This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

#18《セールス》“声を大にして『家族が一番大切』と言える会社”

 皆さん、こんにちは。
ONE COMPATH 戦略人事室の富岡(トミー)です。

本日は、産休を取られたご経験のある黒田さんにインタビューしました。
復職後、ワークとライフのバランスの中でどのようなご苦労があったのか、などのお話を伺いました。
また働くパパさん、ママさんに対するONE COMPATHの風土も伝われば幸いです。


ぜひご覧ください。

Q.) 黒田さん、本日はよろしくお願いいたします。まず初めに簡単に自己紹介をよろしくお願いいたします。

 こんにちは。黒田です。

 新卒で入社したのはIT企業で、そこではソリューション営業をしていました。
その後、結婚を期に退職し、1年ほど専業主婦をしていました。

 2013年に仕事を再開しようと思い就職活動を始め、ご縁があってONE COMPATH(当時マピオン)に再び法人営業として入社することになりました。そこから一貫して営業で、主にマピオン地図のASPサービスや地図APIを担当しています。業務としては新規顧客のリスト作成、架電、訪問、ご提案、受注から導入までの社内外調整、導入後のフォローをしています。お客様の元に訪問することが好きなので楽しんで働いています。ONE COMPATH(当時マピオン)に入社してあっという間に6年が経ちました。

ありがとうございます。
キャリアとしてはずっとIT領域のセールスで、転職の前後で販売する商材が変わったということですね。

Q.) ONE COMPATH(旧マピオン)で黒田さんは産休を取得されましたが、その時の同僚や上司などまわりの反応はいかがでしたか?

 ONE COMPATH(当時マピオン)に入社して驚いたのですが、ONE COMPATHは

“声を大にして 『家族が一番大切!』 と言える会社”です。

家族を大切にしなければ、良い仕事は出来ない
私だけでなく、ONE COMPATHではみんなが同じように思っています。
そして思っているだけでなく、素直にそう言える、という環境がある、ということはとても素晴らしいと思います。

『産休を取る』ということに対してONE COMPATHの仲間は理解がある方が多いので、温かく送り出していただけました。

家族が一番大切だ、と堂々と言えるのは、素敵ですよね。

Q.)産休から復帰した後のことについて教えてください。

限られた時間のなかでパフォーマンスを最大化させる

 育休は取らずに0歳で子供を保育園に預けることにしたので、風邪等で出勤できなくなる場合、約束している顧客訪問はどう対応すればいいんだろう…既存顧客はリスケをお願いできたとしても、新規で初回訪問の場合は無理だし、出張の場合は…?と復帰前は不安ばかりでした。

 復帰後は、同じ営業グループの中にお子さんがいる女性もいたため、色々と相談に乗っていただきました。子供の看護で休まなければならない日ももちろんありましたが、他の営業メンバーに対応をお願いしたり、お客様にリスケをお願いしたり、なんとかやってきています。ONE COMPATHには看護休暇というものがあるので、子供の体調不良で休まなくてはならなくなった時も有給休暇以外に利用できる休暇があるのはありがたいですね。

 ただ、やっぱり大変なことも数え切れないほどたくさんあります。

 例えば、『時間に限りがある』ということは心身ともに大変な負担でした。営業の仕事には限りがないので、何をどこまでやるのかを自分で決める必要があります。しかし復帰後は子供を迎えに行くために16時には退勤する必要がありました。 もっとやりたいのに、時間的に制限されてしまう。自分がやりたいことと出来ることに乖離が出てしまうことがストレスでした。

 しかし、時間内に出来ない方法はそもそも今の自分にとって理想の方法ではない、もっと最適な方法がある、と気付いてからは気持ちの切り替えができるようになりました。今では成果に結びつけるために何をいつどんな方法でどこまでやるのか、限られた時間のなかでパフォーマンスを最大化させることが重要だと思って取り組むようにしています

その他にも大変なことはいっぱいありますが、それはまた別の機会にお話します(笑)

ありがとうございます。
朝早く来てその分早く帰ったりとご自身の仕事時間を調整しつつ、
仕事でパフォーマンスを発揮されていてすごいなといつも思っています!

Q.) 最後に、黒田さんの今後の目標を教えてください。

 今後はより「仕事における貢献」をしていきたいと思っていて、具体的には2つのことにチャレンジしていきたいです。

 1つ目は「後輩の育成」にチャレンジしたいです。営業として、会社の売上や利益に貢献することももちろん大切ですが、ONE COMPATHとしてこれまで以上にスピード感をもって事業を拡大していくという今のフェーズでは営業人材の強化が必須です。これまでの自分のキャリアの中で培ってきたノウハウや経験が後輩の成長を後押しできるのではと考える一方で、私自身も一緒に成長できると思っているので後輩の育成に挑戦したいです!

 そして二つ目は「働くママのパフォーマンスを最大限引き出す環境づくり」にチャレンジしたいです。みなさんそれぞれ事情を抱えながら働かれているとは思いますが、私は幸い「働くママ」という経験をしています。その経験を活かして、自分も含めてこれまで以上に働くママがイキイキと働ける環境や文化作りにチャレンジしたいと考えています。自分も含めて、他のメンバーのパフォーマンスが最大化されるように取り組むことが目標です!

黒田さん、ありがとうございました。

それぞれの事情の中で、協力し合いながら最大限パフォーマンスを発揮することが大切ですね。

ONE COMPATHではカジュアル面談を導入しています。こういう文化や制度がある会社は素敵だと思っていただけた方、お気軽に富岡とお話しましょう。「話を聞きに行きたい」ボタンをポチっとよろしくお願いいたします。

株式会社ONE COMPATH's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more