1
/
5

ユーザビリティテストを使ったUIリニューアル(前編)

2019年8月にリリースした婦人靴向けパーソナルフィッティングサービス「YourFIT 365」ですが、2020年6月にUIをリニューアルしました。リニューアルに向けては「ユーザビリティテスト」を実施し、その結果をUI設計に落とし込んでいきました。今回はこの「ユーザビリティテスト」についてお伝えさせていただきます!

- IM Digital Lab(アイムデジタルラボ) ホームページ
- 婦人靴向けパーソナルフィッティングサービス YourFIT 365
- 紳士靴向けパーソナルフィッティングサービス YourFIT 365 Men's

■ユーザビリティテストとは?

UIをリニューアルにあたり、システムの使い勝手や使用感の課題を確認する必要があります。そのための代表的な手法がユーザーインタビューとユーザビリティテストです。

まず、ユーザーインタビューは、プロダクトや商品にまつわる質問をして回答する手法です。プロダクトがない状態でも使えるため、開発前のニーズ調査の段階でも使えます。もちろんプロダクトの改善時にも使えますが、想像して回答することになるので、実態と異なることもあります。

一方で、ユーザビリティテストは、実際のプロダクトや商品を試してもらう手法です。Wikipediaには「ユーザビリティテスト」について以下のように記載されています。

ユーザー中心設計のインタラクションデザインにおいて、ある製品を評価するために実際にユーザーにその製品を試してもらう手法のことである。他の方法では得られない、「ユーザーたちが実際にどのようにシステムを扱うか」という直接的な知見が得られる。

一般的なのは、ユーザーにプロダクトを使用してもらい、その様子を横から見ている手法です。ただ、そのままではユーザーが「何を考えて操作したか」がわからないため、考えていることを独り言のようにつぶやきながら操作をしてもらいます。こういった手法を「思考発話法ユーザビリティテスト」と呼びます。

ユーザビリティテストはユーザーの実体験を調査するため、こちらが事前に想定していない使い方がわかったり、思いもよらないところで躓くことが分かったり、新たな知見を得られるのです。

■なぜユーザビリティテストをするのか

今回、YourFIT365のUIリニューアルでは、お客様が使うスマホアプリについてユーザビリティテストを行い、課題を調査することにしました。

今回のリニューアルの目的は、お客様がご自宅にいながらスマホアプリで靴を購入しやすくすることでした。サービス開始から半年以上が過ぎ、計測済みのお客様が新しいシーズンにむけて靴を買いたくなる時期です。この際、店頭に来店することなくスマホアプリで購買できれば、お客様にもメリットがあります。

実は、2019年8月にYourFIT365をリリースするとき、事前にユーザー調査を行わずにスマホアプリを作りました。理由は単純で、時間がなかったからです。YourFIT365は3D計測機を使った新たなサービスだったため、店頭でのUXを完成させることが最優先でした。販売員が使うタブレットアプリについては何度もユーザビリティテストをしたのですが、残念ながらお客様に対するテストをする時間がとれませんでした。

そこで今回は、すでにリリースしているスマホアプリを利用し、ユーザビリティテストを実施することで、じっくりとUIの見直しをすることにしたのです。

■YourFIT365におけるユーザビリティテスト

ユーザビリティテストを行う上で、こだわったのは被験者と場所です。

ユーザビリティテストで重要なのは、被験者のリクルーティングです。幸いなことに、YourFit365がターゲットとしているユーザー属性に近いが、まだ利用されたことがない方を探し出すことができました。

次に場所です。スマホアプリのユーザビリティテストを行うとき、多くの場合はユーザビリティラボと呼ばれる専用の部屋にユーザーを招きます。ラボではカメラがきちんと設置されていたり、アイトラックなど専用の機材があるものです。

しかし、YourFit365は、店頭が前提となるサービスです。ラボでは正しい体験ができません。ただ、営業中の店頭でテストするとなると撮影などをすることが困難です。

そこで、販売員にも協力してもらい、被験者となったお客様を閉店後の店頭にお招きすることにしました。そこでは実際の購買を体験いただき、さらに自宅を想定した使い方を確認しました。事前に5つのテストシナリオを作成し、お客様に各シーンで感じたこと/考えていることを話しながら、その様子を記録することができたのです。

5つのテストシナリオと実際のユーザビリティテストのシーン


■まとめ

今回は2020年6月に実施したYourFit365のUIリニューアルについて、そのプロジェクトの前提となる「ユーザビリティテスト」についてお伝えさせていただきました。次回は実際に改善されたUIについて紹介させていただきたいと思います!

今後もお客様に「素晴らしい購買体験」を提供すべく、お客様からのご意見を大事にしていきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)'s job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more