This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

IT企業から17kgに転職!自由が許された環境だからこそ得られるスキル

大学を卒業して、最初に就職したのはIT系のベンチャー企業でした。インターネット広告に焦点をあてた広告配信プラットフォームの提供・運営する事業がメインとなっていて、2年間でかなり色々な仕事を経験しました。営業は国内だけでなく海外向けもやりましたし、内勤でプロダクト運用に携わったり、技術的な仕事にも関わったりしていました。新規事業開発もやりましたね。ベンチャーらしく体制がコロコロと変わる会社だったので、私の同期のメンバーたちも2年経つとだいたい全部の職種を一通り経験していました。

一番印象に残っているのは、1年目に営業を担当していたときのことです。あるお客様にアプローチしたけど門前払いされてしまって、とても悔しくて。1ヶ月くらいかけて調査をし直して、提案資料を作って「もう一度会わせてください!」と連絡したんです。競合他社は一度断るとすぐに諦めてしまうケースが多かったらしく(あとから聞きました)、提案の内容もさることながら、私の思いの強さに動かされて契約を決めてくださったんです。結果そのお客様とは、飲みに行ったりするくらいすごく仲良くなって!自分の仕事にコミットすることで、相手との関係性が大きく変わることを実感しました。

けっこう負けず嫌いな性格かもしれません。双子の妹がいて、小さい頃からいつも比べられながら育ったからでしょうか。私の方が1分早く産まれているので、一応「姉だからちゃんとしなきゃ」っていう意識がありました。

転職しようと思った理由はいくつかありました。アドテクノロジーという業界の将来性に疑問を持ち始めたことや、残業が多くて健康面で長く続けるイメージが湧かなかったことなど。

中でも特に強く感じたのは、「このまま同じ仕事を続けていても楽しいのかな?」ということでした。気づいたら「やりたいこと」に向かっている実感が持てていなくて、会社の組織が大きくなったことで自分の成長スピードが遅くなっていると感じていました。

女性として将来ライフイベントを迎える可能性に備えてスキルは高めたいし、やりたいことに取り組んで楽しく仕事がしたい。そして健康面でも無理なく仕事を続けたい。こんな希望で転職を考えるようになりました。

Wantedlyにはずっと前から登録していて。会社を選ぶのに先入観を持ちたくなかったので、規模や業種にこだわらずたくさんの会社に話を聞きに行きました。17kgも最初はその中の1つに過ぎなかったんです。ただファッションとかは以前から好きだったし、ブランドの存在も知っていて、ユーザーとしてお洋服を通販で買ったりしたこともありました。

実際にCOOの秋山さんにお話を聞いて、固定概念にとらわれない考え方に驚きました。働き方とかも、フルフレックス・リモートもOKっていうルールですごく変わってるじゃないですか。自由すぎて前職の会社とかでは考えられないですし。最初は「本当にそれで上手くいってるの?」と不安に思いました。

話をよくよく聞いて感じたのは、ルールが自由だと、その分自己管理能力をすごく問われるということ。好きなときに好きな場所で働ける自由が許されている一方で、事業の売上達成にコミットすることはしっかりと求められます。この環境でちゃんと成果を出すことができたら、自分が「ライフイベントに備えてスキルを高めたい」という希望が叶うと思ったんです。

ちなみにこの話は、秋山さんと初対面のときに全部伝えました。「私がおばさんになったらどうなるんですかね?」とか(笑)率直に質問させてもらって、将来に備えてスキルを高められるイメージが湧きました。

あともう1つ思ったのは、自由な働き方によって、生産性が最大限に高められるということです。「ちょっと今日は体調が悪いから、無理して働いても効率が良くないな」というときは休んでもいいし、逆に土日や深夜とかの方がコンディションによっては仕事がはかどるときもあるんですよね。全員が一番いいコンディションで稼働時間を過ごせるのは、すごく合理的だなと。副業がOKなので、パラレルキャリアとかを人生の選択肢に加えることもできます。いろんな経験やスキルを身につけられる可能性がどんどん広げられることに魅力を感じました。

入社して2ヶ月経ちますが、そのとき持ったイメージとギャップを感じることはありません。メンバーはみんなコンディションを自分で調整することができるので、仕事に対するモチベーションが高い状態が維持されていると思います。本当の意味で裁量権が与えられていることもそうですね。入社して1〜2週間のメンバーでも、疑問に思ったことや改善への意見を挙げると、みんなが聞き入れてくれる雰囲気があります。

担当しているブランドは「Lily Boutique」です。新しく立ち上がって間もないので、17kgと比べると規模はまだ小さいです。世界観は17kgとは明確に異なり、若手というよりもう少しお姉さんの世代がターゲットです。商品の価格帯も少し高めになっています。

今はとにかくユーザーさんの認知を拡大することが重要なフェーズです。Instagram以外にもいろんな手法に挑戦したいと思っています。YouTubeやTwitterを活用したり、タレント事務所と連携できないか?とか。マーケティングとメディアを4人のメンバーが兼任しながら、思いついたアイデアを全員がどんどん発信・実行しています。

「ブランドオーナー」や「本部長」といった役職はあるものの、みんな発言権は平等でフラットな空気です。普通の会社だと、リーダーとかブランドオーナーが戦略や施策を考えて、役割を振って……みたいなイメージがあると思うんですけど、17kgの場合はそういう感じではなくて。思いついた人が全部考えて、実行までやり切れるんです。

自分さえ意欲があれば、入社間もないメンバーでもたくさんチャンスを掴みに行ける会社です。私自身もまだ入社2ヶ月ほどですが、以前から希望していた新ブランド立ち上げにも今携わっております。ぜひ皆さんからのご応募をお待ちしています!

株式会社イチナナキログラム's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more