1
/
5

現状維持は後退する

こんにちは。クラベスのデザイナーの川嶋です。

今回のタイトル、「現状維持は後退する」です。似たような言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『ディズニーランドはいつまでも未完成である。現状維持では、後退するばかりである』

かの有名な、ウォルト・ディズニーの言葉にもあります。

クラベスも昔は「安定感をだそう!」とした時期がありました。その時のお話も交えて、代表堀内がまとめています。ぜひお読みください。

どーも、クラベス代表の堀内です。

ちょっと煽ったタイトルですが、思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか?

現状を維持することって大変ですよね。 身体の話で言うと、ダイエットなんて一瞬気を緩めれば後退してしまうし、 運動能力の現状維持はもっと難しいと思います。 現状維持のためには相当な努力がいると痛感しています。


同世代の方はわかると思いますが、 体力落ちたなぁなんて感じるシーンありますよね? 体力を維持するためには体力を向上させるくらい努力し続けないと確実に落ちていきます。

一度目標達成した場合も、 そこで満足してしまうと確実に後退していきます。 例えば懸垂10回を目標にして筋トレとダイエットしてたとして、 10回できた〜ってことでやめたら1週間後にはできなくなりますね。


サッカー好きすぎなのでサッカーの話をするのですが、 毎年優勝するような最強チームでもメンバーの入れ替えや小さな戦術変更は必ず行います。
毎年ずっと同じメンバーで同じ戦術のチームは王者にはなれません。 選手の年齢の話もありますし、周りのチームの研究や進化もあります。 (認めたくないですがJリーグではフロンターレ、スペインではバルサとレアル、イタリアではユベントス、ミラン、インテル、イギリスでは…あげたらきりがないですね)


競争がない分野というのはもちろんあると思いますが、 社会の中では基本的に他者(他社)と常に競っています。

クラベスの話をすると 二年前くらいに会社自体が20名近くになり、 今の案件をしっかりこなして、安定感をもたらそう、としました。

しかしそうしたことで、企業内での進化は緩やかになり、 新しい案件は減り、チャレンジできる箇所が少なくなりました。
また、コロナもあって、採用を止めました。
その結果、社員が減り、売上が下がった時期がありました。 私達のような企業にとって、成長をし続けるということがいかに大事で、 その成長が社員やお客様の満足度が高めていくのだということを痛感しました。

堀内自身が大変だから、歩みを止めてしまったんだと、振り返れば思います。 怠慢です。猛反省しかありません。

成長するためにはエネルギーと継続する力が必要です。

お陰様でいろいろな社内施策や会社としてのポリシーを守りながら 会社を9年続けることができました。

今年度は社員が8人増えました。過去最高の数字です。 売上も過去最高になっています。 利益率はまだまだなので、もっともっと質の改善が必要です。

社員全員の成長が質の改善に向けた希望の光となっていきます。

来年度は今期の売上の1.5倍以上が必要です。 なぜならさらに人を増やしていくからです。

変化し続ける世の中で、生き抜くために、成長の力を緩めずに進化していこうと思います。

コンビニエンスストアなどで、色んな会社がコラボ商品や変わった味を出しているのも同じような事かもしれません。 月に一回しかその商品を買わない人を振り向かせるためのアクションです。

私もついつい好きな味、好きな商品で面白いのがあると買ってしまうのですが、 ペヤングの激辛はちょっとやめておきます。 それを横目に普通のペヤングを買ってしまった私はまんまとのせられているのかもしれませんw

改めて、
成長していること、変化していることが常に必要です。


成長に関しての他の記事はこちらから  成長している時こそ成長を感じない


クラベスには学習タイムというものが週に2時間とって良いとしています。 今週からそれを使って輪読会をするチームが出てきました。 進化する組織だと感じることができたヒトコマでした。

これからも前のめりで行くので、どうぞ変わらぬご愛顧を。

新しいメンバーは常に募集中です!

ではまた。

2022.3.10 堀内文雄(孫正義さんの「私が前進しているのである。」は大好きです)

株式会社クラベス's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more