1
/
5

【社員物語No.5】アパレル系EC開発企業からAIスタートアップに転職したワケ

こんにちは!AIQ人事担当の黒松です!
今回はAIQでフロントエンドエンジニアとして働く萩原さんのインタビューです!

高専卒業後、エンジニアとしてのキャリアを積んできた萩原さん。

現在は札幌オフィスから活躍してくれている萩原さんに、「AIQの魅力」や「AIQでの開発」について聞いてみたいと思います!
それでは早速インタビューに移っていきましょう!

萩原孝大さん/エンジニア部門Web開発

静岡県出身、北海道在住。
高専卒業後、アパレル系EC企業に入社。フロントエンドエンジニアとして約2年勤める。
AIQ入社後は、自社サービスを中心にReact、TypeScript、GraphQLを使って開発。

ーー これまでのご経歴を教えてください!

高専卒業後、服が好きだったので、アパレル系の某大手EC企業にエンジニアとして入りたかったんですよ。
でもご縁がなくて…

それで、同じようなアパレル系のECサイトを作ってる会社に内定をいただいたことをきっかけに、札幌に引っ越しました。

その会社を2年弱ぐらいで退職した後、AIQにフロントエンドエンジニアとして入社しました。

ーー もともと、エンジニアを目指されてたんですか?

学生時代は、授業でCやC++を使っていたので、Web系のプログラミング言語に触れる機会はほとんどありませんでした。
ですが、授業以外の学校の行事を通してWebのフロントエンドに興味を持ったので、いくつかの企業にエントリーしてみたのがエンジニアを目指したきっかけです。

Web領域の言語を本格的に扱い始めたのは、就職してからですね。

今はReactとTypeScriptをメインのUIライブラリ/言語として扱っていて、型安全なフロントエンドを構築しています。

具体的には、デザイン通りにUIを実装し、UIとデータの繋ぎこみをするのが僕の仕事です。
最近はバックエンドとの通信にGraphQLを使い始めました。
より型安全で高速な開発サイクルを回せるように日々改善し続けています。

ーー なるほど!前職からどうしてAIQに転職されたんですか?

転職のきっかけは、エンジニアの裁量が大きく与えられている環境で働いてみたいと思ったからです。

前職の開発組織は、エンジニアが50名以上在籍している大規模な組織でした。
僕が所属していたチームも10〜15人ほどで構成されていました。

自社プロダクトの開発ではなく受託開発がメインだったため、仕様や開発フローの改善提案が通りづらいという事情がありました。
また、会社の規模的に10→100のような既にある程度出来上がっているものに機能追加や改善を加えていくことが主な仕事で、0→1がやりたい僕にはマッチしていませんでした。

これらの理由が重なり、少数精鋭のチームで0→1の開発ができる環境を探して、AIQという会社を知ったのが転職のきっかけです。

ーー AIQに入社された決め手は何だったんですか?

転職活動中に2つ内定をいただきました。
AIQを選んだ理由の1番大きな理由は、給料。笑

あとは、AIQではモダンな技術を使っているところも魅力でした。

転職活動をしていた当時は、業務でReactを使ったことがない状態だったので、Reactの実務経験を積める場所をさがしていました。
札幌では当時、Reactを使って開発している会社が結構少ないように感じていて、その中でAIQはReactもTypeScriptも使って開発しているということに魅力を感じました。

ーー なるほど。転職活動の時に地元に帰る選択肢はなかったんですか?

なかったですね。

家賃が安く、ご飯も美味しいので、札幌を気に入っています。

ーー 実際にAIQに入社してみて、働き方はいかがですか?

 ▼実際に作業している札幌オフィス

前職はリモートワークではなかったので、フル出社でした。
AIQに入ってからは、コアタイムなしのフルフレックスなので、柔軟に働くことができています。
好きな時間に出社して、好きな時間に退勤して、というのができるようになったので、ライフスタイルも変わりました。

1日の仕事の流れは、まず朝10時半ぐらいに自分が所属してるプロジェクトの朝会で、プロジェクトのメンバー3〜4人でミーティングツールのGatherに集まって、昨日何やったかとか、今日これから何やるかとか、問題点や開発の進捗を共有します。

それが終わったら、各自作業にという感じなので、基本的に固定されたスケジュールはそれだけですね。
週に1〜2回、定例のミーティングなどがありますが、エンジニアはかなり作業に集中できる環境になっています。

ーー 作業に集中できる環境、いいですね!
   AIQのエンジニアならではのやりがいや魅力も教えてください!

AIQは、エンジニアが10名ほど在籍しています。
会社の売上の規模で考えると、少ない方かなと思っています。

ただ、エンジニア一人ひとりのスキルが高いため少数精鋭で、かつ、何もないところから物を作ることができる事に魅力を感じています。

こういう経験ができる会社は少ないので、そこはAIQならではかなと思いますね。

あとは高松さん(社長)がばりばりコード書くエンジニアなので、エンジニアに裁量が大きく与えられているように感じます。

それを踏まえて、自由なことが出来る会社ですね。

本当にやる気がある人なら、ばりばり働いてパフォーマンスを発揮できる環境なのかなと思います。

ーー 今も活躍されている萩原さんですが、今後AIQでやってみたいことはありますか?

自分が作ったもので売り上げを立てたいですね。

入社してからずっと新規事業の開発を続けているのですが、まだ自分が作ったもので売り上げを立てるという事ができていない状況です。

エンジニアとして自分が作ったものをユーザーに使ってもらうと言うのは、プロダクトを開発する醍醐味だと思います。
既存のmoribusやMATCH ENCERといったプロダクトを超えられるようなものをつくっていきたいです!

ーー 最後に、未来のAIQメンバーに一言お願いします!

これからAIQで働く大きなメリットとして、自分の力で会社をIPOまで導くことができるという点があると思います。

今のスキルに自信がなくても、キャッチアップしていく気合と、入社してからの頑張り次第でAIQは活躍のできる会社だと思います。

一緒にプロダクトを開発してくれる仲間を大募集中なので、少しでも興味を持っていただけると嬉しいです!

現在AIQではエンジニア、経理、社内SEといった職種の方を募集しています!
IPO目前企業で、裁量持って働きたい方のエントリーをお待ちしております。
まずはカジュアルにお話しするところから始めましょう!

AIQ株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more