1
/
5

新しい会社で、新しい医療製品をつくっていて、いろいろなことにチャレンジできそうな会社

<第六弾>AIメディカルサービスの社員インタビュー 製品企画室 臨床開発 林さん

 弊社について知りたい方(特に臨床開発などの方)は、ぜひご一読頂ければと思います!

<内容>

  • 医療業界に興味を持った理由ついて教えて下さい
  • 前職について教えて下さい
  • AIメディカルサービスに入社した理由について教えて下さい
  • 入社1ヶ月で感じていることについて教えて下さい
  • 応募を検討している方へのメッセージ
プロフィール:
株式会社AIメディカルサービス 製品企画室 臨床開発 林さん

━━医療業界に興味を持った理由ついて教えて下さい

 実は、医療業界には小さい頃から興味を持っていました。父親が医薬機器メーカーに勤めていて、子供の頃、家に使わなくなったカテーテルやステントなどがあったことや、母親が看護師だったことが影響していたと思います。

 そのような環境だったことから、小学校のときから将来の夢は「薬剤師」だったんです。もちろん、大学では薬学部に行きたかったのですが、下に兄弟が二人いて家計に負担はかけられないことから、薬学ではなく化学を学ぶことにしました。

 ただ、就職活動時には、やはり子供の頃から興味のあった医療業界に行きたいと思っていましたし、できれば、研究関連に関わりたいと考えていたので、薬学部でなくても研究に関われる業界として、CRO(Contract Research Organization=医薬品開発業務受託機関:医薬品の開発における臨床開発・試験を企業等から請け負う専門機関)という業種があることを知り、その中の一社である臨床研究に特化したCROに就職することになりました。

 本当は、医療メーカーも考えたのですが、CROであればいろいろな疾患領域の研究に関われますし、旅行好きの自分にとっては、全国各地の医療機関に訪問できるというのも良いなと思いCROに決めました(笑)

━━前職について教えて下さい

 臨床研究を得意とした会社に勤めていました。規模の大きなものから、小さなものまで、また疾患も幅広く様々な臨床研究に携わっていました。具体的には、研究の企画・統計解析・公表という、開始から終了までに伴う各種業務をひと通り全て実施してきましたし、大規模プロジェクトのサブリーダー・小規模プロジェクトのプロジェクトリーダー・新人の教育なども担当していました。

 自分が携わった臨床研究が元になって、論文発表や治療のガイドラインが変わったこともあり、決して表舞台に立つ仕事ではありませんでしたが、プロジェクトごとに達成感を味わうことができ充実していましたね。

 特に印象に残っていて勉強になったのは、直属の上司の仕事に対する姿勢でした。というのは、その上司は自分の中にしっかりとした判断の軸を持っている方で、常に根拠となる資料を準備していて説得力のある意見を出されていました。自分はまだまだブレることが多かったので、特にとても尊敬していました。

 会社の雰囲気は、年功序列や上下関係を気にせずフラットに意見できる職場だったので、自由闊達なところがあり、とてもよい環境だったと思います。

 大きな不満もなく約5年間さまざまな経験を積ませていただいて充実していたのですが、先輩や上司の方を見ていて、この会社での自分の将来が想像できるようになってきたんです。それもあって、「自分はこの先どのようなキャリアを積んでいくべきか?」を考えるようになりました。臨床研究については、最初から最後まである程度やりきったと感じていたため、環境を変えて仕事をしてみたいと考えるようになり、しばらく悩んではいたのですが、結局転職することにしました。


━━AIメディカルサービスに入社した理由について教えて下さい

 転職活動の際には全てをゼロリセットして、自分は何が得意で、何が不得意なのか、また、何が好きで、何が嫌いかを考えるために、かつ、医療業界という軸はブラさず自分の視野を広げるために、可能性のある企業は全て受けてみようとたくさんの企業へ応募をしました。結果、たくさんの企業と面接をさせて頂くことができました。

 他社の選考が進む中で、エージェントさんからの紹介の1社にAIメディカルサービス(以下、AIM)があったのですが、最初に求人を見た時、すぐにピンと来て応募をしました。と言うのも、まだ新しい会社で、新しい医療製品をつくっていて、いろいろなことにチャレンジできそうな会社という印象を持ったからです。加えて、自分の今までの経験が活かせそうと思ったことが大きな要因です。

 全部で3回の面接を経て、内定を頂けてとても嬉しかったのですが、他社内定もあり非常に悩みました。そのような状況だったので、内定後に社内の方とお話させていただく機会を作っていただき、とても具体的にお仕事内容について教えてもらいました。その結果、関わる業務の具体的な内容や入社後2~3年の期待ミッション・役割、今後のプロジェクトの方針などを考え、AIMへ入社することにしました。

━━入社1ヶ月で感じていることについて教えて下さい

 AIMでも、臨床研究の業務に携わっていますが、メーカー側の立場でプロジェクトに携わるというのが新鮮であり、ほぼゼロから仕組みを構築するという仕事であることからステップアップにつながっていると感じています。

 今までやってきた業務の延長ではあるのですが、最初の数週間はとてもギャップに驚いて「私、やっていけるかな」と思うこともありました。

 例えば、社内に同じような業務をやっている人が少ないこと(前職は同じ職務の人が多かった)、また、まだまだ社内に臨床研究の知見が溜まっていないため、研究に関するドキュメントが少なく、その整備をいちから対応していく必要があることなどがその理由です。一方で、自分がゼロから作っていけるというのは、新しい経験が積めることでもありましたので、良いことではありました。

 あらゆるものが前職とは全然違っていたため、入社初期には何が分からないか、分からないという状態もありましたが、周囲の方々に助けてもらいながらキャッチアップしていくことができました。

 そういう意味で、この1ヶ月は思った以上にハードでしたし、初めての転職だったことなど環境が変わることのストレスはありましたが、とにかく「今の環境を変えたかった」ということは実現できています。そして、ゼロから作り上げていくことが、想像していた以上に大変でした。

 現在は、次の製品に向けてデータ収集をするための新しい臨床研究を始める準備をしています。研究開始にあたっての倫理委員会の手続きや計画書、ドキュメント作成、申請などを周囲にサポートして頂きながら終えることができ、一山越えられたかなと思っています。

━━応募を検討している方へのメッセージ

 まだ入社2ヶ月程度なので社内のことを伝えるのは難しいですが、間違いなく今までの環境とは変わるはずなので、それに挑戦したいという人にはすごく良い環境です。

 一方で、AI医療機器という「まだ世の中にあまりないもの」を扱うことや歴史が浅い会社で働くということは、定まったルールや慣例がないということでもあります。ですので、決められたことやルールの中で仕事をすることが好きという方には、正直あまりお勧めしないですね。

 新しいことに取り組むチャンスはたくさんありますので、「チャレンジがしたい」という方はぜひ応募してみて下さい!

<弊社に興味のある方はこちら!>

https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs?jobType=FULL

<会社案内はこちら!>

https://www2.slideshare.net/aimedical/ai-medical-service-inc-249860335

株式会社AIメディカルサービス's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings