This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

愛される新サービスへ。事業立ち上げの想いとは?

こんにちは!キッズライン採用担当の小野です。

キッズライン社のことをより知っていただくため、メンバーやその仕事について紹介していく企画第2弾!今回は、昨年ローンチしたキッズラインの新規事業、家事代行サービスの立ち上げにかかわり、現在もチームをぐいぐい引っ張っている瀧本さんに、立ち上げの想いとチームの様子を聞いてみました。


【プロフィール】

大学卒業後、公益財団法人 日本漢字能力検定協会で校正・校閲者として6年在籍。検定問題編集業務に携わり、設問改定プロジェクト(2級、準2級)のリーダーとして設問策定から問題実施、運営を行う。

結婚を機に退職し東京へ。専業主婦生活を経て、2017年9月にキッズラインにジョイン。


言い訳をせず、&(アンド)を選び、最高のパフォーマンスを

小野:まずは、入社以来どのようなお仕事を担当されてきたのかと、新規事業チームにジョインしたきっかけを教えてください。

瀧本:そもそも私がキッズラインに入社したのは、在宅ワークの募集が出ていたからなんです。働き始めた時は前職での経験を活かし、フルリモートで記事や本の執筆を担当していました。そこから徐々に業務の幅を広げていったんです。その内に、出社できるようならもっと幅広く業務をお任せしたいとお声がけいただいて、出社するスタイルになったのですが、在宅の時に関わっていたのがサポーターチーム(サポーターさんの採用やCSを担当しているチーム)の仕事だったので、引き続きサポーターチームとしてCS業務を行うことになりました。なので、「この仕事がしたい」というよりはキッズライン自体が好きで、仕事内容は自分ができることをやっていったら成り行きで決まっていった感じですね。

ですが、新規事業は自分で手を挙げてジョインしたんです!ちょうど新しい仕事をしてみたいと思っていたタイミングに、社内のメンバーを集めていると聞いたのがきっかけでした。

とはいえCSの仕事をすべて引き継いでというのは難しかったので、CSと新規事業の兼務という形で関わりました。

小野:CSと新規事業の兼務は、考えただけでも相当大変そうですね…。

瀧本:正直、私も業務バランスや進め方などに悩んだこともありました。

でもその時に社内のミーティングで、社長が「どちらか、ではなく”&”の人生を選ぼう」という話をしてくださったんです。それを聞いて、自分自身の至らなさを痛感するとともに、言い訳をせず”&”の道を選び、最大限のパフォーマンスを出そう、と覚悟を決めました


試行錯誤を繰り返し、愛される家事代行サービスを目指す

小野:11月にローンチした家事代行サービスですが、2か月経った今の状況はどんな感じでしょうか?

瀧本:家事対応できるサポーターさんも、家事代行を使っていただけるユーザー様も順調に増えてきていています!が、まだまだやらなければいけないこと、やりたいことはたくさんあるといった感じですね。

日々サービスについて考えていますが、その時に大切にしていることは利用者様もサポーターさんも幸せになる施策を考えることなんです。ついついユーザーサイド(キッズラインでいう親御様)に視点が偏りがちなのですが、働き手であるサポーターさんが幸せに、より長くキッズラインで活躍いただけることもすごく重要だと思っています。

そんなことを考えながら、キッズラインらしくて愛される家事代行サービスになるよう、チームで試行錯誤しています

             (家事代行サービス立ち上げメンバー)


小野:家事サポートチームは事業立ち上げ期は育休インターンも多かった中、コミュニケーションを密に取っていて、すごく団結力があるチームですよね!

瀧本:本当にそうなんです!

チームに関しては、家事代行チームのリーダーとの出会いが本当に奇跡でしたね。これまで20回以上新規事業の立ち上げに関わり、取締役など歴任されてきた中での知見からたくさんアドバイスをいただいたことに加えて、メンバーへのフォロー力が抜群で。チームとして成長は心理的安全性があるからこそ、ということを身に染みて感じました。

そんなリーダーと一緒に仕事を進められたことは、すごく勉強になりましたし刺激を受けました。これからメンバー間の連携をより強固なものにし、各々がモチベーション高く、ワクワクするような”いい仕事”をできるような環境づくりをするのが今の私のミッションと感じています。

              (家事サポートチームリーダーと)


圧倒的な裁量権の中で、役割を超えて動ける人を求めています!

小野:家事サポートチームでは、一緒に事業をさらに大きくしていく仲間を募集しているんですよね!ずばり、今、家事サポートチームにジョインするメリットは何でしょう?

瀧本:ずばり、裁量権の広さです!

キッズラインは他チームの仕事でも裁量権は広い方だとは思いますが、家事サポートチームの仕事は「ここまで任せてもらって大丈夫・・・?!」とドキドキするくらい(笑)。

あとは、知恵を出し合ってサービスを一から作り上げて育てていく醍醐味はまだまだありますね。エンジニアと密に協力し、スピード感をもって時流に合わせた柔軟な対応ができています。

また、失敗を個人のせいにするのではなく、組織や仕組みの見直しの機会であると捉える雰囲気があるので、すごくチャレンジしやすい環境です。

小野:やることも多い分、できることも多いんですね!サービスを育てる経験ができるのは貴重ですね。それでは最後に「こんな人と家事代行サービスを盛り上げていきたい!」というイメージがあれば教えてください。

瀧本:大きくは2つあります。

まずは何よりも「スピード感のある人」です。

家事代行サービスはローンチしたとはいえ、まだまだ整えなければいけないことも多いですし、日々いろんなことが起こります。その中で素早く行動し、全体最適を考えて判断できる力はすごい強みになると思います。

そしてもう一つは「役割に制限を設けず、責任感を持って取り組める人」です。

家事サポートチームは、少数精鋭なので業務の幅がすごく広いんです。各人が拾わなければいけない球数が多いというか。なので「私は〇〇担当」といった制限を設けずに、何事にも責任感を持って動ける人だといいですね。

家事サポートチーム一同、お待ちしてます!

株式会社キッズライン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more