This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【展示会レポート】CBcloud初の関西進出!「第1回 関西物流展」に出展しました!

記念すべき1回目の開催!関西物流展

2019年11月27日~29日にインテックス大阪で開催された「第1回 関西物流展」に出展しました!

本展は関西圏初の物流展で生産性向上や環境改善にスポットを当てた、業界の課題解決や発展を目指すためのもの。

今回が当社初、関西での展示会出展となりました!
本展自体も第1回目の開催ということもあり、会場は多くの人でにぎわっていました!

新しいデザインのPickGoブース!

今回が初の関西出展ということもあり、フリーランスドライバーと荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」を 多くの方に知ってもらうべく、最新版のPickGoブースを作成しました!


ブースに力を入れたおかげで、多くの人が注目してくださり、商談スペースは人でいっぱい。
今回PickGoのデモ機を用意し、初めてPickGoを見る人でも操作方法をイメージできるようにしました!


3日間の出展でしたが、想像以上の反響があり多くの企業様にPickGoをご登録いただきました!

PickGoを知らない人でもすぐに「これは便利!」となるサービスの魅力

今回、3日間展示会に参加したクライアント本部 マネージャーの宮城にインタビューしました!

<宮城 徹也 プロフィール>
平成元年沖縄生まれ。現在はCBcloudで物流版Uberと呼ばれるPickGoと宅配システムSaaSに携わっており、セールス組織全体のマネジメント業務に従事する。
新卒で日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社しアカウント営業として大手通信事業者の5G開発プロジェクトに関わり、電力会社とスマートメータープロジェクトに従事。その後、freee株式会社にてインサイドセールスとして失注顧客のリサイクル、ナーチャリング、クロージング、オンボーディングに従事した後、カスタマーサクセス部の部長として、ミッドマーケット事業部におけるクラウドERPのARR最大化のためのChurn管理やUpsellの最大化に貢献。


ーー今回初の関西出展でしたね!出展した理由を教えてください。

今回はズバリ、PickGoの関西の法人ユーザーの獲得が目的です。
展示会自体も第1回目の開催ということもあり、集客人数も高いだろうと思い出展を決めました。

また、ここ数か月で立ち上がったマーケティング、インサイドセールスの部署と連携し、どれくらい効率的かつ効果的にリードを獲得できるかということを知りたかったという背景もあります。

結果、過去に何回か展示会出展はしていたのですが、今回の展示会がこれまでの出展の中で一番反響がありました。

ーー名刺獲得数もこれまでの平均の2倍以上だったそうですね!どのような企業の来場が多かったのでしょうか?

展示会のタイトル通り物流に関わる企業様が多かったのですが、大手からスタートアップ企業まで様々でしたね。

関西という関東とは異なる土地柄、どのような企業の方が来場されるのかが読めなかったのですが、
実際にお会いして感じたのは、どの企業も配送に課題を抱えられていたという印象を受けました。

ーーPickGoに対する反響はいかがでしたか?

PickGoの案内をしたところ、すぐに興味を持ってもらいました!

ブースやフライヤーを見て初めてPickGoを知ってくださった方が多く、認知度についてはまだまだ伸びしろがあるなと感じましたが、その場でデモを触ってもらい「これ便利だね、使わない理由がない!」とすぐにサービスの良さを共感してもらうことができました。

特に、依頼をして1分以内にドライバーが見つかるという他社に負けない圧倒的なスピード感
依頼したドライバーの現在地、到着までにかかる時間がWEB上で分かる点が革命的と好評でした。

そもそも、配送の手配自体をWEBからおこなうということ自体、これまでの業界ではなかった発想であったため(これまで電話で依頼することが当たり前だった)、PickGo自体が配送に関わる人にとって革新的なサービスなのだと思います。

私自身も実際にPickGoの営業をしていて、多くの方に利便性を感じてもらいやすく、広める価値のあるサービスだなと実感しています。

ーー今回の物流展で「ここはこだわって良かった!」という点はありますか?

