1
/
5

社員紹介⑧カスタマーハピネス部長


カスタマーハピネス部は採用成功に向け、受注後のお客様を担当する部署です。

今回カスタマーハピネス部長の北山さんにお話をお伺いしました!

北山さんはデザイナーとしてYOLOに入社され、今年からカスタマーハピネス部の立ち上げを担当。広報も兼任していらっしゃいます。

北山さんは部長としてどんなお仕事をされていますか?

2点あります。

1点目は、YOLOWORKに掲載している企業の期待していることの分析です。

企業様が弊社に求めているのは求人を掲載を通して採用成功することです。採用成功し、満足いただく(=私たちはこれをハピネスいただくと呼んでいます。)ためにはどうしたら応募獲得できるかを考えています。採用成功が叶えばお客様の売り上げに貢献でき、会社拡大のための幸せの輪を広げることができますので、これはやりがいの1つでもあります。

2点目はYOLOの売上を上げることです。

採用成功し、ハピネスいただけばまた採用に関するお困りごとがあったときに継続して掲載してもらえますよね。これを目標にしています。

お客様にハピネスを届けられると継続的にYOLOの売り上げになるってことですね!それでは、採用成功のためにしていることは何ですか?

メルマガの配信やFacebookの投稿、つまりPR活動の他、知識をお届けしています。YOLOJAPANは在留外国人向けの求人掲載をしています。在留外国人向けの求人は日本人向けとは毛色が異なります。在留外国人は日本で働き続けるためにキャリア形成することを重要視しています。他でいうと、資格サポートがあるか、ビザ関連のサポートがあるのか、実際に外国人が働いているのかという点が特徴あると思います。大事なのはこれを最初の段階で企業様にお伝えすることです。地方にある企業様なら寮や住宅サポートはあるか?給与の記載だけでなく、その土地に応じた生活費を引くと手残り金はいくらになるかイメージを伝える原稿を作るようお客様へアドバイスしています。

ユーザーの傾向としては、日本に来たばかりのビギナー層が多いのでターゲットに伝わる内容にしていくことがかなり重要です。在留外国人のファーストキャリアになるので、どこに不安があるのか考えています。

なるほど…カスタマーハピネスにいる子たちはよく勉強しているイメージです。難易度の高いお仕事をされているカスタマーハピネスですが、部署の課題はなんでしょうか?

いっぱいあるけどおおお…

YOLOJAPAN自体の課題ですが、日本企業と外国人の認識にギャップあることですね。

例えば、企業側であれば、製造業、清掃業、飲食業はずっと人材不足。日本人がなかなか働かない。だから外国人はここをファーストステップにすることが多いです。ですが日本企業は日本人に近いターゲットを求めることが多いんですよね。日本語はビジネスレベルであってほしいとかね。これって母国語と日本語で2か国語話せることになるので、そういう人はファーストステップは終えて、2つ目以降のキャリアを歩んでいます。

でも初めて外国人採用を行う企業は日本語を話せなかったら失敗してしまうというご不安を抱えていらっしゃいます。しっかりお気持ちに寄り添いながら現状をお話することで受け入れてもらえるようにしています。

これはなんとかしていかないといけない。社会課題でもあると思います。

もちろん、外国人側にもギャップあります。好きな時間にお昼ごはん食べたい、先生に紹介してもらった仕事をドタキャンする。日本のルールをまだ理解されていないことが多いです。

うーん。なるほど…日々のお仕事が社会問題にダイレクトに向き合ってるんですね。

そうですね。私たちの仕事は在留外国人と日本企業をマッチングすることがミッションですが、日々のコミュニケーションやセミナー、メルマガ等を通してこのギャップを埋めています。

ありがとうございます。では対顧客というところからは離れて、対メンバーについて聞きたいです。マネジメントをする上で意識されていることはなんでしょうか?

まず、メンバーは本当によく頑張ってくれてる子が多いです!社会人2年目とかtoBの経験がない子がほとんどなのに、企業を喜ばせることがどんなことか理解し、それに対して努力できてる子たちなんです。企業様によって話し方うを変えたり、数値分析も勉強してますね。もっとすごいのは、上からの指示がなくても自分で考えて行動できるんですよ!!

北山さんがすごくメンバーの子たちを大事にされている気持ちが伝わってきました(笑)

いやほんと、いい子たちばかりですからねぇぇ。

経験があればリスクも先回りできるけど、それがないとしんどいですよね。基本半年が掲載期間になるので、その間はお客様とコミュニケーションをとってもらいます。言ってしまえば突き放すこともできる中で、企業様に寄り添い続けるわけです。今のメンバーは企業様の状況をどうにかしてあげたいという気持ちが強く、行動できる子が多いです。

あとはみんな仲いいですね。ただワイワイしているという意味ではなく、大変なときは進んで仕事をカバーし合ってます。お客様へだけでなく、仲間同士のハピネスを考え合っている関係性があります。

(▽カスタマーハピネスのひなりちゃん)

経営理念である「幸せを誘う幸せと相互幸福関係の永続的共創」に沿ってますねぇ。社長が大事にしている価値観を体現できているんですね。

はい。人を幸せにすることに幸せを感じる気持ちを大事にして、幸福の連鎖を増やしていくという考え方ですね。

あと部長としてやっていることで言うとそれぞれが今持っているなりたいビジョンに近づけるようキャリア設計しています。カスタマーハピネスでは部署内だけで完結する仕事ではありません。ユーザー特性や地域特性の情報を獲得してマーケティング部と連携したり、企業様の要望をキャッチして開発部とサイトの改善したり。色んな仕事があるので、メンバーそれぞれの強み表に沿ってそれに応じた仕事内容を任せていきます。そこで強みを活かすこともあれば、弱みを補うこともあります。

えーー!そんなことしてるんですか!部長がメンバーのことをしっかり考えているからこそ、メンバー同士も思い合っているのかもしれませんね。ではそんなカスタマーハピネスで一緒に働きたい方はどんな方ですか?

カスタマーハピネスは対企業はもちろん、対社内の人と進めていきます。色んな視点が必要になるので全体を俯瞰しやすい仕事なんですよ。決まり切った仕事をコツコツやるよりは、誰のため・何のために仕事しているか考えながら仕事ができる人。そういう風に考えられる人だと楽しめると思います。

あとが今、未経験から頑張っている子たちが多いのでスキルの底上げができる方がいいです。toB経験ある方。

ありがとうございます!気になった方はぜひお話しましょう♪

(後ろの絵とリンクポーズしてるおちゃめな北山さん♡笑)

株式会社YOLO JAPAN's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社YOLO JAPAN
If this story triggered your interest, have a chat with the team?