This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

PickGoの開発マネージャーが語る、レガシーな物流業界に革命をおこすサービス開発の魅力とは?

先日8月1日、当社は約12.4億円の資金調達を実施しました!(詳しくはこちら

主力サービスである「PickGo」も登録ドライバーが12,000人を超え、今や日本最大のフリーランスドライバー登録数を誇るプラットフォームに成長しました。今回はPickGoの開発チームを率いるマネージャーに、サービス開発の魅力についてインタビューしたいと思います!


・松田 健吾(27)/開発マネージャー(PickGoチーム)
東京大学卒業後、2015年4月サイバーエージェント新卒入社。サイバーエージェント100%子会社のGOODROIDにて、創業メンバーとしてゲーム制作の開発に従事。2年間で10個以上のプロジェクトをこなし、会社の成長を支えた。「世の中にないものや、既存の仕組みを変える何かをつくりたい」という思いで転職活動を始め、2018年8月にCBcloudに参画。iOS/Androidのネイティブアプリ開発やWebのフロント実装に従事。


ーーー当社の主力サービス「PickGo」の開発チームのリーダーである松田さんにお話を伺いたいと思います。改めて、PickGoのサービス内容について教えてください。

PickGoは荷物を送りたい人(以下、荷主)と、フリーランスのドライバーを直接つなぐマッチングプラットフォームです。

荷主は、荷物を送りたい時にPickGoのWEB画面から配送依頼をすると、全国1万2000名以上の登録ドライバーに通知が飛びます。依頼してから平均30分程度で荷物を取りに来てもらうことができます。一方でドライバーはスマートフォンアプリから、荷主からの配送依頼(仕事)を探すことができ、好きな仕事を選んでエントリーすることができます。自分の好きな時間に好きな仕事ができる、自由な働き方を提供しています。

ーーーサービス開発をする上での特徴はありますか?

同じ1つのサービスでも、荷主とドライバー、双方のユーザーを考えて開発を進めていく点がPickGoならではの特徴です。

ユーザーによって利用する場所やシーンが異なるので、ドライバーと荷主のどちらかの要望だけを聞き入れて実装するのではなく、それが逆の立場になった時にどのような形で反映されればベストなのか?ということを常に考えながら実装しています。

両方の立場になって考えるのは難しいですが、上記のような点を考えながらサービス開発を進めるのはとても面白いです。

ーーー同じPickGoユーザーでも、 荷主とドライバーで置かれている環境が全く異なりますよね。物流業界のサービスを開発するという視点だと、他にやりがいはありますか?

業界の慣習になっているアナログな業務フローを根本から変えられる点ですね。自分たちの開発したサービスや仕組みによって業務効率が上がったり、ユーザーに提供できていなかった当日配送などのサービス提供ができたりといった大きな変化をもたらすことができる点は、開発する上で大きなやりがいになっています。

荷主の場合、これまで車両を手配をするために、複数の配送業者へ電話やFAXで見積りを依頼をし、依頼だけで30分〜1時間ほどかかっていました。PickGoができてからは、WEB上で配送条件を入力するだけで見積りがすぐに確認でき、約1分で配送業者に依頼ができるようになりました。

ーーー毎日サービスを使う方にとっては、時間や労力の面で相当負担が軽減しますね。

そうです。一方ドライバーの場合、電話で一方的に荷主からの仕事を受けることが当たり前でした。

PickGoではスマートフォンでエントリー可能な仕事をリアルタイムで確認できるので、空き時間を活用して好きな仕事を選択することができるようになりました。

あと、物流業界初の「即日入金」の機能を実装した時は、ドライバーからの反響が大きく、自分たちがやったことが世の中のドライバーのためになることをしているのだと実感しました。

即日入金は、PickGoで稼働したその日に報酬を受け取れるようになる、という機能です。物流業界では通常は稼働してから報酬を受け取るまで1~2か月のタイムラグが発生することが多かったんです。普段からガソリン代や、駐車場代などでお金を使うドライバーの方達にとっては、キャッシュフローが回らないことが悩みの種だったんですね。

また、この即日入金は外部のAPI連携が発生したのですが、外部調整も当社のエンジニアが対応をおこない、数週間という短いスピードで実装しました。

ドライバーの方にとっては生活する上で必要なサービスであるからこそ、即日入金の実装だけにとどまらず、常日頃からスピード感をもって開発するようにしています。

ーーーありがとうございます!最後に、PickGoを今後もっと良くしていくためにこれからどんな方と一緒に開発していきたいですか?

開発をする上でプロダクト志向を持って取り組める人や、自分たちが作ったプロダクトの将来像を語れる人と一緒に働きたいと思っています。

プラットフォームのエンジニアとして、ただプロダクトを良くするだけでなく、もっと広い視野で開発できることが理想ですね。

物流業界のようなレガシーな業界を良くしていくためにどうプロダクトを組み立てていくのか?ドライバーの労働環境をもっと良くしていくためにはどんなプロダクトであるべきなのか?

常に一歩先を見据えて開発することで、自分たちの開発がより意味のあるものになるのだと思っています。

松田さんありがとうございます!
当社では現在Server、front-end、iOS・Android、テックリードのポジションを募集中です!
ご興味のある方はぜひ面談からお話を聞きにきてください!皆さんのご応募お待ちしています。

Server

front-end

iOS

Android

テックリード

CBcloud株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more