This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Atmoph初のFan meetupを開催しました!

こんにちは。京都も本格的な夏を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回のブログは、今年の6月下旬より学生インターンという形でSNSやWantedlyブログの文章作成を担当させていただいている今田がお送りします。

本日お届けするのはアトモフメンバーとファンの交流のみならず、ファンの皆様同士のつながりの機会になれば…という思いで開催したアトモフ史上初 “Fan meetup” の様子です。

先日6月21日、東京・渋谷に位置するMakuakeさんのオフィスをお借りしてFan Meetupを開催しました。約2時間という短い間でしたが、約60名のゲストの方々との交流を通して楽しい時間を過ごすことができました。


デザイナーさんお手製のネームシールには一人一人違った風景が印刷されており、個々を大切にするAtmophらしさを感じます。


本当にたくさんの方々にご参加いただき、嬉しい限りです^^


トップバッターはCEOの姜さん。Atmoph Windowの開発秘話を皆様熱心に聞いておられました!

ミートアップの目玉は、新バージョン「Atmoph Window 2」試作機の初お披露目!


参加者の方が撮影してくださったAtmoph Window 2の試作機です^^


進化を続けているAtmoph Window。皆様の真剣な眼差しの中、初めて新バージョンの試作機を公開いたしました!

中でもAtmoph Window 2の特徴の一つである、滑らかな肌触りのカリモク製フレームは大好評でした。実際に手で触れて体感していただいた方から「カリモクフレームに変更したくなりました」といった嬉しい声も!


参加者の方々が試作機との印象的な出会いを果たした後は、大中カメラマンによるお話です。

Atmoph Windowで楽しむことのできる景色は、すべてカメラマンたちの熱意と苦労、そして汗の結晶なのです。

撮影のために何キロもの機材を背負って富士山を登った話は、皆様を驚かせたのではないでしょうか。


そして行われた、お待ちかねのクイズ大会

Atmophにまつわる○×クイズ。「CEOの姜と、Co-Founderの中野は幼馴染である」といった問題から、「Atmoph Window Upは、Atmoph Window 6台分の大きさである」など製品に関する問題まで様々でした!ファンの皆様同士で交流するいい機会にもなったのではないでしょうか。


ミートアップの最後はCEOの姜さんが「Atmophの未来」について熱く語りました。

スライドなどを準備するよりも現場で感じたことを伝えたい、とほぼアドリブでのお話でした。


参加してくださった皆様、誠にありがとうございました。実際にAtmoph Window を愛用、または支援してくださっている方々とお会いすることができ、メンバー一同充実した時間を過ごすことができました。

参加してくださったファンの皆様との集合写真!


このブログを執筆するにあたり、普段の勤務で一番お客様やファンの方々との関わりを持っている加藤さん(カスタマーリレーションズ)とお話したのですが、「今までAtmoph Windowを買ってくださっている方とのやり取りはすべてオンラインで行っていたので、初めて対面でお会いすることができたのがとても嬉しかった」と楽しそうに話していました。また実際にやりとりしたお客様が名前を覚えてくれて、声を掛けてもらえたことに喜びを感じたようで、文字上のやり取りだけでは得られないような価値がFan meetupに詰まっていたのだな…と感慨深かったです。


今後もアトモフのオフィス内外で起こった出来事をブログにてシェアしていくので、是非ご一読ください!

アトモフ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more