1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【新人インタビュー】なぜ東工大生命からIT企業に入社したのか? 〜ビジネス × 先端技術を橋渡しするコンサルタントへ〜

<PROFILE>
宮崎 勇輝。東京工業大学大学院生命理工学院卒。学部時代はフットサルサークルと他大学のテニスサークルの掛け持ちや、東南アジアを友人とバックパックで旅したりと、学業はほどほどにとにかく遊びまくる日々。研究室配属では心機一転、新たに立ち上がる研究室に飛び込み、アルツハイマーなどの難病原因となるタンパク質構造解析の研究に没頭。ドイツの国際学会で発表したり、共著で科学誌向けの論文を書くなど功績を残す。

今回はそんな生命系出身の宮崎さんがなぜ新卒でIT企業のアクロクエストを選んだのか、
就活のエピソードを踏まえて、話してくれました。

(東南アジアを友人とバックパックで旅行する宮崎さん)

【複数のコンサルインターンに参加】

- 就活はどのように動いていましたか?

最初は主にコンサル業界を見ていました。
というのも、研究のサイクルを回す中で、仮説設計に最も面白さを感じていて、
社会を豊かにするためのプランを打ち出すような職業に就きたいと思っていました。

具体的にいうと、修士1年の5月にESを出し始めて、
7~8月には複数のコンサルティングファームの選考型インターンシップに参加し、
1〜2月には国内大手コンサルの選考型インターンシップに参加したりしてました。
最終面接で落ちてしまいましたが(笑)

ただ、インターンシップに参加し業務のエッセンスを学ぶにつれて、
更にコンサルティング業務が面白いと感じるようになり、その後もコンサル業界を志望し続けました。

■ 複数のコンサルインターンに参加して気づいたこと

コンサル業界を長く見てましたが、複数のインターンを経験する中で、
未来を描く「ビジネス」だけでなく、実行を担う「先端技術」にも魅かれるようになりました。

というのも、インターンで取り組んできた多くのケーススタディのソリューションには、
AIやIoTなどの先端技術が活用されていたんです。
そこから、未来の課題を解決し社会を豊かにするためには
やはりテクノロジーへの理解が欠かせない
と思いました。
こうして解決策の提案だけでなく実際に社会を豊かにする技術にも興味を持ち始めました。

また、インターンを通して多くのコンサルタントと話しました。
その中で、上流で解決策を打ち出すコンサルタントの課題は、
先端技術に対する深い理解に欠ける傾向にあることではないかと感じました。
あくまで世間知らずの学生目線の意見ですが。笑

そのため、自分がその橋渡しをする人間になりたいという想いが強くなっていきました。

そこからは、大手のファームに属しても個人単位でプロジェクトの上流から下流まで携わり
両面を身に付けていくことは難しいと考え、コンサル業界に拘らずIT企業にも視野を広げ、
柔軟なキャリアパスを描ける環境を求めるようになっていきましたね。

【ビジネス × 技術を橋渡しするコンサルタントへ】

- そこからなぜ、アクロクエストを選んだのか?

繰り返しになりますが、自分が「ビジネス」×「最先端技術」の橋渡しをする人間になりたい
考えていた中、出会ったのがアクロクエストテクノロジーでした。

そこで感じた魅力は大きく3つあります。

① 少数精鋭で卓越した技術力をもって社会貢献性の高いチャレンジングな課題に取り組んでいること。
② 専門外であっても最先端技術を1から身に付けることのできる教育環境があること。
③ 高度なビジョンを社内全体で共有し、一人ひとりが会社を創っている責任を持って働いていること

このような働きがいのある環境と崇高なビジョンの下でこそ、
真に社会に貢献にできる、ビジネスと最先端技術の橋渡しができる人材になれると感じ、
入社を決めました。

(内定直後、社内にいた東工大OBに祝福される宮崎さん)

【自分で仕事をとる一人前のコンサルタントになる】

- 今後のビジョンはなんですか?

中期的なビジョンですが、20代でコンサルタントとして自立することです。

具体的には、プロジェクトリーダーが取ってきた案件に参加するだけでなく、
自分で仕事を取ってくるようになりたいです。

なぜなら、「自分で仕事を取ってくることは、お客さんから1人前のコンサルタントとして認められ、信頼されることなしにはあり得ない」と考えているからです。

大手のコンサルティングファームであれば、案件を取ってくるのはパートナーと呼ばれる40~50代以降の上位職の役割です。しかし、せっかくアクロクエストという誰よりも成長できる可能性に溢れた会社を選んだわけだから、恵まれた機会を活かして若手のうちから1人前のコンサルタントとして働き、会社に貢献していきたいと思っています!

ところで、そのために一歩一歩進むためにも最近「新人つぶやきチャンネル」を同期と開設しました!
新人での学びや就活の話など色々と発信しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

■ アクロクエスト社員の働き方がわかるインタビュー記事

 <ベテラン社員>
なぜマネージャーではなく、機械学習スペシャリストという道を選んだのか?
【支社長インタビュー】大阪支社立ち上げへの道のりとこれから

 <中堅社員>
東工大機械からITベンチャーへ / 自分が何をすれば最も貢献できるか 〜特性能力主義の大切さ〜
【中途入社】自分の成長に焦りと不安を感じたエンジニアの決断 ~より良い仕事をするために~
エンジニアから営業へキャリアチェンジ!~自分と向き合い天職を見つける~
29歳でミャンマー支社長になったリケジョが得たもの。
【世界規模の機械学習コンペで上位0.1%】法学部出身KaggleMasterの軌跡

 <若手社員>
最先端を追求した若手エースが海外で機械学習セミナーを実施するまでの道のり
最強の検索エンジンこそが、未来を切り拓く鍵 ~3年目・若きデータサイエンティストの挑戦~
ブラジル出身の若手エンジニアが、日本のITベンチャーに見出したやりがいとは
大手SIerを新卒1年で飛びだして得られた、やりたいことへ向かって挑戦できる環境
文系学部卒から、理系9割の会社に入った新人エンジニアのリアル~アクロクエストを選んだ背景とこれから~
【新人】なぜアクロクエストを選んだのか? 〜自分たちの手で一流企業を創り上げていく〜

■ 社風・教育・文化を知りたい方はこちら
働きがい全国1位企業の教育大公開!!【前編】~最重要なのは人間力~
働きがい全国1位企業に根付く文化 ~全社員で会社を創り上げる~
なぜ健康経営優良法人に選ばれたのか?健康経営の7つの取り組み公開!

■ 就活に関する記事はこちら
【東工大OB就活対談】理系就活、自分の道をどう選ぶ!?
未経験/専攻外でも、世界に通用するエンジニアになれます!!
【就活生必見】人事から見たオンライン就活の事前準備〜基本となる3つのポイント〜

■ 21卒内定者インタビューはこちら
リモートで全ての選考を進めた北大情報専攻の就活ストーリー
メーカー研究職か最先端IT企業か。東工大生の就活ストーリー

Acroquest Technology株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more