1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【6期Award受賞者】コアバリューを体現している社員をご紹介!前編

こんにちは!人事の深澤です。

and factoryでは年に1度コアバリューを最も体現した社員を表彰しており、今回は6期Award受賞者をご紹介します!

Award制度とは?

and factoryのミッションである「日常に&を届ける」こと、つまり人々の生活を豊かにするサービスを提供するを成し遂げるための行動指針として、4つのバリューを大切に経営・業務にあたっています。

【Challenge・・・失敗を恐れない】
【Speed・・・まず、やってみる】
【Quality・・・妥協しない】
【Team play・・・気を配る】

1年を通してこの4つのコアバリューそれぞれを最も体現した社員を全社員が投票して選出し、称賛する文化があります。6期では、Challenge賞/Speed賞/Quality賞/Team play賞/Rookie賞/Team Work賞/総合MVPの表彰が行われました。

Award受賞者をご紹介

それでは6期Award受賞者をご紹介します。

Challenge賞 南 光太/Smartphone APP Division デザイナー


アルバイトを経て、一緒に働くメンバーに魅力を感じ2019年に新卒入社。現在は「マンガTOP」のメインデザイナーを務める。趣味はゲームと海外ドラマ鑑賞。

新卒入社後and factoryに新しい風をふかせてくれている南さん。入社前は劇団を立ち上げ、脚本・演出を手がけており、照明や舞台美術なども自身で行っていたとのこと(作品はこちら)。
その持ち前の感性を活かしながらどんどんチャレンジし、新しい取り組みを成功させています。担当されている「マンガTOP」ではデザイン面以外の業務も行っています。その他にエンジニアとXcodeの勉強をしたりするなど、業務範囲外へのチャレンジが目立っています。
また、全社員向けのデザイナー勉強会の企画から運営まで行っており、会社全体のデザインを養う目のボトムアップにも貢献し、これらの圧倒的なトライの数はまさにChallenge賞に値する活躍。今回MVPにもノミネートされており、今後の活躍も楽しみですね!

【受賞コメント】
チャレンジ賞を頂き、めっちゃ光栄です!
どんどん新しい挑戦をしてもいい社風、困ったときに助けてくれる先輩方、この1年とても恵まれた環境で仕事ができました。
これからは他の人のチャレンジを誘発していくようなムーブメントのきっかけにもなっていけたらなと思います!また、引き続きチャレンジを続けて来年はMVP受賞できるぐらいに活躍していけるように頑張ります!


Speed賞 谷野 加奈/IoT Division ホステル総支配人

アメリカの大学に在学中、日本の「ものづくり」の魅力を再認識し興味を持ったことから、帰国後はIoT関連企業にて企画営業として勤務。2018年よりand factoryに入社し、現在は&AND HOSTELのマネジャーを務める。DIYが趣味でお家のテーブルは自作。

企画から提案までのスピードが非常に早い!と多くの方から言われている谷野さん。「やってみなくては始まらないしわからない」「面白そうだからやりたい」というマインドが強く、「まずやってみる」というand factory精神を体現しているメンバー!
思いつきから着手までのスピードが非常に早く、これまでも企画を数多く持ち込み「面白そうなもの見つけました」「アポ切っちゃいました」「話したんですが、こういう座組でいけそうです」という流れであっという間に進行させています。また、日常の運営業務やスタッフのフォローなど、決して潤沢な時間があるわけではないが、その中でスピード感のあるパフォーマンスを発揮しています。

【受賞コメント】
私1人でしたら取れなかった賞だと思っています。所属しているチームはコロナウィルスの影響をかなり受けており、厳しい状況下にいます。
そんな中、下を向くことなく「口角あげてこ」という前向きな姿勢でチーム一丸となって取り組んでおり、私も負けじと必死になっている結果だと思ってます。
この賞をいただけたのはチームのみなさんのお陰です!いつもありがとうございます。


Quality賞 板倉 侑輝/BA/HR Division 法務(リード)兼経営企画

大手SIerに新卒で入社し、経営企画と法務を経験。その後ゼロイチのチャレンジがしたいと考え、一人目の法務として2018年にand factory入社。入社後は法務と経営企画を兼任。and factoryのムードメーカー的存在。

昨年Rookie賞を受賞し、2年連続のAward受賞!会社の急成長をバックオフィスから支えているメンバーの一人である板倉さん。「手を挙げれば職種にこだわらず、幅広い業務に携われるチャンスがある」社風を活用しながら、法務だけでなく経営企画にも従事。
会社として最低限守った方が良いラインを見極めながら、コストをかけずにいかに「事業部ファースト」の最適解を導き出すか、知恵を振り絞って日々業務をされているとのことで、どんな質問に対しても的確に意図を汲んで回答をしてくれます。また、会社の要である法務のQualityを落とすこと無く、更には向上させてくれており、社内からの信頼が厚く今回Quality賞を受賞!

【受賞コメント】
選んでいただき正直驚きました。
事業部の皆さんが真剣に事業に向き合っているので、事業を支えるために僕も頑張らないとという思いで日々業務をしており、また特に法務の業務はQualityを落としてはいけないので、それが認められたのが嬉しかったです。皆さんありがとうございました!


Team play賞 萩原 貴晃/Smartphone APP Division iOSエンジニア(リード)

エンジニアに転身後アプリ開発に幅広く携わるも、さらなる技術力の向上を求め、また将来性を感じる自社サービスの開発に携わりたいという思いから2018年にand factory入社。メンバーを経て現在はiOSチームのリードとしてマネジメントにも従事。愛犬家で趣味は野球観戦とお笑い。

萩原さんは他社とのMTGでも細部まで気を配り、こぼれ球などがあっても拾って対応してくれています。また新しいメンバーが環境に溶け込めるようにサポートや、働きやすい環境づくりなどにも積極的に取り組んでおり、その結果としてiOSチームが一致団結してきたという声が多数あり、今回Team play賞を受賞されました。
チームを重んじ他人を尊敬し、謙虚に物事に向き合う姿勢が上司・部下関係なく認められており、人を愛し人から愛されている方です。

【受賞コメント】
自分のしたことが誰かの役に立てば良いという精神で仕事をしていたので、今回の受賞は本当に嬉しいです!
まだまだ自分が役に立てることはあると思うので、今後もみんなが働きやすいようにサポートしていきたいと思います。

後編Rookie賞/Team Work賞/総合MVPを受賞した社員をご紹介します!

and factory株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more