1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【インタビュー】「ベンチャーらしさが光る点に魅力を感じた」。親会社の代表が語る、CRESTへの大きな期待感

2018年3月に設立された株式会社CRESTは、2019年11月にポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社を引受先として資金調達を行い、この増資に伴って同社の連結子会社となりました。

今回は、CREST代表のひとりである三上とともに、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社の代表取締役社長である橘鉄平氏をお招きし、CRESTとの出会いから子会社化を決断するまでのこと、さらにCRESTとどんな未来をつくり出す可能性を描いているかを聞きました。

――ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスは、どのような事業を行っているのですか?

橘:当社は2009年にポールトゥウィン株式会社、ピットクルー株式会社の2社による株式移転により設立され、2011年に現社名となりました。主な事業内容としては、ポールトゥウィンはゲームやソフトウェアのデバッグ事業を行っていて、ピットクルーはインターネットコンテンツのモニタリング業務を行っています。私は2004年にポールトゥウィンに入社し、2009年頃から新拠点の立ち上げを主に行ってきました。現在は国内の主要都市だけでなく、アジアや欧米など10ヵ国18拠点にオフィスやスタジオがあります。

海外ではポールトゥウィン、ピットクルーのどちらの事業に偏ることもなく、これまでの事業を軸に取り組める事業であれば広くチャレンジしています。

――CRESTと橘さんの出会いは?

三上:設立から半年くらい経った頃でしたね。2018年の9月頃でしょうか?

橘:そうですね。最初からすごく出資してほしそうな感じで(笑)。

三上:まだ売上も立っていないような状況だったのに、お金くださいというような…(笑)。

橘:(笑)。でも、当社としても色々と考えている時期だったんです。事業としては順調に回っているし、従業員を増やせば拡大することもできる。でも、そういった現状維持は会社の成長戦略的に正しいことなのか? って、悩んでいたんです。

ゲーム業界についていえば、ゲームのメーカーはどんどん増えていますが、予算をかけられる会社はごく少数。であれば、アニメでいう「製作委員会」方式のように取り組めないかと考えていました。そこへ当社のサービスを提供して、生み出されたIP(知的財産権)コンテンツから利益を得ることができれば、当社の戦略的にもよいのではないかと思っていたんです。

三上:実際に連結子会社化が決まるまでも、かなり長期間お話をしましたよね。投資が決まる前から社内でいろいろなお話を聞かせてもらったこともあり、お互いの会社や事業に対する信頼感はしっかり築けたのかなと感じています。数字としては、まだまだゼロに近いようなCRESTに対して将来性を感じていただけたことはうれしいです。

――CRESTとのシナジーが期待できると感じたのは、どんなところですか?

橘:彼らのスピード感が大きかったですね。その都度相談を受けて「出資するかしないか」という関係で付き合っていくよりも、一緒になったほうがお互いのやりたいビジネスのテンポに合うだろうと感じました。さらに当社としては、一般的なM&Aで既存のチームをチューニングしていくよりも、既にビジネスの動いているCRESTと組めば、そこからすぐにビジネスチャンスにつなげることができるわけです。

三上:CRESTにとっては資金面ももちろんですが、25年間事業を行ってこられた企業のリソースや知見、ノウハウというのも大きなメリットになったと感じます。

また、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスには、既に海外に拠点があるというのもCRESTにとってはすごくありがたくて…。今後、海外に拠点をつくって進出していくフェーズになったときに、全てゼロからのスタートだと大きなキャッシュが必要になるかもしれません。拠点が既にあるというのは大きいです。

橘:それから、スピード感という点についていうと、やはり当社は創立から数えると25年を超えて、上場もしていますし、良くも悪くも「安定」していたんですね。事業は成長していても、ベンチャーじゃなくなったな、と感じることが増えて。

CRESTは対照的に、「どベンチャー」なんですよ(笑)。アニメとゲーム、それに韓国とのつながりといった三上さんと梁さんそれぞれの強みがうまくマッチしていて、そこに「今、この絶好のタイミングでビジネスを成功させるんだ!」というベンチャーらしさをすごく感じました。絶対関わりたい! って思ったんです(笑)。

――CRESTのこれからに期待していることは?

橘:すぐに上場しろ! なんてことは言いません(笑)。これから人を増やしていくにあたって、いろいろな人が入ってくると思うのですが、例えば10年後にどこまで事業領域を広げているのか、新たにジョインする人たちが、どんな風なCRESTを作っていってくれるかが楽しみです。ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスとの連携もどんどん活用して、成長していってほしいですね。

(ライター:藤堂真衣、編集:サカイエヒタ、撮影:土田凌)

株式会社CRESTでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社CREST's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings