1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ForbesCAREERに掲載されました!(前編)

要介護の高齢者が、マラソン大会でのボランティアや社会貢献活動に参加する

──こんな光景を目にしたことはあるだろうか。

「見たことはないし、できるわけもない」、そう答える読者は少なくないだろう。

しかしこれは、ある企業によって実際に行われている取り組みだ。

北海道札幌市に本社を置くソーシャルベンチャー・3eee(スリー)。2010年の創業以来、「自立支援」に関わる13業態もの介護・障がい福祉事業を世に生み出してきた。

2020年7月現在、全国に172事業所を構え、躍進を続ける同社。その根底には、多ブランド・フランチャイズ展開といったビジネススキーム以前に、「社会的不利を世の中から撲滅する」という代表取締役・田中紀雄の決意がある。

田中は、この会社を起業するまで福祉とは無縁の人間だった。しかし、現在では、時に強い言葉を用いながら、仲間を、そして業界を牽引する役目を買って出ている。

事の発端は一体何だったのか。まずは、これまでの彼の足取りから紐解いてみたい。

介護の現場を見て、愕然。要介護者への「尊厳とは」

大学卒業後、サービス系企業に従事していた田中。

営業や新規事業の立ち上げを経験し、30代で専務取締役まで上り詰めた。

しかし、いざ転職を考えた時、その華々しい経歴は突如不利に働く。見合ったポジションの求人が北海道内には存在しなかったのだ。

起業するしか、道はない。

そう決断した時、脳裏によぎったのは「何をやるかより、誰とやるか」。

既存事業を拡大路線へと導く能力が自分にはある。

だから、アイデアに溢れた「ゼロイチ型」と手を組めば、きっといい仕事がつくり出せるはずだ

──しかし、パートナーより先に探し当てたのは「何をやるか」。きっかけは、偶然目にした1枚のPL(損益計算書)だった。

「介護といえば、3K(きつい・汚い・危険)仕事で、事業としても利益率が低い。そんなイメージを抱いていたのですが、とある介護事業者のPLを見て驚きました。考えていたよりもずっと、採算が取れていたんです」

事業としての可能性を感じた田中は、全国の介護施設や事業所を見て回ることにした。そこで、信じがたい現実を目の当たりにすることとなる。

「とにかく、スタッフの一挙一動に衝撃を受けましたね。来訪者に対して何の挨拶もない。高齢者をただテレビの前に座らせているだけ。飲みものをこぼす、吐くなどした場合のみ裏から飛んできて、何も言わずにふき取って立ち去る……それまで関わってきたサービス業とはまるで正反対のことがまかり通っていたんです。

『これなら自分がやったほうがいい』、小さな怒りを覚え、心が前に進んだことを覚えています」




================================

創業10年目、新しいスタッフも増え

社長本人から創業当初の思いを聞かせて頂ける機会は少なくなった今。

今回、取材から撮影まで同席させて頂きとても良い機会になりました☺

取材に来ていただいた後藤様、撮影して頂いた小田様

ありがとうございました!

=================================


2020年7月15日 Forbes CAREER に掲載
制作:Forbes CAREER 編集部
文・福嶋聡美 写真・小田 駿一

株式会社3eee's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more