1
/
5

テクニカルディレクターが語る、テクノロジーの力で見たことない体験を届けたい!


この業界を引退されるって本当ですか?

僕は、もともとデベロッパー本部にいて、ものづくりを中心にやっていましたが、一旦、Birdmanを離れてみようかなという気持ちになり、決断しました。

そもそもBirdmanに入社するまでは、15年間フリーランスをやっていたということもあり、悲観的ではなく、むしろ前向きな決断だと思っています。

まだまだものづくりは続けるんですね⁉

はい!続けます!

そうなんですね!安心しました笑
今後もBirdmanとはテクニカルディレクターとして継続的に関わられるのですか?

はい、今後も続けていきます!

Birdmanで印象に残っている案件を教えてください!

日産シリーズかな。最初の頃はイスをつくったり、ゴルフボールをつくったりしましたね。色々やらせてもらったんですけど、最近だとNBAの案件ですね。

このシリーズはシンプルかつ自由にやらせてもらえたので、僕のトレンドの技術を駆使して様々なものをつくらせてもらいましたね。

NBAのモップパフォーマンスは見ていてワクワクしましたね。

僕らは、“ものをつくる”というところに特化していましたが、実際現場でパフォーマンスを見たときは感動しましたね。演出がとても素晴らしくてテクノロジーとダンサーのシンクロは良かったですね。そういう連携感というのは面白いし、すてきだなとつくづく思います。

テクノロジー進化は終わらない

Web3.0、ロボットなどこれからのテクノロジーについて考えていることを教えてください。

難しいですね(笑)

変な話ですが、今Web3.0が出ていて、いつかWeb4.0も出るわけでしょ。

僕がテクノロジーを好きなのは、とにかくワクワクして未来性を感じるからなんです。テクノロジーが進化すればするほど、ものづくりの精度がよくなったり、新しいアイデアが出てきたり、表現力とか解決方法とか、テクノロジーの進化によって今後も新しいものが出てくると思います。

今後どうなっていくか、というところでいうと「終わらない」ですね(笑)

どんどん進化していくだろうなって思いますし、未開の地、宇宙、どんどん広がっていくんだろうとしか言えないですね。雑に言うと楽しいよ!iPhoneが発表された時のあの興奮みたいなのがいっぱい出てくるんでしょうね。

今でも、新しいものがたくさん出ていますね。

そうですね。その新しいものがまた普通になって、それを超えるものが出てくるわけでしょ。もぅ、、、ずっと永遠に続くんでしょうね(笑)

VR、ARはどんな風になっていくんですかね。

基本今って、機械がデカいじゃないですか。これがもっと小さくなると思うんですよ。多分Appleがつくっているはずなんですが、、、スマホと同じ感覚になると思っています。スマホを持ち歩くんじゃなくて、いつかVR、ARゴーグルをかけてるんじゃないかな。僕はどちらかというとメタバースとかバーチャルみたいなのはあまり好きじゃなくて、現実とバーチャルが融合したら面白いなと思っています。特にARグラスのような現実の空間の中にプラスされるのはいいなと思っていて、早くそんな日がこないかなと期待していますね。

昔、Googleグラスっていうのがあったのですが、いまいちでした。しかし今後は、こういったものが主流になっていくんじゃないかなと思っています。

早いうちにきますか?

うん、Apple次第かなと思っています。
それによってゴーグルの中に展開されるコンテンツがまた進化していくと思いますね。



様々なテクノロジーやサービスを融合させたものづくりをしていきたい

直近でやりたいことやトレンドは?

一つは先ほど言った、AR的なところですね。

あと「ミラーワールド」っていう言葉も好きなんですけど、現実世界ともう一個裏のデジタル世界があるみたいな。現実に起きていることが全部データ化されて、隣のクラウド上にもあるみたいなのも興味がありますね。でもやっぱり、モノが動くみたいなのが好きで、そのモノ自体がクラウド上に繋がってて、データを収取することで新しいモノが生まれたり。これはちょっと前のIoTですね。何をつくりたいかって言われると困っちゃうね(笑)基本的にはワクワクするものをつくりたいですね。テクノロジーを使って人をワクワクさせたい=自分がワクワクするものをつくっていきたい。つくりたいものは無限にあって、困ったって感じですね。

最後にこれから挑戦していきたいことについて教えてください!

僕がもともと、ものづくりでやりたいことは単純にモノをつくるんじゃなくて、色んなモノを組み合わせたりとか、色んなテクノロジーやサービスを融合させたものづくりをしていきたいなと思っています!


◼︎他のBirdmanメンバーインタビューもご覧ください!

プロジェクトマネジメントからディレクションまで!プロジェクトを進める上で欠かせない心がけとは?
https://www.wantedly.com/manage_posts/list/companies/birdmantokyo

業務委託という関わり方!アートディレクターで携わる辻 杏介からみるBirdmanの魅力とは。
https://www.wantedly.com/companies/birdmantokyo/post_articles/443283

クリエーティブディレクターが考える個を伸ばす環境づくりとは。
https://www.wantedly.com/companies/birdmantokyo/post_articles/454321

◼︎もっとBirdmanや業界のことが知れる、Birdman Journalも運営中!

【インタビュー】島根県自粛広告「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね」制作のウラ側。〜共感が生まれる広告の作り方〜 | バードマン・ジャーナル
バードマン・ジャーナル | デザインについて
https://birdman.tokyo/journal/design/20211214/
PROJECT TALK:ビジネスを成長させる、採用強化を目指すコーポレートサイトとは?【戦略構築/進行編】 | バードマン・ジャーナル
バードマン・ジャーナル |
https://birdman.tokyo/journal/business/branding/ingage_1/
Birdmanデザインチーム×7ORDER3周年感謝祭「燦参七拍子」を盛り上げたデザイン制作の裏側 【前編】 | バードマン・ジャーナル
バードマン・ジャーナル |
https://birdman.tokyo/journal/entertainment/ex/7order_design1/
株式会社Birdman's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社Birdman
If this story triggered your interest, have a chat with the team?