This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

入社1年目から裁量を与えてくれる環境は魅力だからこそ、中途半端な仕事はできない~社員インタビュー①~

はじめまして!
6月から内定者インターンとして株式会社バーディモバイルで働き始めました野中 日菜乃(のなか ひなの)と申します。

これから数回にわたって社員へのインタビュー企画をスタートします!
バーディモバイルを志望した理由や、仕事のやりがい・社内の雰囲気など、働き方や仕事についての想いをお届けしていきます。

記念すべき1回目は、昨春に入社した17卒の結城さん(ディレクター職 / 写真左)、山口さん(エンジニア職 / 写真右)です。

社員の様子を見て「この会社面白そう」と思った

入社の決め手を教えてください。

結城:僕は大学時代に経済学部に所属していたんですが、「モノづくり」に興味を持っていました。新しいことをするのも好きで「ITって面白そう」という印象から、IT業界を中心に就職活動をしていたんです。
決め手はけっこう感覚的で、単純に魅力を感じた / 面白そうだなと思ったことが大きいです。バーディモバイルでは入社前に先輩社員とたくさん話せる機会を作ってもらっていたので、自分が働いてからのイメージを持つこともできました。
正直ITのことはあまり分からなかったんですが、「この会社面白そうだし、頑張れば何とかなりそう!」と思えたのも良かったと思います。

山口:自分が受けた殆どの会社では「うちの会社はここがすごい!」「うちの社長はこんな経歴だ!」といった会社のブランド力を推した紹介の仕方をしているところが多かったのですが、バーディモバイルの場合は「うちの社員はこんな人がいて~」とか「あの人はこんな仕事してるよ。すごいよね」といった感じで個人を尊重している社風があり、好感を持ちました
就職活動を始めた頃は、実は職種は絞っておらず、営業職も受けていたんです。
ただ昔から機械をいじるのは好きだったし、エンジニアは未経験だけど、この会社であれば楽しく仕事できるはずと思ったのも入社の決め手の一つです。

主な業務内容について教えてください。

結城:クライアント事業のディレクション業務を手掛けています。お客さまの要望をいかにプログラムに落とし込み、効果的な形にしていくかを考え、実行するのが仕事です。
形にしていく中で、お客さまとの確認を何度も繰り返すことがあります。対話の中で、時にはお客さま自身も気付いていなかった課題を発見することもあります。それらをもとに仕様を決め、山口さんと相談しながら実装していくようなイメージです。

山口:誤解を怖れずに言うと、バーディモバイルのエンジニアは「1から10まで」固まった要件をもとに実装するという業務はあまりありません。ただ「やれ」と言われたものを開発するのでなく、ディレクターとディスカッションしながら進めていきます。

結城:当社の場合は、「納品して終わり」という仕事は少なく、お客さまとの長期的な関係のもと業務を進めています。関係者間で細かく調整しながらPDCAを回し、かなり速いスピード感で仕事を進めています

シェアが大事!先輩社員からだけでなく、新入社員の成功体験も必聴です

仕事で意識していることはありますか?

結城:目的と手段が混同しないことを意識しています。
ディレクター業務を始めたときは、エンジニアに対して「~~を実装してください」と言うと、「なんで?」という問いが却ってきてしまいました。
「やりたいことがどういうことなのか」ということを明確にしてから、エンジニアとコミュニケーションを取るように心掛けています

山口:入社1年目から裁量を与えてくれる環境は魅力ですが、その分、中途半端な仕事はできません。まずは自分で勉強してみる / やってみる、ということは意識しています。
ただもちろん自分たちだけでは分からないことも多いです。そんなとき、バックアップしてくれるシニアエンジニアの存在は安心できます。

バーディモバイルでは「シェア」という言葉が良く出てきます。これはどういったことなのでしょうか?

結城:普段業務に集中していると、業務上の知識は得られますが、他社員が何をしているのか / 何を得ているのか分かりづらくなります。
バーディモバイルでは、社内勉強会を積極的に開催する文化があります。この前、同期のエンジニアが「データベース勉強会」を開催しました。普段業務で触れていない分野での学びを得ることができたので、非常に勉強になりました。

山口:社員の行動規範「自分の成長を、みんなの成長に」の通り、社員同士のシェアは非常に多いです。シェアとはニュースなどの情報共有だけでなく、業務で得た知識や、各自の成功 / 失敗体験も含みます。

結城:今年の4月に入社した18卒社員にはもちろん教えることも多いのですが、彼らから教わる / 学ぶことも大切にしています。バーディモバイルには月に1度「シェア会」というイベントがあるんですが、「アルバイト先の居酒屋で、売上を4倍に延ばした」成功体験のシェアには、思わず聞き入ってしまいました

強みを伸ばして全員で成長したい。理想の姿はアベンジャーズ

入社して1年が経ち、ご自身が一番成長できたと思う部分はどこですか?また一緒に入社した同期の皆さんについても教えてください。

結城:例えば情報収集について。
以前は情報収集そのものが「豆知識として得られることが楽しかった」だけでした。
今は会社、仕事でどのように生かせるかを考えるようになっています。情報を収集し、活用するための意識は育ってきたのかもしれません。

山口:「コードかけるようになった」という答えじゃダメですよね?笑
例えば学生の頃に書いていたコードは、己のためのコードでした。自分が「書けた!」と満足すればそれで終わりでした。
今は他エンジニア、社外の関係者、ユーザーに向けた意識が芽生えています。自分が書いたコードが起点になり、良い方向にも悪い方向にも進みうるので、いかに周りに配慮されたコードを書けるかという意識を持つようになりました。

結城:自分自身の成長を語る上で、同期の存在なしには語れません
同期が成長したり、新しい仕事に取り組んだりすると、自分も負けたくないと思えます。

山口:同期には個性が強い人間が集まっています。
馴れ合う関係というよりは、同期同士で切磋琢磨し合う「戦友」というイメージが近いです。
「今日も俺ら戦ったな。お疲れ、じゃ!」という感じで一日が終わります。

結城:同期がそれぞれ成長して、それぞれの強みを持ち寄って面白い事業に挑戦したいですね。アベンジャーズみたいに!。笑

これからやってみたいことはありますか?

結城:現在の職種に留まらず、できることをどんどん増やしていきたいです。
個人でプログラミングやWebデザインの勉強したことを、事業や会社の成長にも繋げていければ理想ですね。

山口:仕事柄コードに向き合うことが多いんですが、今後は社外の方とも話す仕事にも挑戦したいです。ディレクション寄りの動き方ができるエンジニアを目指せたらと思います。
また最新技術にも絡めた仕事にも取り組みたいです。AI、VR、ブロックチェーンなど、普段から知識としてキャッチアップしていければと思っています。

株式会社dual&Co.'s job postings
Anonymous
16f6f7e3 1837 4f43 affa 01edb810a0e5?1504363441
D0a515e2 6cff 47ce a670 43c1dcf295e8?1532656810
F24490ff 2642 40c5 8f61 29e75aefcbf0?1555820369
17022064 1308833545829740 5952365350866185478 n
B0c3e6a0 a8ea 4e6e 8976 edee047f5191?1552365451
8 Likes
Anonymous
16f6f7e3 1837 4f43 affa 01edb810a0e5?1504363441
D0a515e2 6cff 47ce a670 43c1dcf295e8?1532656810
F24490ff 2642 40c5 8f61 29e75aefcbf0?1555820369
17022064 1308833545829740 5952365350866185478 n
B0c3e6a0 a8ea 4e6e 8976 edee047f5191?1552365451
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon