1
/
5

ディスクロージャー・IRの実務支援を行う株式会社プロネクサスとの資本業務提携のお知らせ


FRAIMとプロネクサスの技術を組み合わせた新たなサービス開発を開始します!!

本提携の背景と概要

FRAIMは「文書作成を、再発明する。」というビジョンのもと、自然言語処理を中心としたAIアルゴリズムや独自のエディタ技術のライセンス提供、AIを搭載したクラウドドキュメント ワークスペース「LAWGUE」の提供を行っています。
一方、プロネクサスは開示書類作成支援システム「PRONEXUS WORKS」を中核に、ディスクロージャー・IRの実務支援を主たる事業として、開示分野周辺の事業領域拡張を推進しています。
これまで企業法務領域のお客様を中心に、「LAWGUE」をご利用いただいておりますが、FRAIMのビジョンを実現するため、保有する独自のエディタ技術をより幅広い文書で活用いただくことを企図し、ディスクロージャー・IR領域で強みを持つプロネクサスと本提携を行うこととなりました。
今後本提携に基づき、 お客様への相互のソリューションの提供や、両社の技術と強みを組み合わせた新たなサービス開発を進めることで、お客様への提供価値向上に努めてまいります。

コーポレートサイト
https://fraim.co.jp/archives/817
PR Times
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000037680.html

昨年9月の社名変更でもお伝えしていましたがこれまでのサービス提供の過程で磨いてきた「自然言語処理を中心としたAI」や「クラウド上での文書の高速編集テクノロジー」を生かし、今後は法務分野のみならず、文書にかかわるビジネスシーン全般の変革、すなわち企業の「ドキュメントDX」を推進していきたいと考えています。

LAWGUEサービスページ:

https://lawgue.com/

「LAWGUE」は、文書作成をあらゆる面からサポート・効率化するAI を搭載したクラウド ドキュメント ワークスペースです。過去文書をアップロードするだけで、自社ノウハウがデータベース化され、AIのサポートによる様々な検索機能、従来のツールにはないアシスト機能を持ったクラウド編集、クラウド上でのコミュニケーション等により、ワンストップで従来の文書業務における非効率な作業をなくします。現在は、契約書・規程類・仕様書等、様々な文書を対象に企業、法律事務所、官公庁・自治体現場における文書業務の効率化を実現しています。

FRAIM株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more