってことじゃないんですけど、もっと働く人の課題を近くで解決できる場所で働きたいと考えています。
今後のGrowingWayって考えると、人事やコンサルをやってみたいです。

水野
お客様に対して、提案していくような影響を与える仕事がしたいって感じですか?

加藤
その方が向いてると思っておもってます。

フジカワ
カスタマーサクセス向いてるかも……!

末武
人事も向いてそう!
GrowingWayって目指していることは全然違うけど、全力で走っててすごいです。!

まとめ

GrowingWayは「成長はあくまで結果論」と考えています。
今、目の前にあることを真剣に取り組み、成果を出すことで結果的に成長します。

そもそも社会人に、スタートラインはありません。
学校は4月に入学して一斉にスタートですが、GrowingWayはインターン生として社内で活躍することもできます。

インターン以外でも、入社後に活躍するための情報収集やビジネス書の読書習慣をつけること、業界知識を身に付けることなども十分にフライングです。

無理なく自分の「なりたい」に近づけるフライングをしてみてください!

株式会社GrowingWay's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more