This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

IT業界、社会人、営業職。オール未経験で入社した、髙岩佳織が感じたプラウドルークとは?

皆様、こんにちは。プラウドルーク採用広報です。当社、プラウドルークをもっと良く知って頂くために、社員インタビューリレーをスタートします!当社の魅力をどんどん知ってもらう機会にしたいと思います。記念すべき第一回目は、営業職の髙岩さんに協力頂きました。IT、社会人未経験でプラウドルークに入社したきっかけ、及び現在のご活躍までお聞きしました!




髙岩 佳織(たかいわ かおり) 19歳 社歴10ヶ月

現在アソシエイトとして、営業活動に従事。


ー髙岩さん、今日はインタビューのご協力ありがとうございます。

髙岩:いえいえ、こちらこそよろしくお願い致します。

ー求人の取材などにも積極的に協力頂き、大変感謝しております!

髙岩:良い人材が採れるのであれば、全力で協力致します!

ーありがとうございます!ではまず、髙岩さんの現在の会社でのポジション、業務内容を伺えますでしょうか?

髙岩:営業職として、エンジニアと企業のマッチングサービスの営業活動をしております。IT課題を抱えている企業様、またIT人材不足に悩まれている企業に向けてマッチングした自社エンジニアをご提案させて頂いております。現在は10名のエンジニアと、クライアント60社を担当しております。

ー髙岩様は新卒入社でしょうか?

髙岩:いえ、中途入社です。高校卒業後、医療関係で受付の仕事に就いておりましたが退職し、2018年6月にプラウドルークに入社しました。

ーまだまだお若いですね!プラウドルークはどこで知ったのでしょうか?

髙岩:私は当時掲載されていた求人広告を見て応募しました。でもその時の募集は、「エンジニア」の募集だったんですよね(笑)。求人原稿を見た時にスタッフの皆さんの笑顔がとても自然で、なぜかすごく印象に残っていたんですよね。それで思い切って、応募をしてみました。

ーその転職活動中はどのような軸で、企業を探していましたか?

髙岩:風通しの良い会社という軸ですね。前職は短期で退職をしてしまったので・・・。上司に意見が言える環境や、何かあればすぐに相談が出来る仲間がいるかどうかを重視して企業選びをしていました。

ーエンジニアとして応募をされたのに、営業職になったきっかけはありましたか?

髙岩:面接を通してお話をさせて頂く中で、私自身がエンジニアとして就業するのは難しいのかなと率直に思うことがありました。ただその時に、営業というポジションがあると打診を頂きました。私自身がまだ社会人経験も浅かったので、ビジネスマナーや社会人としての一般常識などを身に付けるにはピッタリな環境だと感じましたね。あとは自分の努力が結果として、そのまま数字に現れる仕事であることも魅力的でした。

ー入社の意向が上がったポイントはどこにありましたか?

髙岩:面接を通して、プラウドルークの風通しの良さを感じた時ですね。例えば会社案内にしても、面接の対応にしてもとてもフランクに接してくれる点にとても好感を持てました。私が不安と思っている点にフォーカスして、そこを払拭してくれるように面接が進んでいくので話せば話すほど入社の意向が高まって行きましたね。

ー面接ではどなたとお会いしましたか?

髙岩:代表の萩原です。プラウドルークの事業としてのビジョンや人との接し方など学ぶ事が多く、ぜひ一緒に仕事をしたいと率直に感じました。

ー素晴らしいですね。実際にIT業界に未経験で入社することに対して、不安などは無かったですか?

髙岩:はい。IT業界での経験もなく、また社会人経験も全くない私でも面接を通して成長出来るという自信を付けることが出来ました。また私と同じ様な未経験入社の方でも、エンジニアとして活躍されている方が多数いらっしゃったので安心して入社を決める事が出来ました。




ー未経験から入社して、身に付いたスキルや考えを教えてもらえますか?

髙岩:ビジネスマナーを学び、社会人としての基盤を作ることが出来ました。とにかくいきなり営業手法や新規開拓の方法などを学ぶのではなく、ビジネスパーソンとしての基礎を作ることを重視して研修を重ねていけました。また営業活動においては、シチュエーションに沿った提案方法などを体系的に学ぶことが出来、現在の実績につながっています。

ー選考中には気付かなかった、入社後のギャップはありましたか?

髙岩:営業活動における苦労でしょうか。数字や結果で見られるという点以外にも、エンジニアという人を軸に営業活動をする難しさは、入社前のイメージよりも強く感じました。担当エンジニアの希望に100%添えない事、とつじょ連絡取れなくなる事もあったり・・・。ただそれが自身の成長に繋がることと、ポジティブに捉えています。

ー営業活動で忘れられないエピソードはありますか?

髙岩:入社5ヶ月目、一人目のエンジニアの稼働につながった時ですね!研修を終えて、現場に営業活動に出てもなかなか結果が出せず悩んでいました。諦めずに、そして先輩達の意見をしっかりと受け入れながら活動を継続してなんとか一人目が決まった時は、それまでの苦労を忘れるくらい喜びましたね。ああ、アソシエイトの醍醐味ってこれなんだなって。自分の努力が結果として、会社の売上数字に繋がるって素晴らしいなって、自画自賛しましたね(笑)。

ーその時に諦めなかった結果が、今につながっているんですね!最後にこのインタビュー見ている求職者に一言お願いできますでしょうか?

髙岩:私自身、IT業界はもちろん社会人、ましてや営業職に関しても未経験で入社しました。オール未経験ですね(笑)。でもそのような方たちを受け入れる環境が、プラウドルークにはしっかりと用意されています。とにかく社会人としてデビューしたい方未経験からIT業界での活躍を目標にされている方にはぜひ当社にも興味を持ってもらいたいと思います。風通しの良い環境を求め、チャレンジ精神に溢れた方たちと一緒にプラウドルークを盛り上げましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ19歳という若さで、エンジニアと企業のマッチングという企業の軸となるポジションを任されている髙岩さん。人懐っこい笑顔やエネルギッシュな姿が印象的にでした。経験やスキルではなく、人物重視の選考・採用をプラウドルークは続けてまいります。また次回、社員インタビューでお会いしましょう!

株式会社プラウドルーク's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more