This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

0を1にする壮大なチャレンジ。努力の末にプラットフォームを形にしたエンジニア丸井のストーリー

「ビットキープラットフォーム」。これは、弊社CEO江尻が着想した、ビットキー独自のまったく新しい自律分散型システムのこと。このプラットフォームを応用した事業の第一弾が、自社開発のスマートロックを中心に広がる「Tobira事業」です。

弊社事業の全てを握る鍵、それこそがまさに、ビットキープラットフォームであるといえます。

今回インタビューをしたのは、プラットフォーム開発者の一人である、エンジニアの丸井弘嗣。「0を1にする」という壮大なチャレンジにひたむきに向き合ってきた丸井は、どのような思いでここまで走り続けてきたのでしょうか。話を聞きました。

【社員プロフィール】

丸井弘嗣(ビットキープラットフォームエンジニア)

東京工業大学大学院卒業後、新卒で株式会社インクスへ。設計に携わる。ワークスアプリケーションズに転職後、エンジニアへキャリアチェンジ。その後、物流プラットフォームを開発するスタートアップにて初期メンバーのエンジニアとして携わる。チーフエンジニア山本から声がかかり、2018年8月、創業と共にビットキーに入社。

世の中にないものを創り出す、という挑戦

ーー丸井さんはビットキー創業メンバーの一人ですよね。2018年8月の入社当時を振り返ってみていかがですか。

丸井:試行錯誤を繰り返す毎日でしたね。ビットキープラットフォームは江尻さん(代表取締役CEO)の全く新しい発想からきているんです。初めてその構想を聞いたときは「どうやって作っていくのだろう?」と打つ手が思い浮かびませんでした。入社から最初の2ヶ月は、正直本当に苦労しましたね。手を動かしてみても、全く手応えがないんです。会社にほとんど貢献できていないという焦りや不安もありました。あまりにも進んでいかないので、チーフエンジニアの山本さんの提案でエンジニアだけの合宿をすることになりました。結果、その合宿が大きなターニングポイントになったんです。

合宿は、開発を進めることよりもビットキープラットフォームとは何なのか、今一度立ち返ることが目的でした。江尻さんの脳内にあるその概念を、どのように開発に落とし込んでいくのか。0を1に変える難易度の高い挑戦の中、ビットキープラットフォームの概念を噛み砕いて翻訳をしてくれたのはチーフエンジニアの山本さんでした。これまでバラバラに散らばっていたパーツが、組み合わされて、形になっていく。合宿の終わりには、次に進むアクションがやっと、見えてきたんです。希望を見出した瞬間でした。そこから、プラットフォームチームは大きく動き出していったように思います。

ーーbitlock(=弊社スマートロック)の製品発表を迎え、順調に進んできたように見えるプラットフォームチームですが、かなりの苦労も経験していたのですね。その中でも努力を続けてこれたのはなぜですか?

丸井:ビットキーの目指していく世界観が本当に面白い、と思っていたからです。事業内容を聞いたとき、自分が当事者となって生み出していきたい、という強い思いを抱きました。あとは、ビットキーに入社したからには納得のいく結果を出したいという思いもありましたね。実は元々、転職を希望していたわけではなかったんです。前職もスタートアップでしたが、事業も成長し続けており、新しいフェーズに入っていったところでした。そこにしかない面白さもあると思っていたので、何の迷いもなくビットキーを選んだわけではありませんでした。

事業の魅力、人の魅力が入社の最終的な決め手になりましたが、中途半端な成果しか出せなければ、自分の選択に納得感を持てないのではという思いもありました。だから、思い通りにいかないことが続いても、マインドをしっかり保ってやってこれたというのはありますね。

あとは、江尻さんや山本さん、チームメンバーからの刺激も、モチベーションの大きな源流となっていました。

開発を加速させるチームワークとマインド

ーーチームメンバーはどういった方々ですか。

丸井:技術に真摯に向き合うメンバーばかりです。新しい知識に対してもかなり貪欲ですね。生半可な知識で技術を語ってしまったら、もっと詳しい知識を持ったメンバーからツッコミが入りますし、詳しくない領域についてもその場で徹底的に調べる人たちです。「これくらいでいいや」ということは絶対にないですね。正しい理解のもと、正しい開発をしよう。生産性を上げるためにどうしていくべきか考えよう。全員が、そういった高い意識を持っています。

これまでのキャリアでも真剣に技術と向き合ってきましたが、今では何段も深いところまで理解しようと日々意識するようになりました。周りのメンバーは本当に優秀な人ばかりなので技術面では勝てない部分も多いですが、少しずつでも自分の価値を出していくために、探究心を持ち続けなければと思っています。

また、ビットキーのメンバーはどの部署を見渡しても、同じことだけをやっていては満足しない人ばかりだと感じています。「新しいことを生み出さなかったら何の意味もない」という強い意志さえ感じますね。そういった意識を持った方々と働けることが純粋に嬉しいですし、このような環境はなかなかないと思っています。

ーープラットフォームチームでは、「いえーい!」とハイタッチしている姿をよく見かけます。楽しそうに開発しているのが印象的です。

丸井:ペアタスクで細かく作業の目標を設定していて、それが達成できたらハイタッチしているんです。テンションも上がりますし、作業が加速していることも実感できます。開発においてはペアタスクより個々で行った方が効率的という考えもあるかもしれませんが、我々のチームでは二人同時に作業を行うことでより大きな成果が出ていると感じます。

他にもチーム独自のルールとして「金曜日は目の前のタスク以外のことをしても良い」というものがあります。これはつまり、日々こなしているタスクを一旦置いて、次週からの効率性を上げるためのアウトプットに時間を割いて良い、というものです。ただ手を動かしてものを作っていくだけではなく、その動きを加速していくためのアイディアも取り入れていく。すごくいい仕組みだと思っています。

ーーチーム一丸となって最適な開発環境を作り上げているんですね。

丸井:そうですね。より良い開発環境を目指してチームで試行錯誤してます。少し話は変わりますが、うちのチームでは「仕事に集中するためにも、家庭を大切にしよう」という思いをメンバーが共通して持っています。私自身、毎朝保育所に子どもを送ってから出社していて、週に一度は早めに帰ってお迎えにも行っています。子どもが熱を出した時は、家庭を優先するようチームメンバーがサポートし合っています。仕事も家庭も気にかかるような状況ではパフォーマンスも中途半端になってしまう、という考えが根本にあるからです。これからも家族との時間を持ちながら、のびのびと働ける環境にしていきたいと思っています。

技術に貪欲な仲間と、これからも進化を続ける

ーーこれからのプラットフォームチームについて何を思いますか。

丸井:ビットキーが目指している世界は、我々だけがノードを持つのではなく、企業・組織が分権所有し、互いに活用し合える仕組みを作ることです。難易度も高いですし、現時点では、まだまだその領域には到達していません。高くそびえ立った山を見上げ、一歩ずつ前に進んでいっている。そのような感覚です。

途方もない挑戦のように思われるかもしれませんが、私は面白くてしょうがないんです。「ないものを創る」という、これ以上ない挑戦ですから。

ーーどういった方と一緒に働いていきたいですか。

丸井:この挑戦に賛同し、現チームメンバーと同じように技術に対してどこまでも貪欲な方と働いていけたら嬉しいですね。

チーフエンジニアの山本さんの話ですが、ビットキープラットフォームの初期の構想を聞いたときに、「これは価値があるね」と言っていたんです。できる、できない、じゃなかったんですよね。「価値があるから、やる」。それがビットキーの開発のスタートだったのです。我々開発陣全員がそのマインドを持って、「ないものを創る」という挑戦にひたむきに向き合っていけたらと思っています。

ーーありがとうございました。

株式会社ビットキー's job postings
Anonymous
28451 115517261821548 499399 n
2386d675 70f4 41eb a144 003fe299721f?1548940390
Picture?height=40&width=40
11059470 804165686366768 7501241047176380492 n
F01d2202 175c 4753 9222 097dd11510e9?1555239295
9 Likes
Anonymous
28451 115517261821548 499399 n
2386d675 70f4 41eb a144 003fe299721f?1548940390
Picture?height=40&width=40
11059470 804165686366768 7501241047176380492 n
F01d2202 175c 4753 9222 097dd11510e9?1555239295
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon