This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

インターンからイチナナキログラムの社員に内定!貴重な新卒カードをイチナナに捧げたその理由とは

イチナナキログラムのインターンは他では経験できないことが経験できる。やりがいしかない 。

そう語るのは、鈴木しおりさん、lilly boutiqueのマーケティングとメデイアを兼任している現役女子大生だ。鈴木さんは岐阜県出身。将来の選択肢を増すために15歳で上京し現在、某有名私立大学に通いながら週4でインターンに励む。

鈴木さん:イチナナキログラム にジョインしたのは就職活動がキッカケでした。自己分析や過去の経験を振り返って自分に合う働き方を模索した結果、様々な企業の中からイチナナキログラムを見つけました。

新卒採用に応募し、面接、とりあえず長期インターンから始めて、お互いマッチングしたら正式に内定、ということになったそうだ。

鈴木さん:インターンを始めて、すぐに『働くこと』の概念が崩されました。もちろん良い意味で、です。最初は若い社員が多いと聞いていたので、みんなでワイワイとバイト感覚で働いているのかなと思ったんです。正直、そこが不安要素でした。でも、その不安はすぐに解消されました。社員もインターンも関係なく、みんな黙々と目標に向かって自由に働いているんです。

実は、イチナナで働く以前に、インターンで失敗しているんです。募集内容と違う、と思い即辞めてしまいました。そのインターンでは雑用しかできなかったからです。このようなことがあるので、インターンに応募する上で、本当に『働く』という経験ができるのか、不安に思う方も多いと思います。

私は、働いていて『楽しい』という感覚を初めて経験できたのがイチナナキログラムです。これはなぜかというと、他のインターンとは、まず『目線』が違うんです。イチナナではインターンでもMTGにも参加できるし、個人の発言権も平等にあって、それを実現できる環境が整っています。『社員の一員』として働けるんです。普通のバイトやインターンは「これ、やっといて。」と任されるだけ、ということが多いのかなと思います。でもイチナナは自分が今、携わっている仕事の先に何があるかを理解しながら働ける。だから責任感も生まれるし、頑張れるんです。初めての経験でした。「やりたいことが出来てる!」って。お金の為だけではない、本当の『やりがい』に出会えました。

最後に、インターン先を探している中、また就職活動をしている中で株式会社イチナナキログラムを見つけた方へ、鈴木さんからメッセージがあります。

まずはインターン先を探している人から。イチナナキログラムはリモートワークを採用しているので大学の授業との両立がしやすいと思います。例えば空きコマに稼働したり、雨の日は家で仕事をしたり。パソコンとWi-Fiがあれば仕事ができちゃうからです。そして、就活でも有利になるエピソードが増えると思います。インターンでも、いきなりメインの仕事ができるし、自分のやりたいことはなんでも挑戦できるからです。

就職活動をしている方へ。まずはバイトから入って、しっかり自分に合った会社なのかを見極める時間をもらうのも大切だと思います。私の場合は、バイトを始めて1週間でマッチングして内定を貰いました。スーツを着ないで就活を終えるという、ある意味、就活の概念が変わる経験をしましたね(笑)少しでもイチナナキログラムを候補に入れてくださっている方は、速攻で応募するべきです!


皆様からのご応募、お待ちしております!

株式会社イチナナキログラム's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more