1
/
5

【FRAIM代表インタビュー】弁護士か、釣り人か。FRAIM代表堀口に迫る。

口数少なめの弊社代表 堀口圭(ほりぐち・けい)から、あれこれ聞き出した話をつらつら書き起こしながら、私(管理部 天野)の独り言がすごくはいる創業ストーリーです。

では、どうぞ。

代表堀口は、探究心と実行力でできている

(写真:2019年「Legal Innovation Conference 」に登壇する堀口)

堀口:栃木出身。地元の公立中高で学び、更なる学びを求めて東京大学へ。
在学一年目で学部を変えたくなり、再度受験し東京大学法学部へ再入学しました。

ーー初めて聞いた時、聞き間違いかな?と思いました。決断の思い切りの良さと、それを実現してしまう能力にただ驚く。

堀口:幼い頃から趣味があり、釣り、自転車、工作…誰に勧められるでも、習うでもなく、興味を持ったことは一から道具も揃えて追求するタイプでしたね。

現在も同じ趣味をずっと続けています。

ーー今はサウナもですよね。運動が好きなメンバーが多いこともあり、社内のメンバーとボルダリングやサウナで汗を流すこともあるとのこと。いつか私も参加を…(でもサウナは5分でギブアップ)


新しいしくみを創る。起業までの道のり

(写真:母校をバックに。CTO宮坂といい笑顔ですね。)

堀口:在学時は法律全般に興味持ち、実社会で法律がどのように機能するのかという部分を知りたい、体系的に学びたいという気持ちから、司法試験を受験しました。

ーーきっかけが「〇〇(職業)になりたい」ではなく「学びを深めたい」なんだ、とまた驚く。そして在学中に合格してしまうことにもまたまた驚く。

堀口:卒業後、弁護士として法律事務所で働きながら、法に関係するビジネスで他にどんなアプローチがあるかを考えはじめ、当初はまだまだ社会での実績の少なかったデジタル化、DXに目をつけ、元々ものづくりも好きであったことも高じて、契約書業務の効率化を目指したアプリ開発を開始しました。

自らも手を動かし、外部メンバーと協業しながら、昼夜(夜多め)開発を進めました。

ーー外部メンバーのうちのひとりが、今のCTO宮坂さんなのですね。なんか、感慨深い。仲間っていいですね...!

堀口:事業を成長させるために、会社という形がベストという結論に至り、起業しました。

スタート時は完全に手探りで、資金が乏しい中でどのように事業を成長させていくか、経営を学ぶためのネットワークづくりにも奔走し、法律事務所でお世話になった方、周りの手助けもありながらも、常に勉強しながら走り続ける状態が続きました。

プロダクトが完成するまでの経営の心理的負担は大きく、その中でさらに営業・開発・事務といった全般の業務も行なっていました。

ーー聞くだけで胃が痛くなりそうな話です。今までの経験や繋がりで得たものを最大に自分の力に変えてきたからこそ乗り越えられたのですね!

堀口:サービス完成後は、開発メンバーも含めて全員で営業にでかけ、名古屋の展示会に東京のオフィスを空にして出かけたことも。

ーー全員一丸となって努力した結果、お客様が少しずつ増えていくわけですね。ここでもまた感慨深い。


開発において重要視しているのは、スピードと市場の反応

(写真:創業時の本郷オフィス。LAWGUE生誕の地ですね!)

ーー最初から独り言をいれても良いですか。「スピードとマーケットの反応」というワードを聞いた時、すごーーーーー!と思いました。かっこいい!言ってみたい!言おう!と思いました。(感想の程度の低さについてはご容赦ください)

堀口:作り手の気持ちというのはもちろんあって、開発へのこだわりの強いチームで作っているその点の自信はあるものの、使うのはユーザーであり、その視点はやはり、ユーザーの反応から見えてくる部分が大きいです。お客様にはサービスをただ使っていただいているだけでなく、一緒に育てていただいている感覚ももっています。

使い始めからしっかり伴走させていただき、早期のフィードバックをいただくことで、それをスピード感をもって開発に組み込み、お客様の利益につなげていくことを大事にしています。

ーーお客様のフィードバックをとても大事にしているのは、管理部で働いている私から見ても肌で感じる部分です。どんどん便利機能が実装されていく様は、ぜひ見ていただきたい!

これからのドキュメントワーク(文書仕事)はLAWGUEで!

(写真:LAWGUEは我が社自慢のクラウドエディタ。一言で表せないほど多機能です!)

堀口:LAWGUEを既存のツールやサービスを代替したり、サポートしていくようなサービスにしていきたいです。

契約書作成の業務効率化からスタートしたサービスですが、アップデートを続ける中で、法務分野にとどまらず、あらゆる部門や業務での文書業務に使っていただけるサービスへと進化を遂げています。実際に、法務部門以外でご利用いただくお客様も増えています。

ーーFRAIMという会社名にもサービスへの想いが詰まってるんですよね!私も管理部で使う書類や、規程の作成にLAWGUEが活躍しています。


少数精鋭で高利益を叩き出す!ヘルシーな状態がいい会社を創る

(写真:南青山のオフィスで。仲良しな雰囲気伝わりますでしょうか。)

堀口:少人数ながらも利益をしっかり出すチームを目指しています。
成長フェーズの会社なので、どうやって事業成長に貢献できるのか考えられる人と一緒に働きたいです。

今一緒に働いている社員の素晴らしさは、一人一人の能力の高さ。
開発も営業もそれぞれ実力があり、生産性がとても高いと感じています。

個人の生産性、会社の利益率を高めていき、なおかつやりがいをもって仕事をできる環境と裁量があることが、健康的な状態であると考えています。

ーー
管理部としてもいつも気を付けているのはみなさんの働きやすさ、営業は営業に、開発は開発に、とそれぞれそこだけに全力で取り組んでいただけるように環境を整えたいですし、整えます。

堀口:その結果が、明るい雰囲気の働きやすい職場を創り、いい会社を創っていくのではないでしょうか。

ーー代表からよく「(社員に)還元していく」という言葉を受けます。既存のメンバーをとても大事に、そして信頼してくれているんだなと感じて嬉しくなります!私も3人子育てしながら無理なく、でもやりがいをもって働くことができていて、個人目標も高く(自分で言ってすみません)持つことができているなと感じており、とても楽しく働いております。優しく賢い方ばかりなので、日々の雑談も楽しみにして出社している天野です。...つい熱くなり長くなりました。

ぜひぜひ、我こそは!という方に会いにきていただけると嬉しいです。
ご来社の際には、天野が笑顔で迎えます。

FRAIM株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more