1
/
5

What we do

大きく3つの事業を展開しています。 1)プラットフォーム事業   アートの共同保有プラットフォーム「ANDART」   少額から有名アート作品のオーナーとしてデジタルコレクション可能   https://and-art.jp/ 2)アート作品販売事業   メディアEC「YOUANDART」   キュレーションされた本格アートを手に届く価格から購入可能   https://buy.and-art.co.jp/ 3)プライベートディール事業   紹介制個人法人向け アートコンサルティング   DXにより効率化されたなめらかなアート作品売買が可能

Why we do

ANDART - MISSOIN - テクノロジーで、 アートと社会を結び、拓く。 私たちは認めない。アートが一部の人のものであることを。 私たちは壊していく。アートに人が感じる壁を。 私たちは満足しない。世界の隅々にアートが行き渡るまで。 私たちは発信する。世界が新たな才能に気づくように。 私たちは尊敬する。アートに関わるすべての人を。 私たちは信じる。アートがもたらす大きな価値を。 私たちはつくる。アートと人との新たな関係を。 私たちは歓迎する。アートにはじめてふれる人を。 私たちはANDART。アートと、あなたの、間にいる。 <ANDART - QUESTIONS(行動指針)> 1. Focus on Value 私たちの道のりはカオスの連続。 あらゆる制限の中で、世の中を変えるような”価値あるサービス”を生み出す。 チーム全員がこの目的を忘れず建設的思考でコトに向かい続けよう。 2. Respect Speed 事業づくりに正解はない。 だからこそ、私たちは一度でも多くの挑戦をしたい。 迷って立ち止まるならまず行動する。 仲間からのバトンをなめらかに繋ぐ。スピードを武器にしよう。 3. Take Ownership ポジティブで能動的なチームにはやりがいと成果の好循環が起きる。 仕事も、仲間も、環境はつくれる。 固定概念にとらわれたり、他責にせず自らオーナーシップをとり、提案をしよう。

How we do

現代アートが身近になってきた昨今ですが、アートを鑑賞することと購入することには未だ大きな隔たりがあるのが現状です。 アートに興味はあるものの、買い方がわからない。アートを所有するのは富裕層だけの特権。 そんな考えが根強く、日本のアートマーケットはグローバルの 3%程度 とも言われているほどです。 私たちはアート作品を複数人で保有できる画期的な共同保有プラットフォーム「ANDART」や、手に届く価格から本格アート作品を提供するオンラインストア「YOUANDART」などの事業を通して、よりアートを身近に感じられる世の中の実現を目指しています。 作品自体を鑑賞する喜びはもちろん、投資としてのアートの可能性も、より多くの人に気軽に楽しんでいただくために。 そして、そんな世の中が当たり前になるように。チームで一丸となって挑戦を続けています。 私たちのサービスは日本国内に限らず、今後海外へも展開していく予定です。 この可能性を何倍にできるかを、私たちと一緒に楽しみTry&Errorを繰り返しながらチャレンジしてみませんか?