1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

社員インタビューVol.6「一部上場企業の新規事業開発担当がBPMにジョインした理由」



こんにちは。
コーポレートの對馬です。

本日は久しぶりの社員インタビュー記事になります ♪


今回インタビューしたのは・・・

マーケティング&セールス事業部 庄田です。

2020年1月入社と、BPM歴が比較的フレッシュなメンバーの一人。
転職活動から当社でのお仕事内容まで、色々と聞いてみました!!


― 元々どんなお仕事をされていたんですか?

前職は口コミサイトの運営会社に勤めていました。
新卒入社後、メインサービスの事業部内でのジョブローテーションで
営業、CS部門のスーパーバイザーやマーケティング部門でのプロモーションを経験し、
キャリアの後半は新規事業の立案、検証を行う部署で働いていました。


―転職を考えたきっかけは何でしたか?

入社当初は30名規模の会社だったのですが、
東証マザーズへの上場、一部への市場変更を経てあっという間に200名クラスの会社になっていました…。
会社が小さかった当時は、経験もなくまだ右も左もわからない状況でしたから
その事業フェーズを楽しむ余裕はなかったなと思い、
当時のような規模感で“よりコアな立場”で事業開発に携わっていきたいと思いました。


― ズバリ、BPMを選んだ決め手は!?

転職活動を始めた当初は「○○のスペシャリストです!」といった、
仕事におけるアイデンティティと呼べるような"尖った武器"がないことにコンプレックスがありましたが、
「新規事業立ち上げていました、とりあえずがむしゃらに何でもやっていました」と正直に話すと、
特にスタートアップの方に面白がってもらうことが増え、そこからは迷いがなくなったように思います。

色々な企業を見ていく中で候補として残った企業の共通点は、

“会社の方向性が決まる源流が、メンバー達の原体験にある”

という事です。数名の社員とお話させて頂き、BPMにジョインすることを決めました。

ちなみに社長のご実家のスポーツ用品店、偶然にも僕が学生時代に愛用していたお店なんですよ!笑
そんなところからも何かの縁を感じましたね。


― これまでBPMでどんなお仕事に携わってきましたか?

入社当初がちょうど、いよいよサービスを外に売っていこうというタイミングでしたので
集客プロモーションの施策、アウトバウンドコールで営業をかける体制の構築などに携わってきました。
今もマーケティング全般とインサイドセールスがメインですね。


― 1年間過ごしてみて、BPMのメンバーはどんな印象ですか?

そうですねぇ。。。

・・・みんな独り言が多い!笑

とはいえ、色々と相談しやすい空気ではあります。
施工現場に出ているメンバーもすぐ隣にいるので
現場感が追い付いていなくても周りに支えてもらえる環境なので有難いですね。


― 社長はどんな印象ですか?

世の中の社長って、いろんな方がいると思います。結構両極端なイメージいうか...
うちの社長は芯が通っている人だなと思います。ぶれない感じ。
でも決して押し通したりはしないので、押し引きが絶妙だなぁと・・・
ってこんな偉そうなこと言って大丈夫かな!?笑
一緒に働いていく中で個人的にはそう感じています。


― 最後に一言お願いします!

BPMはまだ、良くも悪くもサービスが固まっているわけではないので
色々な人たちが活躍できる環境だと思います。
何より、自分たちのサービスを自分たちで作っていく事業会社なので
サービス愛は感じやすいかと。。。!

システムをローンチして1年という段階の会社なので
“特定のスキルを伸ばすために”という働き方は少し難しいかもしれませんが、
「会社やサービスを自分の手で成熟させていきたい」
そういう切り口で野望を持った人には向いていると思います!




最後までお読みいただきありがとうございました♪
次回はまだ紹介できていない職種のメンバーにインタビューしてみたいと思います。

BPM株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more