2つあります。

1つ目はブースデザインにこだわったことや、コーヒーを配ったりなどの名刺獲得につなげるアテンション施策ですかね。

もう1つは、展示会に参加したメンバーだけでなく東京本社にいるメンバー含めて事前に役割分担を行って、名刺獲得だけで終わらないようにしたこと。

展示会の会場でPickGoに登録して直ぐに利用できるよう、展示会当日東京本社内にいたインサイドセールスとの連携をこまめにおこなうようにしました。展示会後のフォローも手厚くし、PickGoのことをすぐに思い出してもらえるよう工夫しました。

また来年の10月にも展示会が開催されるようなので、もし出展することが決まった際には今回の良かった点を次回にも活かせればと思っています!


PickGoのセールスは「売って終わり」じゃない

ーー3日間、本当にお疲れ様でした!宮城さんの管轄であるフィールドセールスは展示会だけにとどまらず様々な施策で、これまでPickGoのファンを増やしていると思います。改めてフィールドセールスの面白さ、やりがいについて教えてください!

当社のフィールドセールスの一番の魅力は、「売って終わり」ではない点ですね。

よくあるパッケージ型のサービスだと、ユーザーに購入してもらえたら別のユーザーへ…となるケースが多いですが、PickGoはそうではありません。

なぜなら、PickGoは1つの店舗や拠点からアカウントを登録して利用することができるため、同じ企業内でも別拠点で配送のニーズがあれば、更に利用してもらえる可能性が高まります。そのため大企業の場合、別拠点に横展開した結果、最終的には全国の拠点で利用していただけるケースもあります。あとは業界によっては物量が増える時期があるため、そのタイミングに合わせてPickGoで配送の依頼をしていただけるよう、こちらからアップセルをすることも重要になってきます。

また別サービスへの展開ができる点も大きな魅力です。

これまでPickGoの話を中心にしていましたが、当社が運営・開発している、宅配業務効率化ソリューション「LAMS」など、別サービスの提案が同時にできる点も大きな魅力となっています。

今、宅配業務はECや再配達など配送ボリュームが増大し社会課題になりつつあります。

例えば、宅配に精通したドライバーを確保できず困っている企業に対して、初心者ドライバーでも高いレベルの配送効率を提供できるのが宅配業務を改善するSaaS、LAMSになります。PickGoを使うことで配送リソースを提供し、業務効率化をLAMSで行うというマッチングプラットフォームとSaaSを組み合わせて提案できるのは、当社ならではの強みだと感じています。

ーー別サービスと組み合わせて提案できるため提案の幅が広がるのですね。最後に、これからどんな方と一緒に働きたいか教えてください!

積極的に新しいことにチャレンジしたい人と一緒に働きたいですね!

フィールドセールスは、別の拠点への展開など、新たなビジネスチャンスを探して動かさないといけません。また、時には荷主となる企業の課題を知った上でプロダクトを変えていくためのアイディアを考え、社内に提案する必要があります。逆を言えば、プロダクトと配送現場のリアルなオペレーションも同時に考えるので、今までにない物流サービスを生み出すことができます。今他社とアライアンスを組んで様々な取り組みに挑戦していますが、「もっとこうしたら荷主が便利になるのではないか?」ということを常に考えて自ら手を動かせる人と一緒に働きたいです!

ーーありがとうございました!

「新しいモノの流れ」をつくる!世の中にインパクトを残す取り組みに挑戦したい方!

フィールドセールスはPickGoやLAMSをうまく活用し、各企業が抱える課題解決に寄り添りながら現場を効率化し、新たな価値を提供することが主な仕事内容になります。

当社では実際に、JR東日本スタートアップ株式会社や、株式会社ANA Cargoと連携し、これまでになかった「新しいモノの流れ」をつくることにも成功しています!

<詳細>
ANAカーゴとCBcloud、空と陸をつなぐ国内輸送新サービス提供開始
駅で預けた荷物を当日ホテルまで配送 IT技術をかけ合わせ、新たな物流を構築する実証実験「エキナカ次世代手荷物配送」

先ほどの宮城のインタビューでもあった通り、サービスについてまだまだ認知が薄く、これまでの配送方法で何とかしようとしている配送に困っている企業が全国にたくさんいるのが現状です。そのような状況だからこそ、サービス自体の強みがあり、現場へのインパクトが大きい当社のサービスを自信を持って紹介することができます。

これまでになかった、世の中にインパクトを残す取り組みに挑戦したい方!
エントリーをお待ちしています!

フィールドセールス
アライアンス営業

CBcloud株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more