1
/
5

祝・2022年BE入社式 新たに12名の仲間が入社!

こんにちは!Branding Engineer(以下、BE)の広報を担当している入道です!
2022年4月1日に新入社員12名を迎え、昨年移転したばかりの綺麗な渋谷オフィスにて入社式を執り行いました。
今回は、その入社式の様子をお届けいたします!

※入社式当日は、新型コロナウイルスの感染防止対策として、マスク着用やソーシャルディスタンスの確保を徹底した上で開催しました。登壇時、写真撮影時のみマスクを外しています。

ー代表取締役COO 高原より新入社員へのメッセージ


高原COO:
本日はご入社おめでとうございます。
まずはたくさんの企業の中からBEを選んでくれてありがとうございます。

私からは、BEが皆さんにコミットすることと、皆さんがBEにコミットしてほしいことについて、話をしたいと思います。

まずBEが皆さんにコミットすることは、3つあります。
1つ目は、成長機会の提供です。
BEは成長機会という名のバッターボックスを必ず用意し続けます。皆さんはそのバッターボックスでバットを必ず振って欲しい。BEは例え三振になったとしても次のバッターボックスを用意します。
2つ目は、成果に対しての正当な評価です。
年功序列がないので、年齢とか経験ではなく成果で評価しますし、成果を出すことができれば若くてもチャンスをつかむことができます。
3つ目は、新規事業への挑戦です。
世の中には様々な規模、内容の事業がある中で、BEは社会に必要とされる事業を今後も創っていきます。ありとあらゆる領域に対して事業を創ることを、これからもやり続けていきます。

この3つのコミットを、BEとして皆さんに約束をするので、あとは皆さんがその中でチャンスをものにするだけです。

お伝えしたい2つ目の、皆さんにコミットしてほしいことは、「笑顔でフルベット」することです。
フルベットとは、ギャンブルでいう持ち金を全て賭けることです。
仕事を通じて自分の成長にフルベットできる人は、チャンスをものにし、自分を高め続けられる人だと思います。失敗しても、自分がやると決めたことに対して全力でフルベットすること、これをずっとやってほしい。その全力さにおいて、苦しいこともあると思うけれど、その時に笑顔で楽しんでやるということを忘れないで欲しいと思います。
それを3年5年と続けていくことで圧倒的にレベルの高い人間になっているので、私の言葉を信じて頑張ってほしいです。

最後に、今いる同期全員が良き友、良きライバルであり、一生の仲間であることを忘れずに今日という日をスタートにしてほしいと思います。

ー代表取締役CEO 河端より新入社員へのメッセージ


河端CEO:
私からは、皆さんと同じ22歳の時の、一番気合が入っていたときのお話をします。
当時22歳にしては周りの同世代と比べてもめちゃくちゃ仕事をしていたので、その時に何を心がけていたか、若い時から活躍できる人についてをお伝えできたらと思います。

まず、今日ここにいる皆さん、BEを選んでくれてありがとうございます。
昔は会社が人を選ぶ時代だったけれど、今は人が会社を選ぶ時代になっている中で、選んでいただけて本当に嬉しいです。
ただ、今はもう1社で勤め上げる時代でもなくなってきているので、社会人生活が終わるまで皆さんがBEにずっといることはないと思っています。それは悪いことではなくて、社会にどのような変化が起きたとしても、会社という組織に頼ることなく、どのような環境でも活躍できる人になることが重要で、そのための成長機会に溢れていることがBEのメリットだと考えています。そしてその活躍が、組織全体にポジティブな影響を与えていくと考えています。

活躍できる人についてですが、まず、良い仕事というのは「能力×モチベーション」でアウトプットが変わってくると思っています。そして、その2つの要素のうち、能力というのはひとりのビジネスパーソンとして他の人たちと究極的には大きな差は出にくいと考えています。
重要なのはむしろモチベーションの方だと考えており、周囲からあの人はとても能力が高いと言われているようなビジネスパーソンであっても、何か気持ちが落ち込むようなことが起こった場合は最高なパフォーマンスが出せないはずです。
つまり、私たちは人間だからこそ、機械のように持てる能力をいつでも均質的に発揮することは難しく、感情をいかにポジティブに向けるかどうかを考えなければなりません。

その中で私は常に80点以上のモチベーションにしておくことが、社会人生活にとって大事だと思っています。例えば今日は入社式で気合が入っているけれど、3か月後にはほとんどのメンバーが今日の気合を維持できていないはずです。
だからこそ、120点になった気合も、どんなに落ちても80点以上にしておくことが大事で、モチベーションがあまりにも大きく上下するのではなく、80点以上をキープするために、仕事への意欲が高まるような活動であったり、休日での気分転換や新しい出会いを作るなど、自己投資はどんどんしてほしいと思います。

そして高原の話にもあったように、バッターボックスでバットを振り続け、チャンスを掴んで活躍していってほしいと思います。まずはこの組織の中でダントツ1位を目指してください。

今日からよろしくお願いします!

ー新入社員の挨拶


大野さん:
新入社員を代表して、私大野からお話させていただきます。
まずは私たち新入社員のためにこのような会を開催いただき、ありがとうございます。
私たちはコロナ禍での就職という形になり、なかなか同期と顔合わせや話をする機会がなく、今日このように全員で顔を合わせたのは初めてになります。
会社によっては入社式もオンラインというところもあるかもしれませんが、私たちは今BEに入り、皆さんと顔を合わせることができて大変嬉しく思います。

これから私たちが新入社員として働くにあたって、大変なことがたくさんあると思います。それでもこの同期とともに協力し合い、前に進んでいけたらと思っています。
また、個人的なことではありますが、私は同期には負けたくないという思いで入社しているので、切磋琢磨しながらも早く戦力になれるように頑張っていきます。
皆さま、熱いご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
簡単ではありますが、新入社員代表の挨拶とさせていただきます。

ー入社時研修がスタート


入社式後、幹部とのウェルカムランチを行い、新卒研修が始まりました。
5日間、みっちりと研修を行い、その後配属部門での仕事がスタートします。

写真は研修コンテンツの一つとして、代表より会社の沿革について講義をしているシーンです。
入社時の研修を通して、BEのことをより深く理解するとともに社会人としての基礎を学んでいただき、少しでも早く一人前のビジネスパーソンとしてバッターボックスに立ってくれることを期待しています!

ー社会人として歩み始めた12名の新入社員たち


社会人への第一歩を踏み出した新入社員の皆さんは緊張気味な場面もありましたが、代表からのメッセージを受け、新たなスタートを切ったことを実感していたと思います。
これからBEの社員として、大活躍することを楽しみにしております!

Branding Engineerでは、今回新たに加わった仲間とともに、更なる挑戦を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします!

株式会社Branding Engineer's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings