1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

暗号資産(仮想通貨)に興味がある方へオススメしたい! COO三原が選ぶ関連書籍 5選

ビットバンクの三原です。

採用チームのOKRのKRとして記事数を掲げており、オススメの書籍の記事を書いてほしいと 金森さんに指示されたので、暗号資産(仮想通貨)に関連する本を紹介したいと思います。

ちなみに私は技術者でないので、技術本は入れておりません。基本的にはビットコインや暗号資産(以下、暗号資産)の思想や哲学、実務的な本を中心にまとめました。

暗号資産関連のオススメ書籍 5選

デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語

ビットコインの誕生から第一次大衆化までを描いた、暗号資産界隈では言わずと知れたルポルタージュ。サトシ・ナカモトや初期のキーパーソンの軌跡を振り返りながら、ビットコインの成長の過程を体感することが出来る。

貨幣論集 (ハイエク全集 第2期)

2014年頃からビットコインを崇拝していた人の3つの特徴として界隈でよく挙げられていたのが、金融・エンジニア・リバタリアンだった。ビットコインの思想といえばハイエクという位には界隈でコモンセンスになっており、所謂ビットコイナーの信条や哲学を理解するには必要不可欠だと思われる。

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

直接的に暗号資産と関連はないのだが、マーケットデザインという分野はPoWやPoS等の報酬設計に応用出来る可能性が高く、個人的には以前から注目していた。最近では著者の坂井豊貴教授が「暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない」を刊行しているのでこちらも是非手にとってほしい。

「あのアイドル昔から知ってた」みたいな物言いで大変恐縮だが、2016年頃に本書に触れ、将来必ずこの分野はクリプトで使われると確信を持っていたので、実際に坂井教授がこの業界に入ってきてくれて凄く嬉しい。

Fintech法務ガイド〔第2版〕

資金決済法に限らずFintech関連の法律がコンパクトにまとまっており、QA形式のパートも理解を促進してくれる。先般閣議決定された資金決済法と金融商品取引法の改正案については当然含まれていないので注意が必要。

資本主義と自由

ハイエクではないけれど、ミルトン・フリードマンも個人的にはお勧め。私自身はリバタリアンというよりは新自由主義者よりの思想だが、暗号資産の思想にかなり近しいので世界観は楽しめるはず。

最後に

上記の書籍を手にとり、暗号資産に少しでも興味を持っていただけると幸いです。

ビットバンクではミッション「ビットコインの技術で、世界中にあらゆる価値を流通させる」に共感出来るメンバーを募集しています。この業界で働きたいと思った方は是非ご応募ください。

ビットバンク株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more