1
/
5

風通しの良さは本当だった!?21卒エンジニア社員がEVERRISEに入社して感じたこと。

21卒で新卒入社された平野菜々子さん。柔らかいお人柄ながら、やると決めたことはやり抜く熱い情熱の持ち主です。業務はもちろん、社内交流の企画にも積極的に参加し存在感を放っています。そんな平野さんに、なぜEVERRISEに入社を決めたのか、実際に入社してみてどうだったのかなど、深堀りして聞いてみました!

‐ 大学で学んだことを中心に、自己紹介をお願いします!

数学が好きだったこととプログラミングへの興味から千葉大学理学部数学・情報数理学科へ入学しました。1、2年生で数学と情報数理の基礎を学んだあと、3年生から情報数理学コースへ進みました。
大学を通して、プログラミング言語及び現在広く使用されているシステムがどのような数学の理論を元に成り立っているかについて幅広く学びました。
就職活動中にキミスカでEVERRISEと出会い、2021年4月にEVERRISEに入社し、システムエンジニアとして働いています。

‐ 就職活動ではどのような企業を見ていましたか?

エンジニア職に絞っていたものの、大学で扱ったプログラミング言語はCやPascalといった実務ではあまり使われない言語だったので、未経験からのスタートでもエンジニアとして活躍できる企業を探していました。
業界にこだわりはなかったので幅広く説明会に参加していたら、おもしろそうだと感じる企業はどこもベンチャー企業ということに気づきました。大きすぎるグループやチームにいるより、小規模のグループにいる方が居心地が良いと感じることが学生時代から多かったので、ベンチャー企業の方が魅力に感じたのだと思います。

‐ キミスカ経由でお会いましたが、どうしてEVERRISEに入社を決めてくれたのですか?

第一に人の良さです。面接で人事、エンジニア社員、そして代表の倉田さんとお話ししましたが、みなさんが話される仕事の取り組み方や会社の考え方が、自分の価値観と合っていると感じました。最終選考でそれを倉田さんに話したら、「人は入れ替わるものだよ」と言われて「たしかに…」となったのですが(笑)
改めて考えて、新卒採用の面接官は社員の代表として選ばれた方々なので、その社員と自分の価値観がマッチしていれば、会社が大切にしている考えともマッチしているだろうという考えに至りました。なので、やっぱりEVERRISEに入社したい!と思い入社を決めました。

また、面接を受ける際に、どの企業にも「小さなことでもいいのでなにか会社に対する不満はありますか?」と質問していたのですが、EVERRISEでは「不満はその都度伝えているので、今はないです!」とか「今ちょうど制度についての意見をあげているところです。」と回答されたのが印象的でした。
どんな職種、ポジションであっても、社内制度や仕事の進め方について意見を上げることができる風通しの良さを感じ、更に魅力に感じました。

‐ 入社して最初に取り組んだ研修の感想を教えてください。

課題は難しかったですが、かなり成長することができたと思います。
大学の授業では正しく動いていれば良かったのですが、研修では誰が見ても理解できるかつ、きれいなコードを書く必要がありました。研修を通して、「他の人も読みやすいコードを書く」という意識をつけることができました。
課題を進めるスピードが1人ひとり違うので、同期と比べて焦ることもありましたが、メンターの方が出社時に声をかけてくれたり他の社員の方も懇親会で「気にしなくていいんだよ!」と励ましてくれて、頑張ることができました。

‐ 研修で意識していたことはありますか?

人と比べず自分と向き合うことです。研修は理解することが目的だと思うので、 スピードだけを意識するのではなく、わからないことはきちんと聞いて、自分で納得して落とし込んでから取り組むように心がけました。
メンターに質問した際に、答えをばっと出されるのではなく答えに関する考え方を教えてくれるので、なんとなくではなくしっかりと理解することができました。



‐ 研修後、プロジェクトに配属されてから現在までの業務内容を教えてください!

研修を終えた後、自社サービスの「HARBEST」チームに配属され、マニュアル作成や開発、テストを行いました。
初めての業務だったので最初はかなり緊張していましたが、Discordを繋いですぐ質問できる環境があり、こまめに進捗報告をするようになってからは、リモートワークでも安心して取り組むことができました。最終的には開発にも携わらせていただき、コードに触れるのが嬉しかったのを覚えています。

2021年10月からは自社サービス「INTEGRAL-CORE」チームでフロントエンドの開発・テストを行っています。フロントエンドは大学で学ばなかったので、実際に画面を触り、わからないことはその都度同じチームの先輩社員に質問しながら進めています。
研修を終えたばかりの頃は質問すらためらっていましたが、今はかなり積極的に業務に取り組めていると思います。修正をお願いされた箇所以外に、ここも直した方がいいんじゃないかと自分で見つけた箇所も積極的に提案しています。その提案について先輩方は、若手の意見だからと一蹴するのではなく真剣に検討してくださいます。検討した上で、修正すべきでないとなった場合でもきちんと理由を教えてくれますし、修正することになり私がそのタスクを担当する時はとても達成感があります。毎日たくさんのことを学びながら成長できていると実感しています!

‐ EVERRISEに入社して良かったなと思うことはなんですか?

まず、風通しの良さは本当だったと入社して改めて感じました。業務の話にもあるように、1年目の意見でも年次関係なく真剣に検討してくださるので、こちらも思ったことや良い方法があればどんどん提案しようという気持ちになります。また、社内交流においても、Ebar(オフィスのバースペース)での懇親会や、懇親会費補助といったコミュニケーションを促進させる制度が多いのもEVERRISEの社風ならではだと思います。

もう一つは、褒め合う環境です。Goodjob!というサービスで感謝のポイントを送り合ったり、WinSessionといって毎週金曜日にそれぞれが一週間頑張ったことを発表して褒め合う会があったりと、頑張ったことを褒めていただけるのが日々のモチベーションになっていると感じています。実際に、「INTEGRAL-CORE」のリリース後、営業社員に「画面がきれいになってますね。」と評価していただいた時はすごく嬉しかったです!
誰かを褒めることって、機会がないとなかなかしないことなので良い文化だと思いますし、褒められて伸びるタイプの方にはぴったりだと思います。

‐最後に、就職活動中の学生さんへメッセージをお願いします!

私が就職活動をしていた時、周りに影響されて不安に感じることが何回かありましたが、EVERRISEに入社してよかったと思っています。
自分の人生なので最終的に決めるのは自分ですし、誰かに影響されて決めて、やっぱり違ったってなっても誰も責任は取ってくれません。一般的にこうだからと考えるのではなく、自分がいいなと思ったことを信じて、後悔のない就職活動をしていただきたいなと思います!



現在EVERRISEでは、23卒の新卒採用を行っています。
こちらのストーリーを見て興味を持ってくださった方、ぜひご応募をお待ちしております!

株式会社EVERRISE's job postings
50 Likes
50 Likes

Weekly ranking

Show other rankings